国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011129221) 耐衝撃部材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/129221 国際出願番号: PCT/JP2011/058538
国際公開日: 20.10.2011 国際出願日: 04.04.2011
IPC:
C22C 23/02 (2006.01) ,B21D 53/88 (2006.01) ,B22D 19/14 (2006.01) ,B60R 19/03 (2006.01) ,C22F 1/06 (2006.01) ,C22C 23/00 (2006.01) ,C22C 23/04 (2006.01) ,C22C 23/06 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
23
マグネシウム基合金
02
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
88
車輌用の他の部品,例.カウリング,泥よけ
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
D
金属の鋳造;同じ方法または装置による他の物質の鋳造
19
製品の一部を形成する物体の中,上またはまわりへの鋳造
14
物体の形状が繊維状であるかまたは粉体状であるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
19
ホイールガード;ラジエターガード;障害物除去装置;衝突時の緩衝装置
02
バンパー,すなわち.車両を保護しまたは他の車両または物体からの打撃を防ぐため,衝撃を受け止めまたは吸収する部材
03
材料に特徴があるもの,例.複合物
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
06
マグネシウムまたはマグネシウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
23
マグネシウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
23
マグネシウム基合金
04
次に多い成分として亜鉛またはカドミウムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
23
マグネシウム基合金
06
次に多い成分として希土類金属を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP (AllExceptUS)
森 宏治 MORI, Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
大石 幸広 OISHI, Yukihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
奥田 伸之 OKUDA, Nobuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
沼野 正禎 NUMANO, Masatada [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
森 宏治 MORI, Koji; JP
大石 幸広 OISHI, Yukihiro; JP
奥田 伸之 OKUDA, Nobuyuki; JP
沼野 正禎 NUMANO, Masatada; JP
代理人:
山野 宏 YAMANO, Hiroshi; 大阪府大阪市淀川区西中島六丁目1番3号 アストロ新大阪第2ビル10階啓明特許事務所 KEIMEI PATENT OFFICE, 10F, ASTRO Shin Osaka 2 Bldg., 1-3, Nishinakajima 6-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320011, JP
優先権情報:
2010-09524716.04.2010JP
2011-03394618.02.2011JP
発明の名称: (EN) IMPACT-RESISTANT MEMBER
(FR) ÉLÉMENT RÉSISTANT AUX CHOCS
(JA) 耐衝撃部材
要約:
(EN) Disclosed is an impact-resistant member which is lightweight, high strength, and has excellent absorption of impact energy. The impact-resistant member is composed of magnesium alloy containing 7.3 mass%-12 mass% inclusive of Al. A test plate piece in a rectangle shape is created from the impact-resistant member, an iron ball (30) having a mass of 225 g is freely dropped toward the center of the test plate piece in a state in which both ends of the test plate piece are held by support bases (21, 22), the distance from the point at which the iron ball (30) is dropped to the test plate piece is set to the drop height, and when a drop height (H) at which no dent is formed on the test plate piece by the iron ball (30) is measured, the impact-resistant member has the drop height (H) of 340 mm or higher. In this way, the impact-resistant member is great in the drop height at which no dent is formed, and is not dented or not susceptible to being dented even in the case of being subjected to impact, thus providing excellent impact resistance.
(FR) L'invention concerne un élément résistant aux chocs qui est léger et qui présente une résistance élevée et une excellente absorption de l'énergie d'impact. L'élément résistant aux chocs se compose d'un alliage de magnésium contenant 7,3 à 12 % - inclus - en masse d'aluminium. On fabrique une plaque d'essai rectangulaire à partir de l'élément résistant aux chocs, et on laisse tomber une bille de fer (30) de 225 g vers le centre de la plaque d'essai alors que les deux extrémités de la plaque sont soutenues par des supports (21, 22). La distance entre le point depuis lequel la bille de fer (30) chute et la plaque d'essai est définie comme la hauteur de chute. La hauteur de chute (H) pour laquelle aucune bosse ne se forme sur la plaque d'essai est mesurée à 340 mm ou plus. Ainsi, l'élément résistant aux chocs présente une hauteur de chute pour laquelle aucune bosse ne se forme qui est élevée, et n'est ni déformé ni susceptible de se déformer même s'il est soumis à un impact, fournissant ainsi une excellente résistance aux chocs.
(JA) 軽量、高強度で衝撃エネルギーの吸収性に優れる耐衝撃部材を提供する。 この耐衝撃部材は、A1を7.3質量%超12質量%以下含有するマグネシウム合金により構成されている。この耐衝撃部材から長方形状の試験板片を作製し、この試験板片の両端部を支持台21,22で保持した状態で、試験板片の中央部に向かって質量225gの鉄球30を自由落下させ、鉄球30を落下させる地点から試験板片までの距離を落下高さとし、鉄球30により試験板片に凹みが生じない落下高さHを測定したとき、この耐衝撃部材は、落下高さHが340mm超である。本発明耐衝撃部材は、このように凹みが生じない落下高さが大きく、衝撃を受けても凹まない、或いは凹み難く、耐衝撃性に非常に優れる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2559780US20130031951CN102844453KR1020130061133