国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011126082) アシロキシピラノン化合物の製造方法、アルキン化合物の製造方法及びジヒドロフラン化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/126082 国際出願番号: PCT/JP2011/058835
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 07.04.2011
IPC:
C12P 17/06 (2006.01) ,C07B 53/00 (2006.01) ,C07D 307/33 (2006.01) ,C07D 309/30 (2006.01) ,C07D 309/32 (2006.01) ,C07F 7/08 (2006.01) ,C12P 17/04 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17
異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
02
異項原子として酸素原子のみのもの
06
6員環をもつもの,例.フルオレセイン
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
53
不整合成
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
307
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
26
環原子相互間または環原子と非環原子間に1個の二重結合をもつもの
30
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
32
酸素原子
33
2位,に酸素原子がそのケト型または置換されていないエノール型で結合したもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
309
異項原子としと1個の酸素原子のみをもつ6員環を含有し,他の環と縮合していない複素環式化合物
16
環原子相互間または環原子と非環原子間に1個の二重結合をもつもの
28
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
30
酸素原子,例.δ―ラクトン
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
309
異項原子としと1個の酸素原子のみをもつ6員環を含有し,他の環と縮合していない複素環式化合物
32
環原子相互間または環原子と非環原子間に2個の二重結合をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
7
周期律表の第4族の元素を含有する化合物
02
ケイ素化合物
08
1個以上のC-Si結合をもつ化合物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17
異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
02
異項原子として酸素原子のみのもの
04
5員環をもつもの,例.グリセオフルビン
出願人:
日産化学工業株式会社 NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区神田錦町3丁目7番地1 7-1, Kanda Nishiki-cho 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010054, JP (AllExceptUS)
大塚 義和 OOTSUKA, Yoshikazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
明星 知宏 AKEBOSHI, Tomohiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
山▲崎▼ 亜希子 YAMAZAKI, Akiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
入山 友輔 IRIYAMA, Yusuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
大塚 義和 OOTSUKA, Yoshikazu; JP
明星 知宏 AKEBOSHI, Tomohiro; JP
山▲崎▼ 亜希子 YAMAZAKI, Akiko; JP
入山 友輔 IRIYAMA, Yusuke; JP
代理人:
栗原浩之 KURIHARA, Hiroyuki; 東京都渋谷区広尾1丁目3番15号 岩崎ビル6階 栗原国際特許事務所 Kurihara International Patent Office, Iwasaki Bldg. 6F, 3-15, Hiroo 1-chome, Shibuya-ku, Tokyo 1500012, JP
優先権情報:
2010-08881907.04.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ACYLOXYPYRANONE COMPOUND, METHOD FOR PRODUCING ALKYNE COMPOUND, AND METHOD FOR PRODUCING DIHYDROFURAN COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ ACYLOXYPYRANONE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ ALKYNE, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ DIHYDROFURANE
(JA) アシロキシピラノン化合物の製造方法、アルキン化合物の製造方法及びジヒドロフラン化合物の製造方法
要約:
(EN) An acyloxypyranone compound represented by formula (II) (wherein R1 represents an acyl group) is produced by causing an acylating agent and a hydrolase to act on hydroxypyranone represented by formula (I) in a hydrous organic solvent; an alkyne compound represented by formula (IV) is produced by causing an acetylene organic metal compound represented by formula (III) (wherein R2 represents a hydrogen atom or a trisubstituted silyl group, and M represents an alkali metal atom, aluminum or magnesium monohalide) and a coordinating additive to act on an acyloxypyranone compound represented by formula (II); and a dihydrofuran compound represented by formula (V) is produced by acid hydrolyzing an alkyne compound represented by formula (IV).
(FR) L'invention concerne un composé acyloxypyranone représenté par la formule (II) (dans laquelle R1 représente un groupe acyle) produit en amenant un agent acylant et une hydrolase à agir sur une hydroxypyranone représentée par la formule (I) dans un solvant organique aqueux ; un composé alkyne représenté par la formule (IV) produit en amenant un composé acétylène métal organique représenté par la formule (III) (dans laquelle R2 représente un atome d'hydrogène ou un groupe silyle trisubstitué, et M représente un atome de métal alcalin, ou un monohalogénure d'aluminium ou de magnésium) et un additif coordonnant à agir sur un composé acyloxypyranone représenté par la formule (II) ; et un composé dihydrofurane représenté par la formule (V) produit par hydrolyse acide d'un composé alkyne représenté par la formule (IV).
(JA) 式(I)で示されるヒドロキシピラノンに、含水有機溶媒中、アシル化剤および加水分解酵素を作用させて、式(II)(式中、Rはアシル基を表す。)で示されるアシロキシピラノン化合物を製造し、式(II)で示されるアシロキシピラノン化合物に式(III)(式中、Rは水素原子、又は三置換シリル基を表し、Mはアルカリ金属原子、アルミニウム、又はモノハロゲン化マグネシウムを表す。)で示されるアセチレン有機金属化合物および配位性添加物を作用させて式(IV)で示されるアルキン化合物を製造し、式(IV)で示されるアルキン化合物を酸加水分解することにより式(V)で示されるジヒドロフラン化合物を製造する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2557177US20130023018CN102906273JPWO2011126082KR1020130041792IN2510/MUMNP/2012