国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011126048) 体液由来検体を用いた神経芽腫の遺伝子異常検出方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/126048 国際出願番号: PCT/JP2011/058722
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 06.04.2011
IPC:
C12Q 1/68 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
京都府公立大学法人 KYOTO PREFECTURAL PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465番地 465, Kajii-cho, Kawaramachi-dori Hirokoji-agaru, Kamigyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6028566, JP (AllExceptUS)
細井 創 HOSOI, Hajime [JP/JP]; JP (UsOnly)
家原 知子 IEHARA, Tomoko [JP/JP]; JP (UsOnly)
柳生 茂希 YAGYU, Shigeki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
細井 創 HOSOI, Hajime; JP
家原 知子 IEHARA, Tomoko; JP
柳生 茂希 YAGYU, Shigeki; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 Saegusa & Partners; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2010-08760306.04.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR DETECTING GENETIC ABNORMALITIES IN NEUROBLASTOMA USING SAMPLE DERIVED FROM BODY FLUID
(FR) MÉTHODE DE DÉTECTION D'ANOMALIES GÉNÉTIQUES DANS LE NEUROBLASTOME À L'AIDE D'UN ÉCHANTILLON ISSU D'UN FLUIDE CORPOREL
(JA) 体液由来検体を用いた神経芽腫の遺伝子異常検出方法
要約:
(EN) Provided is a non-invasive method for detecting 11q LOH that does not involve taking tumor tissue. The method for detecting loss of heterozygosity (LOH) is characterized in that LOH on chromosome 11 is detected in a sample derived from body fluid by performing PCR with microsatellite sequences as the target.
(FR) L'invention concerne une méthode non invasive pour la détection de 11q LOH qui ne met pas en jeu le prélèvement de tissu tumoral. La méthode de détection de la perte de l'hétérozygotie (LOH) est caractérisée en ce que la LOH, sur le chromosome 11, est détectée dans un échantillon issu d'un fluide corporel en réalisant une PCR avec des séquences microsatellites comme cible.
(JA) 腫瘍組織を採取することなく、非侵襲的な方法で、11q LOHを検出する方法を提供する。 体液由来の検体において、マイクロサテライト配列をターゲットとしてPCRを行うことにより11番染色体上のLOH(loss of heterozygosity)を検出することを特徴とする、LOHの検出方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)