国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011126046) 容器本体およびその製造方法、並びに包装容器
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/126046 国際出願番号: PCT/JP2011/058707
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 06.04.2011
IPC:
B65D 77/20 (2006.01) ,B29C 51/10 (2006.01) ,B29C 51/14 (2006.01) ,B65D 1/00 (2006.01) ,B65D 1/28 (2006.01) ,B29L 22/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
77
予め形成された容器,例.箱,カートン,大袋,袋,に物品または材料を収納することにより形成された包装体
10
充てん後形成される容器の密封部
20
別体の蓋またはカバーを取付けることによるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
51
熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
10
圧力差,例.真空,による成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
51
熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
14
多層プリフォームまたはシートを用いるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
22
内容物を囲いこむ深さの側壁をもつ箱またはその類似容器
26
薄壁容器,例.深絞りによるもの
28
ラミネート材により形成されるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
22
中空物品
出願人:
出光ユニテック株式会社 IDEMITSU UNITECH CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都港区芝四丁目2番3号 2-3, Shiba 4-chome, Minato-ku, Tokyo 1080014, JP (AllExceptUS)
石黒 隆洋 ISHIGURO Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
石黒 隆洋 ISHIGURO Takahiro; JP
代理人:
特許業務法人樹之下知的財産事務所 KINOSHITA & ASSOCIATES; 東京都杉並区荻窪五丁目26番13号 荻窪TMビル3階 3rd floor, Ogikubo TM building, 26-13, Ogikubo 5-chome, Suginami-ku, Tokyo 1670051, JP
優先権情報:
2010-08986708.04.2010JP
発明の名称: (EN) CONTAINER MAIN BODY AND PROCESS FOR PRODUCTION THEREOF, AND PACKAGING CONTAINER
(FR) CORPS PRINCIPAL DE CONTENANT ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELUI-CI, ET CONTENANT DE CONDITIONNEMENT
(JA) 容器本体およびその製造方法、並びに包装容器
要約:
(EN) Disclosed is a process for producing a container main body that is produced by molding a sheet composed of at least two layers, i.e., a seal layer and a base material layer. The process is characterized by involving a container main body molding step of thermally molding the sheet while pressing a flange part of the sheet (which is a part of the sheet) by means of a pressure of 10 to 25 kg/cm2 inclusive using a flange-pressing member capable of pressing the flange part and a mold on which the sheet is to be thermally molded into the container main body, thereby producing the container main body which has a thinned or missing part in the seal layer on the edge part of an opening of the container main body which is located on the inner periphery side of the flange part.
(FR) L'invention porte sur un procédé de production d'un corps principal de contenant qui est produit par moulage d'une feuille composée d'au moins deux couches, à savoir une couche d'étanchéité et une couche de matériau de base. Le procédé est caractérisé en ce qu'il comprend une étape de moulage de corps principal de contenant consistant à mouler thermiquement la feuille tout en pressant une partie rebord de la feuille (qui fait partie de la feuille) au moyen d'une pression de 10 à 25 kg/cm2 inclus à l'aide d'un élément de pression de rebord apte à presser la partie rebord et d'un moule sur lequel la feuille doit être moulée thermiquement dans le corps principal de contenant, permettant ainsi de produire le corps principal de contenant qui a une partie amincie ou manquante dans la couche d'étanchéité sur la partie bord d'une ouverture du corps principal de contenant qui est située sur le côté périphérique interne de la partie rebord.
(JA)  本発明の容器本体の製造方法は、シール層と基材層との少なくとも2層からなるシートを成形してなる容器本体の製造方法であって、フランジ部となる前記シートの一部を押さえるフランジ押さえ部材と、前記シートを熱成形して前記容器本体とする金型とを用い、前記フランジ押さえ部材により10kg/cm以上25kg/cm以下の圧力で前記フランジ部を押さえつつ、前記シートを熱成形して前記フランジ部の内周側に位置する前記容器本体の開口部端縁に前記シール層の薄肉部または欠落部を有する容器本体を得る容器本体成形工程を備えることを特徴とする方法である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN102844246KR1020130060172VN32369MYPI 2012004474TH131477IN2986/KOLNP/2012