国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125970) 活性エネルギー線硬化性樹脂組成物、及びそれを用いたナノ凹凸構造体とその製造方法、及びナノ凹凸構造体を備えた撥水性物品
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125970 国際出願番号: PCT/JP2011/058506
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 04.04.2011
IPC:
C08F 220/20 (2006.01) ,B29C 59/02 (2006.01) ,C09D 4/00 (2006.01) ,C09D 4/02 (2006.01) ,C09D 5/00 (2006.01) ,H01L 21/027 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
220
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物.その塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの共重合体
02
9個以下の炭素原子をもつモノカルボン酸;その誘導体
10
エステル
20
多価のアルコールまたはフェノールのエステル
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
59
表面成形,例.エンボス;そのための装置
02
機械的手段,例.プレス,によるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
4
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー,少なくとも1つの重合性不飽和炭素―炭素結合を持つ有機非高分子化合物に基づくもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
4
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー,少なくとも1つの重合性不飽和炭素―炭素結合を持つ有機非高分子化合物に基づくもの
02
アクリル単量体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21
半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
02
半導体装置またはその部品の製造または処理
027
その後のフォトリソグラフィック工程のために半導体本体にマスクするもので,グループ21/18または21/34に分類されないもの
出願人:
三菱レイヨン株式会社 MITSUBISHI RAYON CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目1番1号 1-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008253, JP (AllExceptUS)
瀧原 毅 TAKIHARA, Tsuyoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
尾野本 広志 ONOMOTO, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
岡本 英子 OKAMOTO, Eiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
瀧原 毅 TAKIHARA, Tsuyoshi; JP
尾野本 広志 ONOMOTO, Hiroshi; JP
岡本 英子 OKAMOTO, Eiko; JP
代理人:
宮崎 昭夫 MIYAZAKI, Teruo; 東京都港区赤坂1丁目9番20号 第16興和ビル8階 8th Floor, 16th Kowa Bldg., 9-20, Akasaka 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2010-08692605.04.2010JP
発明の名称: (EN) ACTIVE ENERGY RAY-CURABLE RESIN COMPOSITION, NANO RIDGE/GROOVE STRUCTURE USING SAME AND PRODUCTION METHOD FOR SAID STRUCTURE, AND WATER REPELLENT ARTICLE PROVIDED WITH NANO RIDGE/GROOVE STRUCTURE
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE DURCISSABLE PAR UN RAYONNEMENT À ÉNERGIE ACTIVE, NANOSTRUCTURE D'ARÊTES/RAINURES L'UTILISANT ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION POUR LADITE STRUCTURE ET ARTICLE HYDROFUGE DOTÉ D'UNE NANOSTRUCTURE D'ARÊTES/RAINURES
(JA) 活性エネルギー線硬化性樹脂組成物、及びそれを用いたナノ凹凸構造体とその製造方法、及びナノ凹凸構造体を備えた撥水性物品
要約:
(EN) Disclosed is an active energy ray-curable resin composition which contains: 70-95 parts by mass of a polyfunctional monomer (A) having a surface free energy of at least 37mJ/m2 when cured; and 5-30 parts by mass of a fluorine-based (meth)acrylate (B) which is compatible with the polyfunctional monomer (A) (in the composition, the total inclusion amount of all the monomers is 100 parts by mass). The polyfunctional monomer (A) has at least three radically polymerizable functional groups in a molecule, and the value obtained by dividing the molecular amount by the number of radically polymerizable functional groups is 110-200. The fluorine-based (meth)acrylate (B) has at least one radically polymerizable functional group in a molecule.
(FR) L'invention porte sur une composition de résine durcissable par un rayonnement à énergie active qui contient : 70-95 parties en masse d'un monomère polyfonctionnel (A) ayant une énergie libre de surface d'au moins 37 mJ/m2 lorsqu'il est durci ; et 5-30 parties en masse d'un (méth)acrylate à base de fluor (B) qui est compatible avec le monomère polyfonctionnel (A) (dans la composition, la quantité totale d'incorporation de tous les monomères est de 100 parties en masse). Le monomère polyfonctionnel (A) a au moins trois groupes fonctionnels polymérisables par voie radicalaire dans une molécule et la valeur obtenue par division de la quantité moléculaire par le nombre de groupes fonctionnels polymérisables par voie radicalaire est de 110-200. Le (méth)acrylate à base de fluor (B) a au moins un groupe fonctionnel polymérisable par voie radicalaire dans une molécule.
(JA)  硬化したときの表面自由エネルギーが37mJ/m2以上の多官能モノマー(A)70~95質量部、及び、多官能モノマー(A)と相溶するフッ素系(メタ)アクリレート(B)5~30質量部を含み(組成物中の全モノマーの含有量の合計を100質量部とする)、多官能モノマー(A)は、分子内に3個以上のラジカル重合性官能基を有し、その分子量をラジカル重合性官能基の数で除した値が110~200であり、フッ素系(メタ)アクリレート(B)は、分子内に1個以上のラジカル重合性官能基を有する活性エネルギー線硬化性樹脂組成物が開示される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN102869690JPWO2011125970US20130210957