国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125960) 排気浄化用触媒
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125960 国際出願番号: PCT/JP2011/058482
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 29.03.2011
予備審査請求日: 13.09.2011
IPC:
B01J 23/63 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 20/02 (2006.01) ,B01J 20/06 (2006.01) ,B01J 20/18 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/10 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
63
希土類またはアクチニドと結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
06
グループ20/04に分類されない金属の酸化物または水酸化物からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
10
シリカまたはけい酸塩からなるもの
16
アルミノけい酸塩
18
合成ゼオライト分子ふるい
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県豊田市トヨタ町1番地 1, Toyotacho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
林 孝太郎 HAYASHI, Kotaro [JP/JP]; JP (UsOnly)
長尾 諭 NAGAO, Satoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
鈴木 秀明 SUZUKI, Hideaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
林 孝太郎 HAYASHI, Kotaro; JP
長尾 諭 NAGAO, Satoshi; JP
鈴木 秀明 SUZUKI, Hideaki; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル青和特許法律事務所 SEIWA PATENT & LAW, Toranomon 37 Mori Bldg., 5-1, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1058423, JP
優先権情報:
2010-08526601.04.2010JP
発明の名称: (EN) EXHAUST PURIFYING CATALYST
(FR) CATALYSEUR DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT
(JA) 排気浄化用触媒
要約:
(EN) Disclosed is an exhaust purifying catalyst which is capable of efficiently removing CO over a wide temperature range including low temperatures. Specifically disclosed is an exhaust purification device for an internal combustion engine, which is characterized by comprising: a CO oxidation catalyst that is arranged in an exhaust passage of an internal combustion engine and removes CO in the exhaust by oxidation; and an HC adsorbent that adsorbs HC in the exhaust and an NOx adsorbent that adsorbs NOx in the exhaust, said adsorbents being arranged in the upstream of the CO oxidation catalyst in the flow direction of the exhaust sequentially from the upstream side. The exhaust purification device is also characterized in that the CO oxidation catalyst comprises Pd and CeO2, and the amount of supported Pd is within the range of 0.01-5.0% by mass relative to the amount of CeO2.
(FR) L'invention porte sur un catalyseur de purification de gaz d'échappement qui permet d'enlever efficacement du CO sur une large plage de températures y compris à de basses températures. De façon spécifique, l'invention porte sur un dispositif de purification de gaz d'échappement pour un moteur à combustion interne, qui est caractérisé en ce qu'il comprend : un catalyseur d'oxydation de CO qui est disposé dans un passage de gaz d'échappement d'un moteur à combustion interne et qui enlève du CO présent dans le gaz d'échappement par oxydation ; et un adsorbant d'HC qui adsorbe les HC présents dans le gaz d'échappement et un adsorbant de NOx qui adsorbe les NOx présents dans le gaz d'échappement, lesdits adsorbants étant disposés en amont du catalyseur d'oxydation de CO dans le sens de la circulation du gaz d'échappement séquentiellement à partir du côté amont. Le dispositif de purification de gaz d'échappement est également caractérisé en ce que le catalyseur d'oxydation de CO comprend du Pd et du CeO2 et la quantité de Pd supporté est dans la plage de 0,01-5,0 % en masse par rapport à la quantité de CeO2.
(JA) 課題 低温を含む広い範囲の温度でCOを効率的に浄化し得る排気浄化触媒を提供する。 解決手段 内燃機関の排気流路に配置されて排気中のCOを酸化して浄化するCO酸化触媒と、該CO酸化触媒に対して排気の流れ方向の上流側に、上流から排気中のHCを吸着するHC吸着材と、排気中のNOXを吸着するNOX吸着材とを備え、該CO酸化触媒がPdとCeO2とを有し、該Pdの担持量がCeO2に対して0.01~5.0質量%の範囲内であることを特徴とする内燃機関の排気浄化装置。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2554255US20130022511