国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125762) 結合塩素剤、その製造および使用方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125762 国際出願番号: PCT/JP2011/058067
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 30.03.2011
IPC:
A01N 59/08 (2006.01) ,A01N 25/02 (2006.01) ,A01N 41/02 (2006.01) ,A01N 59/00 (2006.01) ,A01P 3/00 (2006.01) ,B01D 61/04 (2006.01) ,B01D 65/02 (2006.01) ,B01D 65/06 (2006.01) ,C02F 1/44 (2006.01) ,C02F 1/50 (2006.01) ,C02F 1/72 (2006.01) ,C02F 1/76 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
59
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって元素または無機化合物を含むもの
08
アルカリ金属の塩化物;アルカリ土類金属の塩化物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
02
担体,希釈剤または溶媒として液体を含むもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
41
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子に結合した硫黄原子を有する有機化合物を含むもの
02
硫黄―酸素二重結合を有するもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
59
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって元素または無機化合物を含むもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
3
殺菌・殺カビ剤(菌類に作用するもの)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
02
逆浸透;超ろ過
04
供給物の前処理
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
65
半透膜を用いる分離工程または装置のための付属品または補助操作
02
膜の洗浄または滅菌
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
65
半透膜を用いる分離工程または装置のための付属品または補助操作
02
膜の洗浄または滅菌
06
特別の洗浄剤によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
44
透析,浸透または逆浸透によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
50
殺菌剤の添加もしくは適用によるものまたはオリゴダイナミック処理によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
72
酸化によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
72
酸化によるもの
76
ハロゲンまたは化合物によるもの
出願人:
栗田工業株式会社 KURITA WATER INDUSTRIES LTD. [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿三丁目4番7号 4-7, Nishi-Shinjuku 3-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1608383, JP (AllExceptUS)
平尾 孝典 HIRAO, Takanori [JP/JP]; JP (UsOnly)
青木 哲也 AOKI, Tetsuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
平尾 孝典 HIRAO, Takanori; JP
青木 哲也 AOKI, Tetsuya; JP
代理人:
柳原 成 YANAGIHARA, Shigeru; 東京都港区虎ノ門三丁目10番4号 虎ノ門ガーデン310号 310, Toranomon Garden, 10-4, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2010-08395931.03.2010JP
発明の名称: (EN) COMBINED CHLORINE AGENT, AND MANUFACTURING METHOD AND METHOD OF USE FOR SAME
(FR) AGENT À BASE DE CHLORE COMBINÉ, ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION ET SON PROCÉDÉ D'UTILISATION
(JA) 結合塩素剤、その製造および使用方法
要約:
(EN) Disclosed is a combined chlorine agent with a formulation comprising a low free chlorine concentration and a high combined chlorine concentration, which enables high combined chlorine concentration even when free chlorine concentration is reduced by adding the formulation to an aqueous medium; an efficient manufacturing method therefor; and a chlorine treatment method in low free chlorine concentration conditions using same. A combined chlorine agent comprises an aqueous solution formulation containing an alkali consisting of an alkali metal hydroxide, sulfamic acid, and a chlorine oxidising agent. In the aqueous solution formulation, the content of sulfamic acid and chlorine oxidising agent Cl/N is 0.45-0.6 (molar ratio), and the content of alkali and chlorine oxidising agent Cl/alkali metal is 0.3-0.4 (molar ratio). The free chlorine concentration of the aqueous solution formulation is 2 wt% or less of the total chlorine concentration.
(FR) L'invention concerne un agent à base de chlore combiné ayant une formulation comprenant une faible concentration en chlore libre et une concentration élevée en chlore combiné, ledit agent permettant une concentration élevée en chlore combiné même lorsqu'une concentration en chlore libre est réduite par addition de la formulation à un milieu aqueux ; un procédé de fabrication efficace de cet agent ; et un procédé de traitement par le chlore dans des conditions de faible concentration en chlore libre à l'aide de cet agent. Un agent à base de chlore combiné comprend une formulation en solution aqueuse contenant un alcali consistant en un hydroxyde de métal alcalin, de l'acide sulfamique et un agent d'oxydation du chlore. Dans la formulation de solution aqueuse, la teneur en acide sulfamique et en agent d'oxydation du Cl/N est de 0,45-0,6 (rapport molaire), et la teneur en alcali et en agent d'oxydation du chlore Cl/métal alcalin est de 0,3-0,4 (rapport molaire). La concentration en chlore libre de la formulation en solution aqueuse est de 2 % en poids ou moins de la concentration en chlore total.
(JA)  製剤の遊離塩素濃度が低く、かつ結合塩素濃度が高く、これにより製剤を遊離塩素濃度が低くなるように水系に添加しても、結合塩素濃度を高くすることができる結合塩素剤、その結合塩素剤を効率的に製造する方法、ならびに結合塩素剤により遊離塩素濃度が低い状態で塩素処理する方法を提案する。 アルカリ金属水酸化物からなるアルカリと、スルファミン酸と、塩素系酸化剤とを含有する水溶液製剤からなる結合塩素剤であって、水溶液製剤中のスルファミン酸と塩素系酸化剤との含有割合が、Cl/N(モル比)で0.45~0.6であり、アルカリと塩素系酸化剤との含有割合が、Cl/アルカリ金属(モル比)で0.3~0.4であり、水溶液製剤中の遊離塩素濃度が全塩素濃度の2重量%以下である結合塩素剤。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2554050US20130026097CN102821610JPWO2011125762SG184357KR1020130040791
BR112012024902ES2602473ID2013/01327TH139640