国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125747) プレスフィット端子および半導体装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125747 国際出願番号: PCT/JP2011/058025
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 30.03.2011
IPC:
H01R 12/51 (2011.01) ,H01R 12/55 (2011.01)
H 電気
01
基本的電気素子
R
導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
12
印刷回路(例,印刷回路基板(PCB),フラットケーブルもしくはリボンケーブル)または通常は平面構造になっている類似のもの(例,端子片,端子ブロック)に特に適した,複数の相互絶縁された電気接続部材の構造的な集合体;印刷回路,フラットケーブルもしくはリボンケーブル,または通常は平面構造になっている類似のものに特に適した嵌合装置;印刷回路,フラットケーブルもしくはリボンケーブル,または通常は平面構造になっている類似のものとの接触,またはそれらへの挿入に特に適した端子
50
固定接続
51
剛性の印刷回路または類似の構造物のためのもの
H 電気
01
基本的電気素子
R
導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
12
印刷回路(例,印刷回路基板(PCB),フラットケーブルもしくはリボンケーブル)または通常は平面構造になっている類似のもの(例,端子片,端子ブロック)に特に適した,複数の相互絶縁された電気接続部材の構造的な集合体;印刷回路,フラットケーブルもしくはリボンケーブル,または通常は平面構造になっている類似のものに特に適した嵌合装置;印刷回路,フラットケーブルもしくはリボンケーブル,または通常は平面構造になっている類似のものとの接触,またはそれらへの挿入に特に適した端子
50
固定接続
51
剛性の印刷回路または類似の構造物のためのもの
55
端子に特徴があるもの
出願人:
三菱電機株式会社 Mitsubishi Electric Corporation [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 7-3,Marunouchi 2-chome,Chiyoda-ku, Tokyo 1008310, JP (AllExceptUS)
江草 稔 EGUSA Minoru; JP (UsOnly)
須藤 進吾 SUDO Shingo; JP (UsOnly)
林 建一 HAYASHI Kenichi; JP (UsOnly)
発明者:
江草 稔 EGUSA Minoru; JP
須藤 進吾 SUDO Shingo; JP
林 建一 HAYASHI Kenichi; JP
代理人:
大岩 増雄 OIWA Masuo; 兵庫県尼崎市南武庫之荘3丁目35番8号 35-8, Minamimukonoso 3-chome, Amagasaki-shi, Hyogo 6610033, JP
優先権情報:
2010-08859707.04.2010JP
発明の名称: (EN) PRESS FIT TERMINAL AND SEMICONDUCTOR DEVICE
(FR) BORNE AJUSTÉE ET DISPOSITIF SEMI-CONDUCTEUR
(JA) プレスフィット端子および半導体装置
要約:
(EN) Disclosed are a press fit terminal and a semiconductor device capable of being easily and precisely worked, and of minimizing contact resistance upon a through hole without increasing press fit force at time of press fitting. A press fit terminal (10) is configured of a plurality of individual press fit terminal units (10L) stacked in layers. Contact weld parts (15) of the individual press fit terminal units (10L) are formed such that portions (15a) that diverge from leading end parts (14) are in opposition across a prescribed interval (15s). The plate thickness (tL) of the individual press fit terminal units (10L) is thinner than either the width (Ws) of the prescribed interval (15s) or the width (Wa) of the portions (15a) that diverge from the leading end parts (14). It is thus possible to easily and precisely work the press fit terminal (10), and, because the diverging parts (15a) of each respective individual press fit terminal unit (10) individually make pressure weld force act on the inner wall of a through hole (31), press fitting using a small amount of pressure weld force is also possible.
(FR) L'invention concerne une borne ajustée et un dispositif semi-conducteur capable d'être fabriqué facilement et précisément et de réduire la résistance de contact dans un trou traversant sans augmenter la force d'ajustage au moment du montage ajusté. Une borne ajustée (10) est faite d'une pluralité de bornes unitaires ajustées (10L) empilées. Des pièces de contact soudées (15) des bornes unitaires ajustées (10L) sont formées de manière à ce que des parties (15a) qui divergent à partir des parties d'extrémité (14) sont opposées de part et d'autre d'un intervalle déterminé (15s). L'épaisseur des plaques (tL) des bornes unitaires ajustées (10L) est moindre que soit la largeur (Ws) de l'intervalle déterminé (15s) soit la largeur (Wa) des parties (15a) qui divergent à partir des parties d'extrémité (14). Il est ainsi possible de produire facilement et précisément la borne ajustée (10) et, du fait que les parties divergentes (15a) de chacune des bornes unitaires ajustées (10L) fait agir individuellement la pression de soudage sur la paroi intérieure d'un trou traversant (31), il est également possible d'avoir un montage ajusté en exerçant une faible force de soudage par pression.
(JA) 本発明は,容易に精度よく加工でき,圧入時の圧入力を増大させることなく貫通孔との接触抵抗を低減できるプレスフィット端子及び半導体装置を得ることを目的とする。本発明のプレスフィット端子(10)は,複数のプレスフィット端子単体ユニット(10L)を複数重ねて構成されている。プレスフィット端子単体ユニット(10L)の圧接部(15)は,先端部(14)から分岐した部分(15a)が所定の間隔(15s)を隔てて対向するように形成されている。プレスフィット端子単体ユニット(10L)の板厚(tL)は,所定の間隔(15s)の幅(Ws)又は先端部(14)から分岐した部分(15a)の幅(Wa)よりも薄い。こうすることで,プレスフィット端子(10)を容易に精度よく加工できるとともに,それぞれのプレスフィット端子単体ユニット(10L)の分岐部(15a)が独立して貫通孔(31)の内壁に対して圧接力を働かせるため,少ない圧入力での圧入が可能になる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2557633CN102725914JPWO2011125747KR1020120127535