国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125714) 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125714 国際出願番号: PCT/JP2011/057973
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 30.03.2011
IPC:
C07D 307/60 (2006.01) ,A01N 47/18 (2006.01) ,A01N 47/20 (2006.01) ,A01P 13/02 (2006.01) ,C07D 307/64 (2006.01) ,C07D 407/12 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
307
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
34
環原子相互間または環原子間と非環原子間に2個または3個の二重結合をもつもの
56
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
60
2個の酸素原子,例.コハク酸無水物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
18
複素環または環式脂肪族環に直接ついている―O―CO―N<基またはそのチオ類似体を有するもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
20
そのN―アリール誘導体
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
13
除草剤;殺藻剤
02
選択性のある
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
307
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
34
環原子相互間または環原子間と非環原子間に2個または3個の二重結合をもつもの
56
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
64
硫黄原子
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
407
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として酸素原子のみをもち,405/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
出願人:
国立大学法人神戸大学 National University Corporation KOBE UNIVERSITY [JP/JP]; 兵庫県神戸市灘区六甲台町1番1号 1-1, Rokkodai-cho, Nada-ku, Kobe-shi, Hyogo 6578501, JP (AllExceptUS)
住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区新川二丁目27番1号 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP (AllExceptUS)
佐々木 満 SASAKI, Mitsuru [JP/JP]; JP (UsOnly)
杉本 幸裕 SUGIMOTO, Yukihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
滝川 浩郷 TAKIKAWA, Hirosato [JP/JP]; JP (UsOnly)
三宅 秀芳 MIYAKE, Hideyoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
松尾 憲忠 MATSUO, Noritada [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
佐々木 満 SASAKI, Mitsuru; JP
杉本 幸裕 SUGIMOTO, Yukihiro; JP
滝川 浩郷 TAKIKAWA, Hirosato; JP
三宅 秀芳 MIYAKE, Hideyoshi; JP
松尾 憲忠 MATSUO, Noritada; JP
代理人:
田中 光雄 TANAKA, Mitsuo; 大阪府大阪市中央区城見1丁目3番7号IMPビル 青山特許事務所 AOYAMA & PARTNERS IMP Building 3-7, Shiromi 1-chome, Chuo-ku Osaka-shi, Osaka 5400001, JP
優先権情報:
2010-08237031.03.2010JP
発明の名称: (EN) GERMINATION-STIMULANT CARBAMATE DERIVATIVES AND PROCESS FOR PREPARATION THEREOF
(FR) DÉRIVÉS DE CARBAMATES STIMULANT LA GERMINATION ET LEUR PROCÉDÉ DE SYNTHÈSE
(JA) 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法
要約:
(EN) Provided are novel compounds which can germinate seeds of root-parasitic plants, more specifically, compounds represented by the general formula [wherein R1, R2, R3, R4 and R5 may be the same or different and are each hydrogen, halogen, lower alkyl, or lower alkoxy, or alternatively R1 and R2 are united to form a lower alkylenedioxy group, or R1 and R2 together with the carbon atoms adjacent thereto respectively form a benzene ring, or R2 and R3 are united to form a lower alkylenedioxy group, or R2 and R3 together with the carbon atoms adjacent thereto respectively form a benzene ring; R6 is hydrogen or lower alkyl; X and Y may be the same or different and are each oxygen or sulfur; and n is an integer of 0, 1 or 2]. The novel compounds can control root-parasitic plants.
(FR) La présente invention concerne de nouveaux composés qui permettent la germination de graines de végétaux parasites des racines, plus spécifiquement des composés de formule générale [où R1, R2, R3, R4 et R5 peuvent être identiques ou différents, chacun des radicaux représentant un atome d'hydrogène ou d'halogène ou un groupement alkyle court ou alkoxy court, ou, de façon alternative, R1 et R2 sont réunis pour former un groupement alkylènedioxy court, ou R1 et R2 forment respectivement ensemble et avec les atomes de carbone adjacents un cycle benzénique, ou R2 et R3 sont réunis pour former un groupement alkylènedioxy court, ou R2 et R3 forment respectivement ensemble et avec les atomes de carbone adjacents un cycle benzénique ; R6 représente un atome d'hydrogène ou un groupement alkyle court ; X et Y peuvent être identiques ou différents et chacun représente un atome d'oxygène ou de soufre ; et n représente un entier égal à 0, 1 ou 2]. Les nouveaux composés permettent de maîtriser les végétaux parasites des racines.
(JA)  本発明は、根寄生植物の種子を発芽させる新規な化合物、より詳細には、式 (式中、R、R、R、R、およびRは、同一または異なり、それぞれ水素、ハロゲン、低級アルキル基、または低級アルコキシ基を表すか、RとRとが互いに結合して低級アルキレンジオキシ基を形成するか、RとRとがそれぞれ隣接する炭素原子と共にベンゼン環を形成するか、RとRとが互いに結合して低級アルキレンジオキシ基を形成するか、またはRとRとがそれぞれ隣接する炭素原子と共にベンゼン環を形成し、 Rは、水素または低級アルキル基を表し、 XおよびYは同一または異なり、それぞれ酸素または硫黄を表し、 nは、0、1または2の整数を表す。) で示される化合物を提供し、それにより、根寄生植物を防除することを目的とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2562171US20130085068CN102906079JPWO2011125714ES2528936AU2011237227