国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125583) 永久磁石及び永久磁石の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125583 国際出願番号: PCT/JP2011/057564
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 28.03.2011
IPC:
H01F 1/08 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 1/02 (2006.01) ,B22F 3/00 (2006.01) ,B22F 3/10 (2006.01) ,H01F 1/053 (2006.01) ,H01F 41/02 (2006.01) ,H02K 15/03 (2006.01) ,C22C 33/02 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
1
磁性材料を特徴とする磁石または磁性体その磁性特性のための材料の選択
01
無機材料
03
保磁力によって特徴づけられるもの
032
硬質磁性材料
04
金属または合金
06
粒子形状のもの,例.粉末
08
圧縮,焼結またはいっしょに固めたもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
02
粉末の被覆
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10
焼結のみに特徴のあるもの
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
1
磁性材料を特徴とする磁石または磁性体その磁性特性のための材料の選択
01
無機材料
03
保磁力によって特徴づけられるもの
032
硬質磁性材料
04
金属または合金
047
組成に特徴のある合金
053
希土類元素を含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
41
このサブクラスに包含される装置の製造または組立に特に適合した装置または工程
02
コア,コイルまたは磁石を製造するためのもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
15
電機の製造,組立,保守または修理するのに特に適した方法あるいは器具
02
固定子または回転子本体に関するもの
03
永久磁石をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
33
鉄合金の製造
02
粉末冶金によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
出願人:
日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP/JP]; 大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号 1-1-2, Shimohozumi, Ibaraki-shi, Osaka 5678680, JP (AllExceptUS)
尾関 出光 OZEKI Izumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
久米 克也 KUME Katsuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
平野 敬祐 HIRANO Keisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
大牟礼 智弘 OMURE Tomohiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
太白 啓介 TAIHAKU Keisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
尾崎 孝志 OZAKI Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
尾関 出光 OZEKI Izumi; JP
久米 克也 KUME Katsuya; JP
平野 敬祐 HIRANO Keisuke; JP
大牟礼 智弘 OMURE Tomohiro; JP
太白 啓介 TAIHAKU Keisuke; JP
尾崎 孝志 OZAKI Takashi; JP
代理人:
特許業務法人ネクスト NEXT INTERNATIONAL; 愛知県名古屋市中区錦一丁目11番20号 大永ビルディング7階 7th Floor, Daiei Building, 11-20, Nishiki 1-chome, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi 4600003, JP
優先権情報:
2010-08392431.03.2010JP
発明の名称: (EN) PERMANENT MAGNET AND MANUFACTURING METHOD FOR PERMANENT MAGNET
(FR) AIMANT PERMANENT ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 永久磁石及び永久磁石の製造方法
要約:
(EN) Disclosed are a permanent magnet and a manufacturing method for the permanent magnet in which gaps are not formed between the main phase and the grain-boundary phase of the magnet after sintering, and in which the entire magnet can be densely sintered. An organometallic compound solution, to which an organometallic compound represented by the formula M-(OR)x has been added, is added to a fine powder of a pulverized neodymium magnet, and the organometallic compound is uniformly deposited on the surface of the neodymium magnet grains. Afterwards, the dried magnet grains undergo calcination in hydrogen by being retained in a hydrogen atmosphere for several hours at 200℃-900℃. Furthermore, the pulverulent calcined body calcined in the hydrogen undergoes hydrogenation by being retained in a vacuum atmosphere for several hours at 200℃-600℃. (In the formula, M is V, Mo, Zr, Ta, Ti, W, or Nb. R is a substituent group comprising a hydrocarbon, and can be a straight chain or a branched chain. x is an arbitrary integer.)
(FR) L'invention concerne un aimant permanent et un procédé de fabrication de cet aimant permanent au cours duquel il n'y a pas de formation d'entrefers entre la phase principale et la phase de joint de grains de l'aimant après frittage, et au cours duquel la totalité de l'aimant peut subir un frittage dense. Une solution de composé organométallique, à laquelle a été ajouté un composé organométallique représenté par la formule M-(OR)x, est ajoutée à une poudre fine d'un aimant de néodyme pulvérisé, et le composé organométallique est déposé uniformément sur la surface des grains de l'aimant de néodyme. Ensuite, les grains de l'aimant séchés subissent une calcination dans l'hydrogène lorsqu'ils sont retenus dans une atmosphère d'hydrogène pendant plusieurs heures à une température comprise entre 200 °C et 900 °C. De plus, le corps calciné pulvérulent calciné dans l'hydrogène subit une hydrogénation lorsqu'il est retenu dans une atmosphère sous vide pendant plusieurs heures à des températures comprises entre 200 °C et 600 °C. (Dans la formule, M représente V, Mo, Zr, Ta, Ti, W, ou Nb. R est un groupe substituant comprenant un hydrocarbure, et peut être une chaîne droite ou une chaîne ramifiée. x représente un nombre entier arbitraire).
(JA)  焼結後の磁石の主相と粒界相との間に空隙を生じさせることなく、また、磁石全体を緻密に焼結することが可能となった永久磁石及び永久磁石の製造方法を提供する。 粉砕されたネオジム磁石の微粉末に対して、M-(OR)(式中、MはV、Mo、Zr、Ta、Ti、W又はNbである。Rは炭化水素からなる置換基であり、直鎖でも分枝でも良い。xは任意の整数である。)で示される有機金属化合物が添加された有機金属化合物溶液を加え、ネオジム磁石の粒子表面に対して均一に有機金属化合物を付着させる。その後、乾燥させた磁石粉末を水素雰囲気において200℃~900℃で数時間保持することにより水素中仮焼処理を行い、更に、水素中仮焼処理によって仮焼された粉末状の仮焼体を真空雰囲気で200℃~600℃で数時間保持することにより脱水素処理を行う。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20120182108EP2503562CN102511068KR1020120049348