国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125563) ポリイミドフィルム、およびポリイミドフィルムの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125563 国際出願番号: PCT/JP2011/057469
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 25.03.2011
IPC:
B29C 55/08 (2006.01) ,C08G 73/10 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02
板またはシートの
04
一軸延伸,例.斜め方向の
08
供給方向に直角なもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73
グループ12/00~71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
06
高分子の主鎖に窒素含有複素環を有する重縮合物;ポリヒドラジド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
10
ポリイミド;ポリエステル―イミド;ポリアミド―イミド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
出願人:
宇部興産株式会社 UBE INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 山口県宇部市大字小串1978番地の96 1978-96, Oaza Kogushi, Ube-shi, Yamaguchi 7558633, JP (AllExceptUS)
飯泉 暢 IIZUMI, Nobu [JP/JP]; JP (UsOnly)
宮本 貴男 MIYAMOTO, Takao [JP/JP]; JP (UsOnly)
樋口 洋平 HIGUCHI, Yohei [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
飯泉 暢 IIZUMI, Nobu; JP
宮本 貴男 MIYAMOTO, Takao; JP
樋口 洋平 HIGUCHI, Yohei; JP
代理人:
伊藤 克博 ITO, Katsuhiro; 東京都中央区日本橋茅場町3丁目10番9号 ティーエスビル7階 7F, TS Bldg., 3-10-9, Nihombashi-Kayabacho, Chuo-ku, Tokyo 1030025, JP
優先権情報:
2010-08413731.03.2010JP
2010-08455331.03.2010JP
発明の名称: (EN) POLYIMIDE FILM AND METHOD FOR PRODUCING POLYIMIDE FILM
(FR) FILM DE POLYIMIDE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN FILM DE POLYIMIDE
(JA) ポリイミドフィルム、およびポリイミドフィルムの製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a polyimide film which is obtained by having a tetracarboxylic acid component and a diamine component react with each other. The polyimide film is characterized by having such orientation anisotropy that variations of the orientation angle in the width direction are within ±10°.
(FR) L'invention concerne un film de polyimide que l'on a obtenu en faisant réagir ensemble un composant acide tétracarboxylique et un composant diamine. Le film de polyimide est caractérisé comme ayant une anisotropie d'orientation telle que des variations de l'angle d'orientation dans la direction de la largeur se situent dans les ±10°.
(JA)  本発明は、テトラカルボン酸成分と、ジアミン成分とを反応させて得られるポリイミドフィルムであって、幅方向の配向角のバラツキが±10°以内である配向異方性を有することを特徴とするポリイミドフィルムに関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130011651CN102917859JPWO2011125563KR1020130025391