処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2011125501 - 圧縮機

Document

明 細 書

発明の名称 圧縮機

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003   0004  

先行技術文献

特許文献

0005  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0006   0007  

課題を解決するための手段

0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046  

図面の簡単な説明

0047  

発明を実施するための形態

0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28  

明 細 書

発明の名称 : 圧縮機

技術分野

[0001]
 本発明は圧縮機に関する。

背景技術

[0002]
 以下の圧縮機が公知である(例えば、特許文献1)。この圧縮機では、吐出室と圧縮室との間に弁板が設けられ、この弁板には吐出室と圧縮室とを連通可能な吐出ポートが貫設されている。吐出ポートは吐出室内に位置する吐出リード弁によって開閉される。
[0003]
 吐出リード弁は、吐出室に対峙する側の弁板の面である固定面に固定された固定部と、固定部から吐出リード弁の長手方向に沿って延びてリフト可能な中間部と、中間部から吐出リード弁の長手方向に沿って延びて吐出ポートを開閉する弁部とを備える。固定面には、吐出ポート全周を囲う環状溝が凹設されている。また、吐出ポートと環状溝との間の固定面の部位は、環状溝より外側の固定面の部位と面一の弁座面を形成している。吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態において、弁部の外縁(先端部)は吐出リード弁の長手方向において弁座面を超えて延びている。
[0004]
 この種の圧縮機では、吐出室内の圧力と圧縮室内の圧力との差が0を超えた時から直ちに吐出ポートを開放するのが理想である。しかし、実機のように潤滑油が存在する場合には、図25のように、吐出リード弁81の開きを妨げる方向に密着力Sが作用するため、圧力差による力Fが密着力Sに打ち勝つまでは吐出リード弁81は吐出ポート82を開かない。このような状況では、ボア内圧(圧縮室内の圧力)は図26のようになる。このように吐出圧力よりもボア内圧が高くなる現象は過圧縮(オーバーコンプレッション)と呼ばれ、動力損失となる。

先行技術文献

特許文献

[0005]
特許文献1 : 特開平11-117867号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0006]
 上記のような動力損失はエネルギー消費の増大を招くので、省エネルギーの観点から動力損失のさらなる低減が求められている。 また、上記の圧縮機では、吐出リード弁の損傷が懸念され、耐久性の向上も求められている。
[0007]
 本発明の目的は、動力損失をより低減可能であるとともに、より優れた耐久性を発揮可能な圧縮機を提供することにある。

課題を解決するための手段

[0008]
 発明者らは、上記目的を達成するため、従来の圧縮機について詳細に分析した結果、吐出リード弁の開き遅れと、吐出リード弁が閉じる瞬間とに着目した。
[0009]
 (1)吐出リード弁の開き遅れについて着目した理由は、それにより気体の過圧縮を生じ、圧縮機の動力損失に繋がるからである。
[0010]
 すなわち、発明者らは以下の圧縮機で下記現象を確認した。この圧縮機では、図27の(A)~(C)の部分に示すように、弁板90に、平面視で円形の吐出ポート90aと、吐出ポート90aと同心の環状溝90bとが形成されている。吐出ポート90aは圧縮室と吐出室とを連通可能である。また、吐出リード弁92は、弁板90の固定面に固定された固定部92aと、固定部92aから吐出リード弁92の長手方向に沿って延びてリフト可能な中間部92bと、中間部92bから吐出リード弁92の長手方向に沿って延びて吐出ポート90aを開閉する弁部92cとを備える。弁板90には、他の公知技術として、吐出リード弁92の中間部92bを幅方向で跨ぐ溝部90cも形成されている。
[0011]
 この圧縮機においては、吐出リード弁92が吐出ポート90aを開き始めると、図27の(B)の部分に示すように、弁板90の弁座面90dと、弁部92cにおける中間部92bから離れた外縁(弁部92cの先端部)とが最初に離反して隙間が形成され、この隙間内に環状溝90b内の潤滑油が流れ込む。このため、弁板90と、弁部92cの先端部との間に密着力が作用して、弁部92cの離反を妨げるので、弁部92cが遅れて開く。
[0012]
 この弁部92cの開き遅れの原因をより詳しく解明するため、弁板90と、弁部92cの先端部との間の圧力を、油膜挙動を表すレイノズル方程式から計算した。結果を図27の(D)の部分に示す。(D)の部分より明らかなように、弁板90と、弁部92cの先端部との間においては、潤滑油の油膜圧力が作用する。この油膜圧力は、周囲の圧力に比べて負圧となる。発明者らは、この作用を「逆スクイーズ作用」と呼んでいる。
[0013]
 なお、「逆スクイーズ作用」とは、発明者らの造語である。そもそも、一般に、スクイーズ膜効果(絞り膜効果)と呼ばれる作用、すなわち平行な2面間のすきまに流体が存在し、すきまが速度Vで減少する場合には、流体は粘性があるためにすきまから押し出されるのに抵抗し、圧力(粘性係数と速度Vに比例)が発生する作用が知られている。スクイーズ膜効果は2面が近づく際の理論であるが、本件のように2面が離れる(速度の項がマイナスとなる)場合にも適用できる。したがって、本願では2面が離れる際の理論を「逆スクイーズ作用」(負のスクイーズ作用)と言う。
[0014]
 また、この圧縮機においては、弁板90と、弁部92cの先端部とが離反して、吐出ポート90aが開き始めた後も、図27の(C)の部分に示すように、弁板90と、中間部92bとが離反して隙間が形成され、この隙間内にも潤滑油が流れ込む。このため、弁板90と、中間部92bとの間にも密着力が作用して、中間部92bがその密着力によって踏ん張ってしまい、吐出ポート90a付近の弁部92cと比べ、中間部92bが遅れて開く。
[0015]
 この中間部92bの開き遅れの原因をより詳しく解明するため、弁板90と、中間部92bとの間(環状溝90bと溝部90cとの間)の圧力を上述の方程式から計算した。結果を図27の(E)の部分に示す。(E)の部分より明らかなように、弁板90と、中間部92bとの間においても、潤滑油の油膜圧力が作用して、周囲の圧力に比べて負圧となる。すなわち、逆スクイーズ作用が働く。
[0016]
 発明者らは、逆スクイーズ作用により、隔壁と弁部との間及び隔壁と中間部との間に潤滑油の密着力が作用して、吐出リード弁の開き遅れが生じ易くなってしまう現象を解決すべく鋭意研究した。
[0017]
 (2)また、吐出リード弁が閉じる瞬間について着目した理由は、それにより吐出リード弁に疲労破壊を生じ、圧縮機の耐久性の低下に繋がるからである。
[0018]
 すなわち、この圧縮機では、図28に示すように、吐出リード弁92が吐出ポート90aを閉じる瞬間、弁部92cが弁座面90dと衝突した後、弁部92cの先端近傍の部分が慣性力で環状溝90b内に向けて変位する。このため、弁部92cはその繰り返しによって位置A付近で疲労破壊を生じてしまう。この傾向は圧縮機が高速で運転された場合に特に生じやすい。
[0019]
 発明者らは上記圧縮機でそのシミュレーションを以下のように行った。まず、弁部92cでは、弁座面90dとの衝突が中間部92b側から始まり、先端側に向かって応力波が左右の縁に沿って伝播される。そして、弁部92cにおいて、環状溝90bの径方向内側の縁部と当接する位置Aより先端側の部位において、左右の応力波が干渉する。この圧縮機では、弁部92cの先端部が吐出リード弁92の長手方向D1において弁座面90dを超えて、環状溝90b側にはみ出しているため、応力波の伝播が減衰しないと考えられる。また、この圧縮機では、弁部92cにおいて、位置Aより先端側の部分に最大の応力が生じる。
[0020]
 発明者らは、吐出リード弁に疲労破壊が生じ易くなってしまう現象を解決すべく鋭意研究もした。
[0021]
 発明者らは、こうして本発明を完成するに至った。
[0022]
 本発明の一態様では、吐出室と、圧縮室と、隔壁と、吐出リード弁と、を備える圧縮機が提供される。前記隔壁は、吐出室と圧縮室との間に設けられるとともに、吐出室に対峙する固定面を有する。前記隔壁は吐出室と圧縮室とを連通可能な吐出ポートを有する。前記吐出リード弁は、長手方向に沿って延びる長さと、先端と、基端と、を有する。前記吐出リード弁は、固定部と、中間部と、弁部と、を含む。前記固定部は、前記基端に位置して前記固定面に固定される。前記中間部は、前記固定部から前記長手方向に沿って前記先端に向かって延びるとともに前記固定面に対してリフト可能である。前記弁部は、前記中間部から前記長手方向に沿って前記先端に向かってさらに延びるとともに前記吐出ポートを開閉可能である。前記固定面は、前記吐出ポートを取り巻くように延びる第1溝部と、前記吐出ポート及び前記第1溝部の間に位置する弁座面とを有する。前記弁部は前記吐出ポートを閉じるべく前記弁座面に当接可能である。前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記第1溝部は前記中間部と重なる範囲まで延在している。前記吐出ポートを閉じた状態の前記弁部を平面視した場合、前記弁部の前記長手方向における先端側の部位は前記第1溝部を塞がないように形成されている。前記弁座面は、前記長手方向において前記先端側及び基端側の少なくとも一方に位置する受け部を有する。該受け部は前記弁座面における他の部分より前記長手方向において前記先端側及び前記基端側の少なくとも一方に膨出する。
[0023]
 本発明の圧縮機では、弁部における長手方向の先端側の部位は第1溝部を塞がない。このため、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態において、弁部の先端側の部位は、第1溝部に溜まった潤滑油とは接触し難い。
[0024]
 この圧縮機では、圧縮室の圧力上昇により、吐出リード弁が吐出ポートを開き始めると、隔壁の固定面と、弁部における長手方向の先端側の部位とが離反して隙間を形成する。溝部に溜まった潤滑油は弁部の先端側の部位に接触し難いので、弁部の先端側の部位を伝ってその隙間に流れ込み難い。その結果、隙間への潤滑油の供給が絶たれ、隔壁の固定面と弁部との間では逆スクイーズ作用が弱まり、潤滑油の密着力が低減する。このため、この圧縮機において、隔壁の固定面と弁部とが離間するタイミングを早めることができる。
[0025]
 このため、吐出リード弁の開き遅れを抑制でき、気体の過圧縮が生じ難くなる。
[0026]
 また、この圧縮機では、吐出リード弁が吐出ポートを閉じる瞬間、弁部が弁座面と衝突する。この際、弁部と弁座面との衝突は中間部側から始まり、先端側に向かって応力波が左右の縁に沿って伝播される。しかし、この圧縮機では、弁部の先端側の部位が長手方向において第1溝部を塞がないため、応力波が減衰しやすい。
[0027]
 さらに、この圧縮機では、弁座面は受け部を有している。受け部は、長手方向の先端側及び基端側の少なくとも一方に位置して、弁座面における他の部分より長手方向の先端側及び基端側の少なくとも一方に膨出している。これにより、弁部と受け部との衝突時に、受け部上の潤滑油が衝突力を緩和して弁部に小さな応力しか作用せず、弁部の先端に大きな応力が生じ難い。
[0028]
 したがって、本発明の圧縮機は、動力損失をより低減できるとともに、より優れた耐久性を発揮できる。
[0029]
 また、この圧縮機では、吐出リード弁の開き遅れを抑制することにより吐出脈動を小さくできるので、圧縮機の静粛性を向上させることができる。さらに、この圧縮機では、過圧縮の低減により、加振力、軸受負荷及びピストンサイドフォース等が低減する傾向となるので、機械損失を減らしたり、摩耗を抑制したりすることができる。その結果、省動力化や信頼性の向上を図ることができる。
[0030]
 好ましくは、前記弁座面は、第1面と第2面と傾斜面とを含む。前記第1面は、前記長手方向において前記吐出リード弁の先端側に位置するとともに前記第1溝部より外側の前記固定面の部位と面一をなす。前記第2面は、前記長手方向において前記吐出リード弁の基端側に位置するとともに該第1面より低い高さを有する。前記傾斜面は、第1面と第2面との間に位置し、第2面から第1面まで徐々に変位する高さを有する。前記受け部は、第1面に形成されている。
[0031]
 この場合、この圧縮機では、第2面が第1面より低い。これにより、弁座面全体が第1溝部より外側の固定面の部位と面一をなす場合と比較して、吐出リード弁が吐出ポートを閉じる瞬間、弁部と第2面との衝突が始まるタイミングを遅らせることができる。このため、弁部と第2面との衝突による応力波が第1面に形成された受け部に伝搬するタイミングを遅らせることができる。また、弁部の基端側の部分が第2面及び傾斜面に沿って撓み、基端側から徐々に吐出ポートを閉じることにより、弁部の先端が受け部に衝突する際の衝撃を緩和することができる。さらに、この圧縮機では、傾斜面が第2面から第1面まで徐々に高さが変位することにより、弁部と第2面との衝突による応力波が傾斜面を通過する際に増幅され難い。これらにより、この圧縮機では、弁部の先端に大きな応力が一層生じ難い。その結果、この圧縮機は、吐出リード弁の損傷を有効に防止でき、優れた耐久性を確実に発揮することができる。
[0032]
 好ましくは、前記弁座面は、前記長手方向に沿った中心線を仮想した場合、該中心線の左右で非対称である。
[0033]
 この場合、弁部と第2面との衝突による応力波が先端側に向かって伝播される際、左の縁に沿って伝搬される応力波と、右の縁に沿って伝搬される応力波との位相がずれ、第1面に形成された受け部に伝搬する。その結果、位相がずれた応力波同士が受け部で合流して打ち消し合うので、弁部の先端に大きな応力がより一層生じ難い。その結果、この圧縮機は、吐出リード弁の損傷を一層有効に防止でき、優れた耐久性をより確実に発揮することができる。
[0034]
 吐出ポートは、平面視で円形に形成される他、楕円形や多角形であり得る。第1溝部は、吐出ポートを取り巻くものであれば、どのような形状でもかまわない。例えば、第1溝部は、略「C」字状のC状溝であり得る。略「C」字状とは、円弧形状だけでなく、折れ線状に屈曲する形状が含まれる。
[0035]
 好ましくは、前記第1溝部は、前記吐出ポートを周方向に囲む環状溝である。
[0036]
 この場合、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態において、中間部と、環状溝の円弧部分とがより広い範囲で重なる。このため、この重なる面積の分だけ、固定面と中間部とが密着する面積が減る。
[0037]
 好ましくは、前記第1溝部は、前記長手方向における先端側の部分を除いて前記吐出ポートを周方向に囲むC字形状をなす。
[0038]
 この場合、C字形状の溝における対向する両端の間隔を広げることにより、受け部を大きく形成できる。このため、吐出リード弁の弁部が受け部と衝突する際、その大きな受け部上の潤滑油が衝突力を確実に緩和できる。そのため、弁部に小さな応力しか作用せず、弁部の先端に大きな応力が生じ難い。その結果、この圧縮機においても、吐出リード弁の損傷を有効に防止でき、優れた耐久性を確実に発揮することができる。
[0039]
 好ましくは、前記固定面は、前記吐出ポートに対して前記長手方向の基端側に位置する第2溝を有し、該第2溝は、前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記中間部をその幅方向に跨いで延びる。
[0040]
 この場合、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態において、中間部に異物が噛み込まれるのが防止される。
[0041]
 好ましくは、前記固定面は、前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記中間部と重なる範囲に位置するとともに前記長手方向に沿って延びて前記第1溝部と前記第2溝部とを連通させる連通溝を有する。
[0042]
 固定面における連通溝以外の部分は、吐出リード弁と当接する当接部となり得る。上述した通り、吐出リード弁が吐出ポートを開き始めると、気体及び潤滑油からなる混相の噴流が噴出するが、第1溝部における中間部と重なる範囲では潤滑油が溜まり易い。この点、連通溝を形成することにより、噴流が第1溝部から連通溝及び第2溝部を介して、リード弁の幅方向外側に吐出される。そのため、第1溝部に溜まった潤滑油を吹き飛ばすことができるとともに、固定面と中間部との間に溜まった潤滑油及び第2溝部に溜まった潤滑油をも吹き飛ばすことができる。また、連通溝の分だけ固定面と中間部とが密着する面積が減る。このため、この圧縮機は、固定面と中間部とが離間するタイミングを一層早めることができ、その結果として、本発明の作用効果を確実に奏することができる。
[0043]
 連通溝及び当接部の具体例としては、1本の連通溝が中間部の幅方向(長手方向の直交方向)中央に形成され、その連通溝の両側に一対の当接部が形成される構成が挙げられる。この簡素な構成によれば、連通溝により、第1、2溝部に溜まった潤滑油や、固定面と中間部との間に溜まった潤滑油を効果的に吹き飛ばすことができるとともに、一対の当接部により、中間部を確実に支持できる。なお、複数本の連通溝が形成される構成もあり得る。
[0044]
 吐出ポートは、圧縮機がスクロール型圧縮機、ベーン型圧縮機等である場合には、隔壁に1個形成され得る。また、吐出ポートは、圧縮機が斜板式圧縮機等である場合には、隔壁に同心円状に複数個形成され得る。
[0045]
 吐出ポートが隔壁に同心円状に複数個形成され、各吐出ポートが平面視で各々円形に形成され、各第1溝部の外周縁が円又はC字状の円弧である場合、各吐出リード弁は固定部から複数の中間部及び弁部が放射状に設けられた吐出弁板であり得る。そして、各吐出ポートを閉じた状態で平面視した場合、各中間部は長辺が長手方向の先端側に延びる長方形をなし、弁部の外縁は、中間部の短辺を直径とし、第1溝部と同心の半円弧であり得る。この場合、隔壁には円形の吐出ポートが複数個形成され、複数の吐出リード弁はヒトデ状の吐出弁板によって構成される。この吐出弁板を隔壁の固定面に固定しようとする場合、製造誤差や組付誤差により、各吐出リード弁と各吐出ポートとが周方向で整合し難いが、本発明によれば、各吐出ポートの閉鎖と、本発明の作用効果とを確実に発揮できる。なぜなら、この場合、確実に弁部が弁座面と当接して吐出ポートの閉鎖を行うよう、弁部における長手方向と直交する方向の直径を弁座面の直径より大きくすることが可能である。そして、弁座面については、先端側の部分である受け部を容易に他の部分より径方向に大きく形成することが可能である。
[0046]
 このような弁座面を構成する場合、吐出ポートの中心から受け部の周方向一端に向けて引く線と、吐出ポートの中心から受け部の周方向他端に向けて引く線とがなす角度は80°以内であることが好ましい。

図面の簡単な説明

[0047]
[図1] 本発明の実施例1に係る圧縮機の縦断面図。
[図2] 図1の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを開いた状態を示す要部拡大断面図。
[図3] 図1の圧縮機において、弁板と、複数の吐出リード弁が形成された吐出弁板とを抜き出して示す平面図。
[図4] 図1の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図5] 図1の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図6] 図1の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図7] 図1の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを開き始めた状態を示す要部拡大断面図。
[図8] 本発明の実施例2に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図9] 図8の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図10] 本発明の実施例3に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図11] 本発明の実施例4に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図12] 図11の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図13] 本発明の実施例5に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図14] 図13の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図15] 本発明の実施例6に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図16] 図15の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図17] 本発明の実施例7に係る圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大平面図。
[図18] 図17の圧縮機において、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。
[図19] 本発明の実施例8に係る圧縮機において、第1面、第2面及び傾斜面を含む弁座面を示す要部拡大平面図。
[図20] 図19の20-20線に沿った要部拡大断面図。
[図21] 図19の21-21線に沿った要部拡大断面図。
[図22] 本発明の実施例9に係る圧縮機において、第1面、第2面及び傾斜面を含む弁座面を示す要部拡大平面図。
[図23] 図22の23-23線に沿った要部拡大断面図。
[図24] 図22の24-24線に沿った要部拡大断面図。
[図25] 吐出リード弁に作用する密着力等を説明するための断面図。
[図26] 圧縮機の時間とボア内圧との関係を示すグラフ。
[図27] 従来の圧縮機に係り、(A)の部分は圧縮機の要部平面図、(B)及び(C)の部分は圧縮機の要部拡大断面図、(D)及び(E)の部分は油膜圧力を示すグラフ。
[図28] 従来の圧縮機に係り、吐出リード弁が吐出ポートを閉じた状態を示す要部拡大断面図。

発明を実施するための形態

[0048]
 以下、本発明を具体化した実施例1~9を図面を参照しつつ説明する。
[0049]
 (実施例1)
 実施例1の圧縮機は容量可変型斜板式圧縮機である。この圧縮機は、図1に示すように、複数個のシリンダボア1aを有するシリンダブロック1を備える。複数個のシリンダボア1aは同心円状に互いに等角度間隔で位置するとともに互いに平行に延びる。シリンダブロック1は、前方に位置するフロントハウジング3と後方に位置するリヤハウジング5とに挟持され、この状態で複数本のボルト7によって締結されている。シリンダブロック1とフロントハウジング3とによって内部にクランク室9が形成されている。リヤハウジング5には吸入室5aと吐出室5bとが形成されている。
[0050]
 フロントハウジング3には軸孔3aが形成され、シリンダブロック1には軸孔1bが形成されている。軸孔3a、1bには軸封装置9a及びラジアル軸受9b、9cを介して駆動軸11が回転可能に支承されている。駆動軸11には図示しないプーリ又は電磁クラッチが設けられており、プーリ又は電磁クラッチのプーリには車両のエンジンによって駆動される図示しないベルトが巻き掛けられている。
[0051]
 クランク室9内には、駆動軸11が圧入されたラグプレート13が配置され、ラグプレート13とフロントハウジング3との間にはスラスト軸受15が設けられている。また、駆動軸11はクランク室9内に配置された斜板17に挿通されて、同斜板17を支持している。ラグプレート13と斜板17とは、斜板17を傾角変動可能に支持するリンク機構19によって連結されている。
[0052]
 各シリンダボア1a内にはピストン21が往復動可能に収納されている。シリンダブロック1とリヤハウジング5との間には弁ユニット23が設けられている。この弁ユニット23は、図2に拡大して示すように、シリンダブロック1の後端面と当接される吸入弁板25と、吸入弁板25と当接される弁板27と、弁板27と当接される吐出弁板29と、吐出弁板29と当接されるリテーナ板31とを備える。リテーナ板31はガスケットを兼ねている。これら吸入弁板25、弁板27、吐出弁板29及びリテーナ板31がこの順で積層されることにより弁ユニット23が構成されている。
[0053]
 図1に示すように、斜板17と各ピストン21との間には前後で対をなすシュー33a、33bが設けられており、各対のシュー33a、33bによって斜板17の揺動運動が各ピストン21の往復動に変換される。
[0054]
 クランク室9と吸入室5aとは抽気通路35aによって接続されており、クランク室9と吐出室5bとは図示しない給気通路によって接続されている。給気通路には図示しない容量制御弁が設けられている。この容量制御弁は、吸入圧力に応じて給気通路の開度を変更できるように構成されている。吐出室5bには配管によって凝縮器が接続され、凝縮器は膨張弁を介して蒸発器に配管によって接続され、蒸発器は配管によって圧縮機の吸入室5aに接続されている。シリンダボア1a、ピストン21及び弁ユニット23によって各圧縮室24が形成されている。
[0055]
 弁板27、吐出弁板29及びリテーナ板31には、吸入室5aと各圧縮室24とを連通させる吸入ポート23aが複数形成されている。吸入弁板25には、各吸入ポート23aを開閉する吸入リード弁25aが複数形成されている。
[0056]
 図2~5に示すように、吸入弁板25及び弁板27には、各圧縮室24と吐出室5bとを連通させる吐出ポート23bが複数形成されている。吐出弁板29には、各吐出ポート23bを開閉する吐出リード弁29aが複数形成されている。リテーナ板31には、各吐出リード弁29aのリフト長を規制するリテーナ31aが形成されている。本実施例では、吐出弁板29は、図3に示すように、円形部分と、その円形部分から半径方向外側に放射状に延びる複数の延出部分とを備えており、各延出部分が吐出ポート23bを開閉する吐出リード弁29aを形成している。
[0057]
 図2~5に示すように、吐出ポート23bは平面視で円形であり、吐出室5bに対峙する側の弁板27の面である固定面27fには、吐出ポート23bの全周を囲う円環状の第1溝部である環状溝27aが凹設されている。環状溝27aの外周縁は吐出ポート23bと同心である。固定面27fにおいて、吐出ポート23bと環状溝27aとに挟まれた円環状の領域は、環状溝27aより外側の固定面27fの部位と面一の弁座面(めがね部ともいう)27bとなっている。この圧縮機においては、吸入弁板25及び弁板27が隔壁である。
[0058]
 吐出リード弁29aは、弁板27の固定面27fに固定された固定部291aと、固定部291aから各長手方向D1に沿って延びてリフト可能な6個の中間部292aと、各中間部292aから各長手方向D1に沿って延びて各吐出ポート23bを開閉する6個の弁部293aとを備える。本実施例では、各長手方向D1は、固定面27fと平行、かつ駆動軸11の半径方向外側に延びる。すなわち、長手方向D1は各吐出リード弁29aの基端から先端に向かう方向である。
[0059]
 図4に示すように、中間部292a及び弁部293aを平面視した場合、中間部292aは長辺が長手方向D1の先端側に延びる長方形をなしている。弁部293aにおける長手方向D1の先端側を向く外縁293eは、中間部292aの短辺を直径とし、吐出ポート23b及び環状溝27aと同心の半円弧とされている。図4において、外縁293eの範囲は、両矢線P1で示す範囲である。つまり、吐出ポート23bの中心Oから外縁293eの一端に向けて引く線と、中心Oから外縁293eの他端に向けて引く線とがなす角度は、180°である。弁部293aにおける長手方向D1と直交する方向の直径は弁座面27bの長手方向D1の直径より大きい。
[0060]
 そして、弁座面27bのうち、長手方向D1の先端側の部分が受け部271とされている。受け部271は、弁座面27bにおける他の部分より長手方向D1の先端側に膨出、言い換えれば、弁座面27bにおける他の部分よりも吐出ポート23bの径方向外側へ膨出している。すなわち、受け部271は、吐出ポート23bの半径方向に沿った寸法について、受け部271以外の部分より大きい寸法を有している。これにより、受け部271は、吐出ポート23bの周方向に沿った単位長さあたりの面積について、弁座面27bにおける受け部271以外の部分より大きい面積を有している。環状溝27aの径方向内側の縁部のうち、受け部271の径方向外側の縁部に一致する縁部を、内縁271eとする。内縁271eの範囲は、両矢線P2で示す範囲である。受け部271の周方向範囲、つまり、吐出ポート23bの中心Oから受け部271の周方向一端に向けて引く線と、中心Oから受け部271の周方向他端に向けて引く線とがなす角度は、80°以内とすることが好ましい。弁部293aが吐出ポート23bを閉じた状態では、外縁293eの中央部分が内縁271eと一致しており、外縁293eの中央部分は環状溝27a側にはみ出さない。すなわち、吐出ポート23bを閉じた状態の弁部293aを平面視した場合、弁部293aは長手方向において環状溝27aを塞がない先端部を有している。
[0061]
 図2~5に示すように、固定面27fには、吐出ポート23bに対して長手方向D1の基端側に位置するとともに中間部292aをその幅方向に跨いで延びる第2溝部27cが凹設されている。図4に示すように、第2溝部27cを平面視した場合、第2溝部27cの形状は、長手方向D1に直交する細長い長円形である。第2溝部27cは環状溝27aよりも深く形成されている。
[0062]
 以上のように構成された圧縮機では、駆動軸11が回転駆動されることにより、ラグプレート13及び斜板17が駆動軸11と同期回転し、斜板17の傾斜角に応じたストロークで各ピストン21が各シリンダボア1a内を往復動する。このため、吸入室5a内の冷媒ガスは、各圧縮室24に吸入されて圧縮され、吐出室5bに吐出される。圧縮機が圧縮作用を行う冷媒ガスにはミスト状の潤滑油が含まれている。この潤滑油は、各ピストン21、各シュー33a、33b及び斜板17等の摺動部分に介在してそれらの摩耗を抑制する。また、潤滑油は、環状溝27a及び第2溝部27c内にも溜まる。
[0063]
 この間、図2に示すように、吐出室5b内の圧力と圧縮室24内の圧力との差により、吐出リード弁29aが中間部292aで弾性変形し、弁部293aで吐出ポート23bを開く。図5に示すように、圧力差が中間部292aの密着力に打ち勝つまでは弁部293aは吐出ポート23bを開かない。
[0064]
 ここで、上述した構成である実施例1の圧縮機では、弁部293aの外縁293eの中央部分(先端側部分)が環状溝27a側にはみ出さない。このため、図6に拡大して示すように、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを閉じた状態において、弁部293aの外縁293eは、環状溝27aに溜まった潤滑油40とは接触し難い。
[0065]
 この圧縮機では、図7に示すように、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを開き始めると、まず、弁座面27bと、弁部293aの外縁293eとが離反して隙間が形成される。この際、環状溝27aに溜まった潤滑油40は、弁部293aの外縁293eに接触し難いので、外縁293eを伝ってその隙間に流れ込みにくい。その結果、弁座面27bと弁部293aの外縁293e側の部位との間への潤滑油40の供給が絶たれ、逆スクイーズ作用に起因する負圧が弱まり、弁座面27bと弁部293aの外縁293e側の部位との間における潤滑油40の密着力(図7において、矢印S1で示す。)が低減する。このため、弁座面27bと、弁部293aの外縁293e側の部位とが離間するタイミングを早めることができる。
[0066]
 このため、吐出リード弁29aの開き遅れを抑制できる。この現象は、発明者らが吐出リード弁29a及び吐出ポート23bの可視化モデルを製作して高速度ビデオカメラで観察した結果、確認されている。こうして、この圧縮機では、冷媒ガスの過圧縮が生じ難くなる。
[0067]
 また、この圧縮機では、図6に示すように、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを閉じる瞬間、弁部293aが弁座面27bと衝突する。この際、弁部293aでは、弁座面27bとの衝突が中間部292a寄りの部位から始まり、先端側に向かって応力波が左右の縁に沿って伝播される。しかし、この圧縮機では、外縁293eの中央部分が環状溝27a側にはみ出さないように、受け部271が弁座面27bにおける受け部271以外の部分より長手方向D1の先端側に膨出している。そのため、弁部293aと受け部271との衝突時に受け部271上の潤滑油によるスクイーズ効果が増え、応力波が減衰しやすい。よって、衝突力を緩和して弁部293aに小さな応力しか作用せず、弁部293aの先端に大きな応力が生じ難い。
[0068]
 したがって、この圧縮機は、動力損失をより低減できるとともに、より優れた耐久性を発揮できる。
[0069]
 また、この圧縮機では、吐出リード弁29aの開き遅れを抑制することにより吐出脈動を小さくできるので、圧縮機の静粛性を向上させることもできる。さらに、この圧縮機では、圧縮室24内のピーク圧力を低減できるので、最大圧縮荷重が低減され、スラスト軸受15、シュー33a、33bとピストン21との接触面、シュー33a、33bと斜板17との摺動面等の信頼性が増す。
[0070]
 また、この圧縮機においては、図4に示すように、固定面27fに環状溝27aが凹設されている。このため、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを閉じた状態において、中間部292aと、環状溝27aの円弧部分27g(図4に示す)とが広い範囲で重なる。このため、この重なる面積の分だけ、固定面27fと中間部292aとが密着する面積が減る。このため、吐出リード弁29aの開き遅れを低減できる。
[0071]
 さらに、この圧縮機においては、固定面27fに第2溝部27cが凹設されている。このため、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを閉じた状態において、中間部292aに異物が噛み込まれるのが防止される。
[0072]
 また、この圧縮機においては、中間部292a及び弁部293aを平面視した場合、中間部292aは長辺が長手方向D1の先端側に延びる長方形をなしている。弁部293aの外縁293eは、中間部292aの短辺を直径とし、環状溝27aと同心の半円弧とされている。吐出リード弁29aをこのように単純な形状としているので、この圧縮機は製造コストの低廉化を図ることができる。
[0073]
 さらに、この圧縮機では、吸入弁板25及び弁板27に円形の吐出ポート23bが複数個形成され、複数の吐出リード弁29aはヒトデ状の吐出弁板29に設けられている。この吐出弁板29を弁板27の固定面27fに固定しようとする場合、製造誤差や組付誤差により、各吐出リード弁29aと各吐出ポート23bとが周方向で整合し難い。しかし、この圧縮機では、長手方向D1と直交する方向において、弁部293aの直径が弁座面27bの直径より大きい。また、弁座面27bについては、先端側の部分である受け部271を他の部分より径方向に大きく形成している。このため、この圧縮機では、確実に弁部293aが弁座面27bと当接して吐出ポート23bの閉鎖を行うことが可能である。
[0074]
 (実施例2)
 実施例2の圧縮機においては、図8及び図9に示すように、実施例1の圧縮機に連通溝301が追加されている。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。このため、同一の構成については同一の符号を付して、説明を省略又は簡略する。
[0075]
 連通溝301は、固定面27fに形成されて、環状溝27aと第2溝部27cとを連通させている。図8に示すように、吐出ポート23bを閉じた状態の吐出リード弁29aを平面視した場合、連通溝301は、中間部292aよりも狭い幅を有し、中間部292aの幅方向中央を長手方向D1に沿って延びている。環状溝27a、第2溝部27c及び連通溝301は同一の深さを有する。
[0076]
 固定面27fにおける連通溝301以外の部分は、吐出リード弁29aと当接する当接部302a、302bとなっている。当接部302a、302bは、固定面27fにおいて、連通溝301の幅方向両側に位置し、かつ吐出ポート23bを閉じた状態の吐出リード弁29aを平面視した場合、中間部292aと重なっている。本実施例では、連通溝301の幅は、中間部292aの幅に対して50%から75%程度としており、当接部302a、302bが中間部292aを確実に支持できる。
[0077]
 この圧縮機では、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを開き始めると、冷媒ガス及び潤滑油からなる混相の噴流の一部が環状溝27aに流入する。吐出ポート23bがさらに開くと、全方位に噴流が噴出されるが、中間部292aに向かう噴流は、連通溝301を介して、第2溝部27cに導かれる。このため、その重なる範囲(円弧部分27g)に溜まった潤滑油を吹き飛ばすことができる。
[0078]
 そして、噴流は、連通溝301から第2溝部27cに到達すると、中間部292aを跨ぐ第2溝部27cに沿って、吐出リード弁29aの幅方向外側に吐出される。このため、固定面27fと中間部292aとの間に溜まった潤滑油や、第2溝部27cに溜まった潤滑油をも吹き飛ばすことができる。また、連通溝301の分だけ固定面27fと中間部292aとが密着する面積が減る。このため、この圧縮機は、固定面27fと中間部292aとが離間するタイミングを一層早めることができ、その結果として、本発明の利点をより確実に奏することができる。他の利点は実施例1と同様である。
[0079]
 (実施例3)
 実施例3の圧縮機において、図10に示すように、吐出ポート23bを閉じた状態の弁部293aを平面視した場合、弁部293aにおける長手方向D1の先端側を向く外縁293eは、受け部271の径方向外側の縁部に一致する環状溝27aの内縁271eに対して、長手方向D1において基端側に位置している。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0080]
 このような構成である実施例3の圧縮機も、実施例1の圧縮機の同様の利点を有する。
[0081]
 (実施例4)
 実施例4の圧縮機において、図11及び図12に示すように、弁座面27bのうち、長手方向D1の先端側の部分が受け部271とされているとともに、長手方向D1の根元側の部分が受け部272とされている。2つの受け部271、272は、弁座面27bにおける他の部分より長手方向D1の先端側及び基端側に膨出している。これにより、受け部271、272は、吐出ポート23bの周方向に沿った単位長さあたりの面積について、弁座面27bにおける他の部分より大きい面積を有している。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0082]
 この圧縮機では、吐出リード弁29aの中間部292aが受け部272と衝突する際、大きな受け部272によって中間部292aに小さな応力しか作用しない。このため、吐出リード弁29aの損傷をより有効に防止でき、優れた耐久性を発揮することが可能である。他の利点は実施例1と同様である。
[0083]
 (実施例5)
 実施例5の圧縮機において、図13及び図14に示すように、固定面27fに吐出ポート23bの基端側の部分及び左右の部分を囲う平面視C字形状の第1溝部27pが凹設されている。このため、固定面27fにおいて、長手方向D1の先端側の部分が受け部273とされている。すなわち、受け部273は、弁座面27bにおける他の部分より長手方向D1の先端側に膨出して、固定面27fに連続している。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0084]
 この圧縮機では、平面視C字形状の第1溝部27pにおける対向する両端の間隔を広げることにより、受け部273を大きく形成できる。吐出リード弁29aの弁部293aが受け部273と衝突する際、その大きな受け部273上の潤滑油が衝突力を確実に緩和できる。そのため、弁部293aに小さな応力しか作用せず、弁部293aの先端に大きな応力が生じ難い。その結果、この圧縮機においても、吐出リード弁29aの損傷を有効に防止でき、優れた耐久性を確実に発揮することができる。他の利点は実施例1と同様である。
[0085]
 (実施例6)
 実施例6の圧縮機において、図15及び図16に示すように、固定面27fに吐出ポート23bの先端側の部分及び左右の部分を囲う平面視逆C字形状の第1溝部27qが凹設されている。このため、固定面27fにおいて、長手方向D1の基端側の部分が受け部274とされている。すなわち、受け部274は、弁座面27bにおける他の部分より長手方向D1の基端側に膨出して、固定面27fに連続している。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0086]
 この圧縮機では、吐出リード弁29aの中間部292aが受け部274と衝突する際、大きな受け部274によって中間部292aに小さな応力しか作用しない。このため、この圧縮機においても、吐出リード弁29aの損傷を有効に防止でき、優れた耐久性を発揮することが可能である。他の利点は実施例1と同様である。
[0087]
 (実施例7)
 実施例7の圧縮機において、図17及び図18に示すように、固定面27fに吐出ポート23bの左右を囲う円弧形状の第1溝部27rが凹設されている。このため、固定面27fにおいて、長手方向D1の先端側の部分が受け部273とされているとともに、基端側の部分が受け部274とされている。その他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0088]
 この圧縮機では、吐出リード弁29aの中間部292aが受け部274と衝突する際、大きな受け部274によって中間部292aに小さな応力しか作用しない。また、弁部293aが受け部273と衝突する際も、大きな受け部273によって弁部293aに小さな応力しか作用しない。このため、この圧縮機においても、吐出リード弁29aの損傷をより有効に防止でき、優れた耐久性を発揮することが可能である。他の利点は実施例1と同様である。
[0089]
 (実施例8)
 図13及び図14に示すように、実施例5の圧縮機では、弁座面27b全体が第1溝部27pより外側の固定面27fと面一とされている。これに対して、実施例8の圧縮機では、図19~図21に示すように、弁座面827bが第1面801、第2面802及び一対の傾斜面803L、803Rを備える。第1溝部27p、第2溝部27c及び受け部273等のその他の構成は、実施例5の圧縮機と同一である。
[0090]
 図19に示すように、弁座面827bを平面視した場合、第1面801は、固定面27fにおける長手方向D1の先端側の部分である受け部273と、吐出ポート23bの先端側の部分を囲うように受け部273から延びる一対の円弧部801L、801Rとを備える。図20及び図21に示すように、受け部273と両円弧部801L、801Rとは、面一をなしている。
[0091]
 図19に示すように、第2面802は、吐出ポート23bと、第1溝部27pにおける長手方向D1の基端側の部分との間で、吐出ポート23bを円弧状に囲んでいる。第2面802の両端はそれぞれ、両円弧部801L、801Rに向かって延びている。第2面802は、図20及び図21に示すように、第1面801より低くされている。第1面801と第2面802との高低差は、弁部293aが過度に変形することなく弁座面827b全体に当接可能な程度に小さく設定されている。本実施例では、第2面802は、第1面801より20μm程度低くされている。
[0092]
 図19に示すように、両傾斜面803L、803Rはそれぞれ、第1面801の両円弧部801L、801Rと第2面802との間に位置している。両傾斜面803L、803Rにおける長手方向D1の基端側の部分はそれぞれ第2面802と接続され、両傾斜面803L、803Rにおける長手方向D1の先端側はそれぞれ両円弧部801L、801Rと接続されている。図20及び図21に示すように、両傾斜面803L、803Rはそれぞれ、第2面802から両円弧部801L、801Rまでなだらかに傾斜し、徐々に高さが変位している。
[0093]
 図19に示すように、長手方向D1に沿った中心線C1を仮想し、図19の紙面における中心線C1より上側を左側とし、中心線C1より下側を右側とする。そして、吐出ポート23bの中心Oと、左の傾斜面803Lの基端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をL1とする。また、中心Oと、左の傾斜面803Lの先端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をL2とする。さらに、中心Oと、右の傾斜面803Rの基端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をR1とする。また、中心Oと、右の傾斜面803Rの先端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をR2とする。そうすると、距離L1は距離R1より短くされ、距離L2も距離R2より短くされている。すなわち、弁座面827bは、中心線C1の左右で非対称とされている。
[0094]
 この圧縮機では、第2面802が第1面801より低い。これにより、弁座面27b全体が第1溝部27pより外側の固定面27fと面一をなす実施例5の圧縮機と比較して、吐出リード弁29aが吐出ポート23bを閉じる瞬間、弁部293aと第2面802との衝突が始まるタイミングを遅らせることができる。このため、弁部293aと第2面802との衝突による応力波が第1面801に形成された受け部273に伝搬するタイミングも遅らせることができる。また、弁部293aの基端側の部分が第2面802及び両傾斜面803L、803Rに沿って撓み、基端側から徐々に吐出ポート23bを閉じることにより、弁部293aの先端が受け部273に衝突する際の衝撃を緩和することができる。さらに、この圧縮機では、両傾斜面803L、803Rが第2面802から第1面801まで徐々に高さが変位することにより、弁部293aと第2面802との衝突による応力波が両傾斜面803L、803Rを通過する際に増幅され難い。これらにより、この圧縮機では、弁部293aの先端に大きな応力が一層生じ難い。
[0095]
 さらに、この圧縮機では、弁座面827bが中心線C1の左右で非対称とされている。これにより、弁部293aと第2面802との衝突による応力波が先端側に向かって伝播される際、第2面802から左の傾斜面803L及び円弧部801Lに沿って伝搬される応力波と、第2面802から右の傾斜面803R及び円弧部801Rに沿って伝搬される応力波との位相がずれ、第1面801に形成された受け部273に伝搬する。その結果、位相がずれた応力波同士が受け部273で合流して打ち消し合うので、弁部293aの先端に大きな応力がより一層生じ難い。その結果、この圧縮機は、吐出リード弁29aの損傷を一層有効に防止でき、優れた耐久性をより確実に発揮することができる。他の利点は実施例1、5と同様である。
[0096]
 (実施例9)
 図4及び図5に示すように、実施例1の圧縮機では、弁座面27b全体が第1溝部27aより外側の固定面27fと面一とされている。これに対して、実施例9の圧縮機では、図22~図24に示すように、弁座面927bが第1面901、第2面902及び一対の傾斜面903L、903Rを備える。第1溝部27a、第2溝部27c及び受け部271等のその他の構成は、実施例1の圧縮機と同一である。
[0097]
 図22に示すように、弁座面927bを平面視した場合、第1面901は、吐出ポート23bと、第1溝部27aにおける長手方向D1の先端側の部分との間に位置する。第1面901は、長手方向D1の先端側に膨出する受け部271と、吐出ポート23bの先端側の部分を囲うように受け部271から延びる一対の円弧部901L、901Rとを備える。図23及び図24に示すように、受け部271と両円弧部901L、901Rとは、面一をなしている。
[0098]
 第2面902は、実施例8の第2面802と同様の構成であるので説明は簡略する。図22に示すように、第2面902は、吐出ポート23bと、第1溝部27aにおける長手方向D1の基端側の部分との間で、吐出ポート23bを円弧状に囲んでいる。第2面902は、図23及び図24に示すように、第1面901より低くされている。
[0099]
 両傾斜面903L、903Rは、実施例8の両傾斜面803L、803Rと同様の構成であるので説明は簡略する。図22~24に示すように、両傾斜面903L、903Rはそれぞれ、第1面901の両円弧部901L、901Rと第2面902との間に位置し、第2面902から両円弧部901L、901Rまで徐々に高さが変位している。
[0100]
 図22に示すように、吐出ポート23bの中心Oと、左の傾斜面903Lの基端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をL3とする。また、中心Oと、左の傾斜面903Lの先端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をL4とする。さらに、中心Oと、右の傾斜面903Rの基端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をR3とする。また、中心Oと、右の傾斜面903Rの先端側の端部との間の長手方向D1に沿う距離をR4とする。そうすると、距離L3は距離R3より短くされ、距離L4も距離R4より短くされている。すなわち、弁座面927bも、実施例8の弁座面827bと同様に、中心線C1の左右で非対称とされている。
[0101]
 このような構成である実施例9の圧縮機も、実施例8の圧縮機の同様の利点を有する。
[0102]
 以上において、本発明を実施例1~9に即して説明したが、本発明は上記実施例1~9に制限されるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更して適用できることはいうまでもない。
[0103]
 例えば、実施例1では第2溝部27cを環状溝27aより深く形成し、実施例2では環状溝27a、第2溝部27c及び連通溝301を同一の深さで形成したが、これらの深さはそれらに限定されるものではない。
[0104]
 また、実施例2における連通溝301と同様の連通溝を実施例8、9の圧縮機における第1溝部27p、27aと第2溝部27cとの間に凹設して、第1溝部27p、27aと第2溝部27cとを連通させてもよい。
[0105]
 また、実施例8において、距離L1及び距離R1を等しくし、距離L2及び距離R2を等しくすることにより、弁座面827bが中心線C1の左右で対称となるが、このような構成も本発明に含まれる。同様に、実施例9において、距離L3及び距離R3を等しくし、距離L4及び距離R4を等しくする構成も本発明に含まれる。
[0106]
 本発明は車両用空調装置に好適に利用可能である。

請求の範囲

[請求項1]
 吐出室と、
 圧縮室と、
 吐出室と圧縮室との間に設けられるとともに、吐出室に対峙する固定面を有する隔壁であって、該隔壁は吐出室と圧縮室とを連通可能な吐出ポートを有する、前記隔壁と、
 長手方向に沿って延びる長さと、先端と、基端と、を有する吐出リード弁であって、該吐出リード弁は、前記基端に位置して前記固定面に固定された固定部と、該固定部から前記長手方向に沿って前記先端に向かって延びるとともに前記固定面に対してリフト可能な中間部と、該中間部から前記長手方向に沿って前記先端に向かってさらに延びるとともに前記吐出ポートを開閉可能な弁部と、を含む、前記吐出リード弁と、
を備え、
 前記固定面は、前記吐出ポートを取り巻くように延びる第1溝部と、前記吐出ポート及び前記第1溝部の間に位置する弁座面とを有し、前記弁部は前記吐出ポートを閉じるべく前記弁座面に当接可能であり、前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記第1溝部は前記中間部と重なる範囲まで延在しており、
 前記吐出ポートを閉じた状態の前記弁部を平面視した場合、前記弁部の前記長手方向における先端側の部位は前記第1溝部を塞がないように形成されており、
 前記弁座面は、前記長手方向において前記先端側及び基端側の少なくとも一方に位置する受け部を有し、該受け部は前記弁座面における他の部分より前記長手方向において前記先端側及び前記基端側の少なくとも一方に膨出する、圧縮機。
[請求項2]
 前記弁座面は、前記長手方向において前記吐出リード弁の先端側に位置するとともに前記第1溝部より外側の前記固定面の部位と面一をなす第1面と、前記長手方向において前記吐出リード弁の基端側に位置するとともに第1面より低い高さを有する第2面と、第1面と第2面との間に位置し、第2面から第1面まで徐々に変位する高さを有する傾斜面と、を含み、
 前記受け部は、第1面に形成されている請求項1に記載の圧縮機。
[請求項3]
 前記弁座面は、前記長手方向に沿った中心線を仮想した場合、該中心線の左右で非対称である請求項2に記載の圧縮機。
[請求項4]
 前記第1溝部は、前記吐出ポートを周方向に囲む環状溝である請求項1乃至3のいずれか1項に記載の圧縮機。
[請求項5]
 前記第1溝部は、前記長手方向における先端側の部分を除いて前記吐出ポートを周方向に囲むC字形状をなす請求項1乃至3のいずれか1項に記載の圧縮機。
[請求項6]
 前記固定面は、前記吐出ポートに対して前記長手方向の基端側に位置する第2溝を有し、該第2溝は、前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記中間部をその幅方向に跨いで延びる請求項1乃至5のいずれか1項に記載の圧縮機。
[請求項7]
 前記固定面は、前記吐出ポートを閉じた状態の前記吐出リード弁を平面視した場合、前記中間部と重なる範囲に位置するとともに前記長手方向に沿って延びて前記第1溝部と前記第2溝部とを連通させる連通溝を有する請求項6に記載の圧縮機。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]

[ 図 15]

[ 図 16]

[ 図 17]

[ 図 18]

[ 図 19]

[ 図 20]

[ 図 21]

[ 図 22]

[ 図 23]

[ 図 24]

[ 図 25]

[ 図 26]

[ 図 27]

[ 図 28]