国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125477) 磁気記録媒体ガラス基板用ガラスブランクの製造方法、磁気記録媒体ガラス基板の製造方法および磁気記録媒体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125477 国際出願番号: PCT/JP2011/056745
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 22.03.2011
IPC:
C03B 11/08 (2006.01) ,C03C 3/078 (2006.01) ,C03C 3/085 (2006.01) ,C03C 3/087 (2006.01) ,C03C 3/095 (2006.01) ,C03C 3/097 (2006.01) ,G11B 5/84 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
11
ガラスのプレス成形
06
プランジャーまたは型の構造
08
中実品製造用,例.レンズ
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
078
二価金属の酸化物,例.亜鉛の酸化物,を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
085
二価金属の酸化物を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
085
二価金属の酸化物を含むもの
087
酸化カルシウムを含むもの,例.通常の板ガラスまたは容器ガラス
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
095
希土類を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
097
りん,ニオブまたはタンタルを含むもの
G 物理学
11
情報記憶
B
記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5
記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
84
記録担体の製造に特に適合する方法または装置
出願人:
HOYA株式会社 HOYA CORPORATION [JP/JP]; 東京都新宿区中落合2丁目7番5号 7-5, Naka-Ochiai 2-Chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1610032, JP (AllExceptUS)
大澤 誠 OSAWA, Makoto [JP/JP]; JP (UsOnly)
村上 明 MURAKAMI, Akira [JP/JP]; JP (UsOnly)
杉山 伸博 SUGIYAMA, Nobuhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
佐藤 崇 SATOU, Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
松本 奈緒美 MATSUMOTO, Naomi [JP/JP]; JP (UsOnly)
蜂谷 洋一 HACHITANI, Yoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
越阪部 基延 OSAKABE, Kinobu [JP/JP]; JP (UsOnly)
磯野 英樹 ISONO, Hideki [JP/JP]; JP (UsOnly)
谷野 秀和 TANINO, Hidekazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
本橋 孝朗 MOTOHASHI, Takao [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
大澤 誠 OSAWA, Makoto; JP
村上 明 MURAKAMI, Akira; JP
杉山 伸博 SUGIYAMA, Nobuhiro; JP
佐藤 崇 SATOU, Takashi; JP
松本 奈緒美 MATSUMOTO, Naomi; JP
蜂谷 洋一 HACHITANI, Yoichi; JP
越阪部 基延 OSAKABE, Kinobu; JP
磯野 英樹 ISONO, Hideki; JP
谷野 秀和 TANINO, Hidekazu; JP
本橋 孝朗 MOTOHASHI, Takao; JP
代理人:
アイアット国際特許業務法人 IAT WORLD PATENT LAW FIRM; 東京都中野区本町4丁目44-18ヒューリック中野ビル7階 7th Floor, HULIC Nakano Bldg. 44-18, Honcho 4-chome, Nakano-ku, Tokyo 1640012, JP
優先権情報:
2010-08377831.03.2010JP
2010-22596605.10.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD OF MANUFACTURING GLASS BLANK FOR MAGNETIC RECORDING MEDIUM GLASS SUBSTRATE, METHOD OF MANUFACTURING MAGNETIC RECORDING MEDIUM GLASS SUBSTRATE, AND METHOD OF MANUFACTURING MAGNETIC RECORDING MEDIUM
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE VERRE BLANC POUR SUBSTRAT DE VERRE POUR SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE SUBSTRAT DE VERRE POUR SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DU SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE
(JA) 磁気記録媒体ガラス基板用ガラスブランクの製造方法、磁気記録媒体ガラス基板の製造方法および磁気記録媒体の製造方法
要約:
(EN) The disclosed methods make it possible to obtain a magnetic recording medium glass substrate with excellent heat resistance by means of postprocessing, and of obtaining a glass blank with few crack defects, excellent plate thickness deviation, and excellent flatness. In the method of manufacturing glass blanks for magnetic recording medium glass substrates, a glass blank is manufactured by a process involving a press forming step in which a falling lump of molten glass is press-formed by a pair of press forming molds arranged opposite each other in the direction perpendicular to the direction in which said molten glass lump falls. The glass transition temperature of the glass material configuring the molten glass lump is 600C or greater, and when the molten glass lump is completely pressed and spread out between the press forming surfaces of the pair of press forming molds and formed into a glass plate by carrying out the press forming step, at least that region of the press forming surface of the pair of press forming molds which is in contact with the glass plate is a substantially flat surface. Further disclosed are a method of manufacturing magnetic recording medium glass substrate and a method of manufacturing magnetic recording medium which use the aforementioned method of manufacturing glass blanks for magnetic recording medium glass substrates.
(FR) L'invention concerne des procédés qui rendent possible l'obtention d'un substrat de verre pour support d'enregistrement magnétique avec une excellente résistance thermique au moyen de post-traitement, et l'obtention d'un verre blanc avec peu de défauts de fissure, un excellent écart d'épaisseur de la plaque et une excellente planéité. Dans le procédé de fabrication des verres blancs pour substrats de verre pour support d'enregistrement magnétique, un verre blanc est fabriqué par un procédé impliquant une étape de formation d'une presse dans laquelle une motte de verre fondu qui tombe est formée par pression par une paire de moules formant une presse et disposés à l'opposé l'un de l'autre dans la direction perpendiculaire à la direction dans laquelle la motte de verre fondu tombe. La température de transition vitreuse du matériau de verre configurant la motte de verre fondu est de 600 °C ou plus, et quand la motte de verre fondu est complètement pressée et étalée entre les surfaces formant la presse de la paire de moules formant la presse et transformée en une plaque de verre en effectuant l'étape de formation de la presse, au moins cette région de la surface formant la presse de la paire de moules formant la presse qui est en contact avec la plaque de verre est une surface sensiblement plate. L'invention concerne encore un procédé de fabrication de substrat de verre pour support d'enregistrement magnétique et un procédé de fabrication de support d'enregistrement magnétique qui utilise le procédé ci-avant mentionné de fabrication de verre blanc pour substrats de verre pour support d'enregistrement magnétique.
(JA)  後加工により耐熱性に優れた磁気記録媒体ガラス基板を得ることができ、板厚偏差および平坦度に優れ、かつ、割れ欠陥も少ないガラスブランクを得ること。 落下中の溶融ガラス塊を、当該溶融ガラス塊の落下方向に対して直交する方向に対向配置された一対のプレス成形型によりプレス成形するプレス成形工程、を経てガラスブランクを製造し、溶融ガラス塊を構成するガラス材料のガラス転移温度が600℃以上であり、プレス成形工程の実施により、溶融ガラス塊が一対のプレス成形型のプレス成形面間で完全に押し広げられて板状ガラスに成形された際に、一対のプレス成形型のプレス成形面の少なくとも板状ガラスと接触する領域が、略平坦な面であることを特徴とする磁気記録媒体ガラス基板用ガラスブランクの製造方法、これを用いた磁気記録媒体ガラス基板の製造方法および磁気記録媒体の製造方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2011125477SG184235CN102811957VN32646MYPI 2012003667PH1/2012/501893