国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125243) 作業遅延監視方法、作業管理装置および作業管理プログラム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125243 国際出願番号: PCT/JP2010/064778
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 31.08.2010
IPC:
G06F 9/445 (2006.01) ,G06Q 10/00 (2012.01) ,G06Q 10/06 (2012.01) ,G06Q 10/10 (2012.01) ,G06Q 50/00 (2012.01) ,G06Q 50/10 (2012.01)
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
9
プログラム制御のための装置,例.制御装置
06
プログラム記憶方式を用いるもの,すなわちプログラムを受取りそして保持するために処理装置の内部記憶装置を用いるもの
44
特別なプログラムを実行するための装置
445
プログラムローディングまたはイニシエイテイング
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
10
管理;経営
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
10
管理;経営
06
資源,ワークフロー,人員またはプロジェクト管理,例.組織化,計画,スケジューリング,時間的,人的または物的資源の割り当て;事業計画;組織モデル
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
10
管理;経営
10
オフィスオートメーション,例.電子メールまたはグループウェアのコンピュータによる管理;時間管理,例.カレンダー,リマインダー,ミーティング,時間会計
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
50
特定の業種に特に適合したシステムまたは方法,例.公益事業または観光業
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
50
特定の業種に特に適合したシステムまたは方法,例.公益事業または観光業
10
サービス業
出願人:
株式会社日立製作所 HITACHI, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 6-6, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008280, JP (AllExceptUS)
飯塚 大介 IIZUKA Daisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
小田 琢也 ODA Takuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
飯塚 大介 IIZUKA Daisuke; JP
小田 琢也 ODA Takuya; JP
代理人:
磯野 道造 ISONO Michizo; 東京都千代田区平河町2丁目7番4号 砂防会館別館内 磯野国際特許商標事務所気付 c/o Isono International Patent Office, Sabo Kaikan Annex, 7-4, Hirakawa-cho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1020093, JP
優先権情報:
2010-08473201.04.2010JP
発明の名称: (EN) WORK DELAY MONITORING METHOD, WORK MANAGEMENT DEVICE AND WORK MANAGEMENT PROGRAM
(FR) PROCÉDÉ DE SURVEILLANCE DE RETARD DE TRAVAIL, DISPOSITIF DE GESTION DE TRAVAIL ET PROGRAMME DE GESTION DE TRAVAIL
(JA) 作業遅延監視方法、作業管理装置および作業管理プログラム
要約:
(EN) Disclosed are a work delay monitoring method, work management device and work management program for detecting a delay in configuration modification work of a computer system including a manual procedure and an automatic procedure without making an operator perform a special operation. From various operations of a setup tool or a setting tool operating upon a resource to be managed, events occurring corresponding to the start or completion of a manual procedure are detected, and from the detection times of the events, the actual time taken for the manual procedure is calculated. Next, from the scheduled time and the actual time of the manual procedure, the delay rate for the manual procedure up to that point in time is calculated, and from the estimated required time of the manual procedure for which the calculated delay rate has been taken into consideration and the required time of an automatic procedure, the completion time of unfinished work procedures are estimated, and it is assessed whether or not the work is likely to finish within the scheduled deadline.
(FR) L'invention porte sur un procédé de surveillance de retard de travail, sur un dispositif de gestion de travail et sur un programme de gestion de travail pour la détection d'un retard dans un travail de modification de configuration d'un système informatique comprenant une procédure manuelle et une procédure automatique sans amener un opérateur à réaliser une opération spéciale. A partir des différentes opérations d'un outil d'installation ou d'un outil de réglage fonctionnant sur une ressource à gérer, les événements survenant correspondant au commencement ou à l'achèvement d'une procédure manuelle sont détectés, et à partir des temps de détection des événements, le temps réel pris pour la procédure manuelle est calculé. Ensuite, à partir du temps programmé et du temps réel de la procédure manuelle, le taux de retard pour la procédure manuelle jusqu'à cet instant est calculé, et à partir du temps requis estimé de la procédure manuelle pour laquelle le taux de retard calculé a été pris en considération et du temps requis d'une procédure automatique, le temps d'achèvement des procédures de travail non finies est estimé, et il est évalué si le travail est ou non susceptible d'être fini dans le délai programmé.
(JA)  手動手順と自動手順とを含む計算機システムの構成変更作業の遅延を、作業者に特別な操作を行わせることなしに検出する。 管理対象リソース上で動作するセットアップツールや設定ツールの諸動作から、手動手順の開始および終了に対応して発生するイベントを検出し、それらの検出時刻からその手動手順にかかった実時間を算出する。次に、手動手順の予定時間と実時間とからその時点までの手動手順の遅延率を算出し、算出した遅延率を加味した手動手順の推定所要時間と自動手順の所要時間とから、未完了の作業手順の終了時刻を推定して、作業が予定の期限内に終わりそうか否かを判定する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130145018CN102822850IN8351/CHENP/2012