国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011125208) 内燃機関の燃焼制御装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/125208 国際出願番号: PCT/JP2010/056394
国際公開日: 13.10.2011 国際出願日: 08.04.2010
予備審査請求日: 16.07.2010
IPC:
F02D 13/02 (2006.01) ,F02D 21/08 (2006.01) ,F02D 23/00 (2006.01) ,F02D 41/04 (2006.01) ,F02D 43/00 (2006.01) ,F02D 45/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
13
吸気または排気弁の作動特性,例.タイミング,の変更による機関出力の制御
02
機関運転中のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
21
空気中のものでない酸素またはその他の燃料でない気体が供給されることを特徴とする機関の制御
06
燃焼空気に他の燃料でない気体が添加される機関に特有のもの
08
機関の排気ガスが添加されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
23
過給されることを特徴とする機関の制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
04
特定の運転状態に対応する補正の導入
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
43
2つ以上の機能,例.点火,燃料―空気の混合,再循環,過給,排気ガス処理,の結合した電気的制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
45
グループ41/00から43/00に分類されない電気的制御
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県豊田市トヨタ町1番地 1, Toyota-cho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
金子 真也 KANEKO, Naoya [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
金子 真也 KANEKO, Naoya; JP
代理人:
川口 嘉之 KAWAGUCHI, Yoshiyuki; 東京都中央区東日本橋3丁目4番10号 アクロポリス21ビル6階 Acropolis 21 Building 6th floor 4-10, Higashi Nihonbashi 3-chome Chuo-ku, Tokyo 1030004, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) COMBUSTION CONTROL DEVICE FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) DISPOSITIF DE COMMANDE DE LA COMBUSTION D'UN MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の燃焼制御装置
要約:
(EN) Disclosed is technology for stratifying EGR gas and a fuel-air mixture or stratifying EGR gas and fresh air and introducing a large amount of EGR gas even when an internal combustion engine is operating at a high load. When stratified-charge combustion is performed by introducing EGR gas, a compressor is supercharged with fresh air; a fresh air blocking valve is closed to prevent the supply of fresh air to a first intake port; and a first intake valve is opened and then a second intake valve is opened by using a variable valve mechanism.
(FR) L'invention concerne une technologie permettant de stratifier des gaz RGE et un mélange carburant-air ou de stratifier des gaz RGE et de l'air frais et permettant d'introduire une grande quantité de gaz RGE même quand un moteur à combustion interne fonctionne à charge élevée. Quand la combustion à charge stratifiée est exécutée par l'introduction de gaz RGE, un compresseur est surcomprimé avec de l'air frais ; une soupape de blocage d'air frais est fermée pour empêcher l'alimentation en air frais au niveau d'un premier orifice d'admission ; et une première soupape d'admission est ouverte puis une seconde soupape d'admission est ouverte par l'utilisation d'un mécanisme de soupapes variable.
(JA)  本発明は、内燃機関の運転状態として機関負荷が高い場合であっても、EGRガスと混合気又は新気との成層化を図ると共に、EGRガスを大量に導入可能とする技術を提供することを目的とする。本発明では、EGRガスを導入して成層燃焼させる時には、コンプレッサで新気を過給し、新気遮断弁を閉弁して第1吸気ポートに新気が流入することを阻止し、可変動弁機構で第1吸気弁を第2吸気弁に先立って開弁させ、その後第2吸気弁を開弁させる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2557300US20130042611CN102834601JPWO2011125208