国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011122475) ガラスロール及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/122475 国際出願番号: PCT/JP2011/057354
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 25.03.2011
IPC:
C03C 3/091 (2006.01) ,B65D 85/48 (2006.01) ,B65D 85/672 (2006.01) ,C03B 17/06 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
089
ほう素を含むもの
091
アルミニウムを含むもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
85
特定の物品または材料に特に適合する容器,包装要素または包装体
30
衝撃または圧力による損傷に特に鋭敏な物品用
48
ガラス板用
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
85
特定の物品または材料に特に適合する容器,包装要素または包装体
67
他のウェブまたはテープ状物質用
671
平担な渦巻形に巻かれたもの
672
芯上に巻かれたもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
17
流出,押し出しまたは成形スリットからの下方あるいは側方への引き出しまたはリップからのオーバーフローによるガラスの成形
06
板ガラスの成形
出願人:
日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐2丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi, Shiga 5208639, JP (AllExceptUS)
谷口 勝広 TANIGUCHI Katsuhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
木村 高広 KIMURA Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
梅村 博通 UMEMURA Hiromichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
谷口 勝広 TANIGUCHI Katsuhiro; JP
木村 高広 KIMURA Takahiro; JP
梅村 博通 UMEMURA Hiromichi; JP
代理人:
城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko; 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目15番26号 江原特許事務所 Ehara Patent Office, 15-26, Edobori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500002, JP
優先権情報:
2010-07617829.03.2010JP
発明の名称: (EN) GLASS ROLL AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) ROULEAU DE VERRE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ガラスロール及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a method for manufacturing a glass roll by taking up a long glass film having a thickness of 0.5-300 μm, whereby breakage of the glass film positioned at the inner layer portion of the glass roll is suppressed. The glass roll (15) is manufactured by taking up the glass film (10) into a roll, said glass film having a thickness of 0.5-300 μm, and a density less than 2.45g/cm3.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un rouleau de verre en prenant un long film de verre ayant une épaisseur de 0,5 à 300 µm, ledit procédé permettant de supprimer la cassure du film de verre situé au niveau de la partie de couche interne du rouleau de verre. Le rouleau de verre (15) est fabriqué par mise en forme du film de verre (10) en un rouleau, ledit film de verre ayant une épaisseur de 0,5 à 300 µm et une masse volumique inférieure à 2,45 g/cm3.
(JA)  厚み0.5~300μmの長尺なガラスフィルムを巻き取ってガラスロールを作製した際に、ガラスロールの内層部に位置するガラスフィルムの破損を抑制することを課題として、厚みが0.5~300μmであり、密度が2.45g/cm未満のガラスフィルム10をロール状に巻き取ることによって、ガラスロール15を作製する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20110240499CN102770381