国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011122465) ポリ乳酸系フィルム又はシート、及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/122465 国際出願番号: PCT/JP2011/057322
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 25.03.2011
IPC:
C08L 67/04 (2006.01) ,B29C 43/24 (2006.01) ,B29C 43/52 (2006.01) ,B29C 47/88 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,C08K 5/10 (2006.01) ,C08L 23/26 (2006.01) ,C08L 27/18 (2006.01) ,C08L 101/16 (2006.01) ,B29L 7/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
67
主鎖にカルボン酸エステル結合を形成する反応によって得られるポリエステルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
ヒドロキシカルボン酸,例.ラクトン,より誘導されたポリエステル
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
22
不定長の物品の圧縮成形
24
カレンダー成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32
構成部品,細部または付属装置;補助操作
52
加熱または冷却
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
78
押出される材料または押出された材料の流れの加熱または冷却
88
押出された材料の流れの加熱または冷却
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
10
エステル;エーテルエステル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
26
化学的な後処理によって変性されたもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
27
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがハロゲンによって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
化学的な後処理によって変性されていないもの
12
ふっ素を含有するもの
18
テトラフルオロエテンの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
16
生物分解性高分子化合物
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
出願人:
日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP/JP]; 大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号 1-2, Shimohozumi 1-chome, Ibaraki-shi, Osaka 5678680, JP (AllExceptUS)
千田洋毅 SENDA, Hiroki [JP/JP]; JP (UsOnly)
石黒繁樹 ISHIGURO, Shigeki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
千田洋毅 SENDA, Hiroki; JP
石黒繁樹 ISHIGURO, Shigeki; JP
代理人:
後藤幸久 GOTO, Yukihisa; 大阪府大阪市北区紅梅町2番18号南森町共同ビル2階 Minamimorimachi Kyodo Bldg., 2nd Floor, 2-18, Kobai-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300038, JP
優先権情報:
2010-07866130.03.2010JP
発明の名称: (EN) POLYLACTIC ACID FILM OR SHEET AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
(FR) FILM OU FEUILLE D'ACIDE POLYLACTIQUE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ポリ乳酸系フィルム又はシート、及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a film or sheet comprising a resin composition that contains: (A) polylactic acid; (B) an acidic functional-group-modified olefin polymer that has an acidic functional group and exhibits an acid value between 10 and 70 mgKOH/g and a weight-average molecular weight between 10,000 and 80,000; (C) a tetrafluoroethylene polymer; and (D) a dicarboxylic acid ester plasticizer containing a compound represented by general formula (1). By weight, the resin composition contains at least 8 and less than 40 parts of the dicarboxylic acid ester plasticizer (D) per 100 parts of polylactic acid (A). Also disclosed is a method for manufacturing the disclosed film or sheet via a melt film formation method. The symbols in the formula are described in the specification.
(FR) L'invention porte sur un film ou une feuille comprenant une composition de résine qui contient : (A) de l'acide polylactique ; (B) un polymère oléfinique modifié par un groupe fonctionnel acide qui a un groupe fonctionnel acide et qui présente un indice d'acide compris entre 10 et 70 mg de KOH/g et une masse moléculaire moyenne en poids comprise entre 10 000 et 80 000 ; (C) un polymère du tétrafluoroéthylène ; et (D) un plastifiant ester d'acide dicarboxylique contenant un composé représenté par la formule générale (1). En poids, la composition de résine contient au moins 8 et moins de 40 parties du plastifiant ester d'acide dicarboxylique (D) pour 100 parties d'acide polylactique (A). L'invention porte également sur un procédé pour la fabrication du film ou de la feuille de la présente invention par un procédé de formation de film à l'état fondu. Les symboles dans la formule sont tels que décrits dans la description.
(JA)  ポリ乳酸(A)、酸性官能基を含み、その酸価が10~70mgKOH/gであり、かつ、重量平均分子量が10,000~80,000である、酸性官能基変性オレフィン系ポリマー(B)、テトラフルオロエチレン系ポリマー(C)、及び、下記一般式(1)で表される化合物を含むジカルボン酸エステル系可塑剤(D)を含有し、ジカルボン酸エステル系可塑剤(D)の含有量が、ポリ乳酸(A)100重量部に対し、8重量部以上40重量部未満である樹脂組成物からなるフィルム又はシート、及び溶融成膜法による該フィルム又はシートの製造方法。式中の各記号は、明細書に記載のとおりである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20120046402EP2554596CN102361935JPWO2011122465