国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011122385) 車両用駆動装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/122385 国際出願番号: PCT/JP2011/056699
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 22.03.2011
IPC:
F16H 57/00 (2012.01) ,F16H 57/08 (2006.01) ,H02K 7/08 (2006.01) ,H02K 7/116 (2006.01) ,B60K 6/365 (2007.10) ,B60K 6/40 (2007.10)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
57
伝動装置の一般的な細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
57
伝動装置の一般的な細部
08
遊星運動をする部材をもった伝動装置
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
08
軸受との構造的結合
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
10
クラッチ,制動機,歯車,プーリ,機械的始動機との結合
116
歯車をもつもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
6
相互または共通の推進のための複数の異なった原動機の配置または取付け,例.電気モータおよび内燃機関からなる混成型推進方式
20
電気モータおよび内燃機関からなる原動機,例.ハイブリッド電気自動車(HEV)
22
特にハイブリッド電気自動車(HEV)に適用される装置、要素、あるいは手段に特徴のあるもの
36
伝動装置に特徴のあるもの
365
遊星運動をする歯車を持つもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
6
相互または共通の推進のための複数の異なった原動機の配置または取付け,例.電気モータおよび内燃機関からなる混成型推進方式
20
電気モータおよび内燃機関からなる原動機,例.ハイブリッド電気自動車(HEV)
22
特にハイブリッド電気自動車(HEV)に適用される装置、要素、あるいは手段に特徴のあるもの
40
組立、または、要素の相対的配置に特徴のあるもの
出願人:
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 AISIN AW CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県安城市藤井町高根10番地 10, Takane, Fujii-cho, Anjo-shi, Aichi 4441192, JP (AllExceptUS)
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県豊田市トヨタ町1番地 1, Toyota-cho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
森 篤 MORI Atsushi [JP/JP]; JP (UsOnly)
久保 亮平 KUBO Ryohei [JP/JP]; JP (UsOnly)
新谷 浩樹 SHINTANI Hiroki [JP/JP]; JP (UsOnly)
高須 孝二 TAKASU Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
鈴木 晴久 SUZUKI Haruhisa [JP/JP]; JP (UsOnly)
西ヶ谷 雅文 NISHIGAYA Masabumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
森 篤 MORI Atsushi; JP
久保 亮平 KUBO Ryohei; JP
新谷 浩樹 SHINTANI Hiroki; JP
高須 孝二 TAKASU Koji; JP
鈴木 晴久 SUZUKI Haruhisa; JP
西ヶ谷 雅文 NISHIGAYA Masabumi; JP
代理人:
特許業務法人コスモス特許事務所 COSMOS PATENT OFFICE; 愛知県名古屋市中区錦二丁目2番22号 名古屋センタービル別館2階 Annex 2nd Floor, Nagoya Center Building, 2-22, Nishiki 2-chome, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi 4600003, JP
優先権情報:
2010-08155731.03.2010JP
発明の名称: (EN) VEHICLE DRIVE DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ENTRAÎNEMENT DE VÉHICULE
(JA) 車両用駆動装置
要約:
(EN) Disclosed is a vehicle drive device that is capable of fixing a ring gear in a speed reducing mechanism and reliably centering the ring gear, and that is capable of reliably reducing gear noise emitted from the case. The vehicle drive device has a motor generator, an intermediate wall, a speed reducing mechanism, and an output shaft disposed in this order, in which the ring gear in the aforementioned speed reducing mechanism has been fixed, wherein the aforementioned ring gear is fixed to the aforementioned intermediate wall via a ring gear flange that has been positioned and fixed to the aforementioned intermediate wall by means of a centering mechanism and a rotation preventing mechanism, the aforementioned centering mechanism is formed by the engagement of the aforementioned intermediate wall and a boss section on the aforementioned ring gear flange, and the aforementioned rotation preventing mechanism is disposed farther on the outer periphery than the aforementioned centering mechanism.
(FR) La présente invention se rapporte à un dispositif d'entraînement de véhicule qui peut fixer une couronne dentée dans un mécanisme de réduction de vitesse et centrer de façon fiable la couronne dentée, et qui peut réduire de façon fiable le bruit d'engrenage émis depuis le carter. Le dispositif d'entraînement de véhicule comporte un moteur-générateur, une paroi intermédiaire, un mécanisme de réduction de vitesse, et un arbre de sortie disposés dans cet ordre, dans lequel la couronne dentée placée dans le mécanisme de réduction de vitesse précité a été fixée, la couronne dentée précitée est fixée à la paroi intermédiaire précitée par l'intermédiaire d'une bride de couronne dentée qui a été positionnée et fixée à la paroi intermédiaire précitée à l'aide d'un mécanisme de centrage et d'un mécanisme de protection contre la rotation. Le mécanisme de centrage précité est formé par la mise en prise de la paroi intermédiaire précitée et d'une section bossage située sur la bride de couronne dentée précitée, et le mécanisme de protection contre la rotation précité est disposé plus loin sur la périphérie extérieure que le mécanisme de centrage précité.
(JA)  本願は、減速機構においてリングギヤを固定して、リングギヤの芯出しを確実に行うことができ、ケースから放出されるギヤノイズを確実に低減することができる車両用駆動装置を提供することを課題とする。そこで、本発明の一態様は、モータジェネレータ、中間壁、減速機構及び出力軸がこの順に配置され、前記減速機構のリングギヤが固定された車両用駆動装置において、前記リングギヤは、芯出し機構及び回り止め機構により前記中間壁に対し位置決めされて固定されたリングギヤフランジを介し、前記中間壁に固定され、前記芯出し機構は、前記リングギヤフランジのボス部と前記中間壁との嵌合によるものであり、前記回り止め機構は、前記芯出し機構より外周側に配置されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130008274CN102781700JPWO2011122385