国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011122341) ジフルオロ酢酸クロライドの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/122341 国際出願番号: PCT/JP2011/056186
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 16.03.2011
IPC:
C07C 51/58 (2006.01) ,C07C 29/149 (2006.01) ,C07C 31/38 (2006.01) ,C07C 53/48 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
58
カルボン酸ハロゲン化物の製造
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
29
6員芳香環に属していない炭素原子に結合している水酸基またはO―金属基をもつ化合物の製造
132
酸素含有官能基の還元によるもの
136
>C=O含有基の,例.-COOH
147
カルボン酸またその誘導体の
149
水素または水素含有ガスによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
31
非環式炭素原子に結合した水酸基またはO―金属基をもつ飽和化合物
34
ハロゲン化アルコール
38
ハロゲンとしてフッ素のみを含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
53
非環式炭素原子または水素に結合している1個のカルボキシル基をもつ飽和化合物
38
酸ハロゲン化物
46
カルボニルハライド基以外にハロゲンを含有するもの
48
ハロゲン化酢酸ハロゲン化物
出願人:
セントラル硝子株式会社 CENTRAL GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 山口県宇部市大字沖宇部5253番地 5253, Oaza Okiube, Ube-shi, Yamaguchi 7550001, JP (AllExceptUS)
岡本 正宗 OKAMOTO, Masamune; null (UsOnly)
井村 英明 IMURA, Hideaki; null (UsOnly)
高田 直門 TAKADA, Naoto; null (UsOnly)
発明者:
岡本 正宗 OKAMOTO, Masamune; null
井村 英明 IMURA, Hideaki; null
高田 直門 TAKADA, Naoto; null
代理人:
橋本 剛 HASHIMOTO, Takeshi; 東京都中央区明石町1番29号 掖済会ビル SHIGA内外国特許事務所内 c/o Shiga Patent Office Ekisaikai Bldg. 1-29, Akashi-cho Chuo-ku, Tokyo 1040044, JP
優先権情報:
2010-07463929.03.2010JP
2010-08915408.04.2010JP
2010-14371624.06.2010JP
2011-01964801.02.2011JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING DIFLUOROACETYL CHLORIDE
(FR) PROCÉDÉ POUR LA PRODUCTION DE CHLORURE DE DIFLUOROACÉTYLE
(JA) ジフルオロ酢酸クロライドの製造方法
要約:
(EN) The disclosed method for producing difluoroacetyl chloride includes a chlorinating step that brings a difluoroacetyl fluoride composition containing at least difluoroacetyl fluoride into contact with calcium chloride at a temperature at which a reaction can take place. Also, the disclosed method for producing 2,2-difluoroethyl alcohol includes a catalytic reduction step for catalytically reducing the difluoroacetyl chloride obtained by the abovementioned method. By means of these methods, it is possible to efficiently produce difluoroacetyl chloride and 2,2-difluoroethyl alcohol from difluoroacetyl fluoride.
(FR) L'invention porte sur un procédé pour la production de chlorure de difluoroacétyle comprenant une étape de chloration qui met une composition de fluorure de difluoroacétyle contenant au moins du fluorure de difluoroacétyle en contact avec du chlorure de calcium à une température à laquelle une réaction peut avoir lieu. En outre, le procédé de l'invention pour la production d'alcool 2,2-difluoroéthylique comprend une étape de réduction catalytique pour la réduction catalytique du chlorure de difluoroacétyle obtenu par le procédé susmentionné. Au moyen de ces procédés, il est possible de produire efficacement du chlorure de difluoroacétyle et de l'alcool 2,2-difluoroéthylique à partir de fluorure de difluoroacétyle.
(JA)  本発明のジフルオロ酢酸クロライドの製造方法は、少なくともジフルオロ酢酸フルオライドを含むジフルオロ酢酸フルオライド組成物を反応可能な温度において塩化カルシウムと接触させる塩素化工程を含む。また、本発明の2,2-ジフルオロエチルアルコールの製造方法は、上記方法で得られたジフルオロ酢酸クロライドを接触還元させる接触還元工程を含む。これらの方法により、ジフルオロ酢酸フルオライドから効率よくジフルオロ酢酸クロライドおよび2,2-ジフルオロエチルアルコールを製造することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2554534US20130012740CN102822134IN3184/KOLNP/2012