国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011122178) 粘着シート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/122178 国際出願番号: PCT/JP2011/053931
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 23.02.2011
IPC:
C09J 7/02 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,B32B 27/40 (2006.01) ,C08G 18/65 (2006.01) ,C09J 11/06 (2006.01) ,C09J 133/08 (2006.01) ,C09J 175/04 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
02
担体上のもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
40
ポリウレタンからなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
28
活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
65
活性水素を有する高分子量化合物を含む活性水素を有する低分子量化合物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
06
有機物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
エステルの単独重合体または共重合体
06
炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
08
アクリル酸エステルの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
出願人:
リンテック株式会社 LINTEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区本町23番23号 23-23, Honcho, Itabashi-ku, Tokyo 1730001, JP (AllExceptUS)
稲男 洋一 INAO, Youichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
樫尾 幹広 KASHIO, Mikihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
稲男 洋一 INAO, Youichi; JP
樫尾 幹広 KASHIO, Mikihiro; JP
代理人:
大谷 保 OHTANI, Tamotsu; 東京都港区虎ノ門三丁目25番2号 ブリヂストン虎ノ門ビル6階 大谷特許事務所 OHTANI PATENT OFFICE, Bridgestone Toranomon Bldg. 6F., 25-2, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2010-08141531.03.2010JP
発明の名称: (EN) ADHESIVE SHEET
(FR) FEUILLE ADHÉSIVE
(JA) 粘着シート
要約:
(EN) Disclosed is an adhesive sheet having an adhesive layer exhibiting the desired adhesive strength even when made into a film as thin as 5μm or less. The adhesive sheet has the aforementioned adhesive layer, which comprises an adhesive, on at least one face of a base material. The adhesive comprises an acrylic copolymer (A) having a crosslinkable functional group and a urethane resin (B). Said urethane resin is obtained by reacting a chain extender (b3) with an isocyanate-terminated urethane prepolymer that is obtained by reacting a diol (b1) with a polyvalent isocyanate compound (b2). The aforementioned chain extender comprises a compound (b4) having two hydroxyl groups and/or amino groups, and a compound (b5) having three or more hydroxyl groups and/or amino groups, wherein the mass percent ratio of (b4) and (b5) is such that (b4)/(b5) equals between 7/3 and 10/0.
(FR) La feuille adhésive ci-décrite est pourvue d'une couche adhésive manifestant la force d'adhérence recherchée, même quand elle est convertie en un film mince d'à peine 5 μm ou moins. La feuille adhésive comprend la couche adhésive précitée, qui contient un adhésif, sur au moins une face d'un matériau de base. L'adhésif comprend un copolymère acrylique (A) contenant un groupe fonctionnel réticulable et une résine uréthanne (B). Ladite résine uréthanne est obtenue par réaction d'un allongeur de chaîne (b3) avec un prépolymère d'uréthanne à terminaisons isocyanate, lui-même obtenu par réaction d'un diol (b1) avec un composé isocyanate polyvalent (b2). L'allongeur de chaîne précitée contient un composé (b4) contenant deux groupes hydroxyle et/ou groupes amino, et un composé (b5) ayant trois groupes hydroxyle et/ou groupes amino ou plus, le rapport en pourcentage en poids de (b4) et (b5) étant tel que (b4)/(b5) est compris entre 7/3 et 10/0.
(JA)  本発明により、5μm以下まで薄膜化した場合でも所望の粘着力を示す粘着剤層を有する粘着シートが得られる。 この粘着シートは、基材の少なくとも片面に設けられている前記粘着剤層を構成する粘着剤が(A)架橋性官能基を有するアクリル系共重合体と(B)ウレタン樹脂を含有し、該ウレタン樹脂が〔b1〕ジオールと〔b2〕多価イソシアネート化合物とを反応させて得られる末端イソシアネートウレタンプレポリマーに、〔b3〕鎖延長剤を反応させて得られるものであり、前記鎖延長剤が、〔b4〕水酸基及び/又はアミノ基を2つ有する化合物および〔b5〕水酸基及び/又はアミノ基を3つ以上有する化合物からなり、〔b4〕と〔b5〕が質量比で〔b4〕/〔b5〕=7/3~10/0の割合であることを特徴としている。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130017392CN102858898JPWO2011122178KR1020130066571