国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011121910) 溶融亜鉛系めっき鋼板の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/121910 国際出願番号: PCT/JP2011/001481
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 14.03.2011
IPC:
C23C 2/26 (2006.01) ,B21B 1/22 (2006.01) ,C23C 2/06 (2006.01) ,C23C 22/06 (2006.01) ,C23C 28/00 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
1
中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
22
長さの不定な帯または板の圧延のためのもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
22
表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
05
水溶液を使用するもの
06
pH<6の酸性水溶液を用いるもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
出願人:
JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 2-3, Uchisaiwai-cho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000011, JP (AllExceptUS)
星野 克弥 HOSHINO, Katsuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
窪田 隆広 KUBOTA, Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
多田 雅彦 TADA, Masahiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
名越 正泰 NAGOSHI, Masayasu [JP/JP]; JP (UsOnly)
谷本 亘 TANIMOTO, Wataru [JP/JP]; JP (UsOnly)
木島 秀夫 KIJIMA, Hideo [JP/JP]; JP (UsOnly)
樋貝 和彦 HIGAI, Kazuhiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
星野 克弥 HOSHINO, Katsuya; JP
窪田 隆広 KUBOTA, Takahiro; JP
多田 雅彦 TADA, Masahiko; JP
名越 正泰 NAGOSHI, Masayasu; JP
谷本 亘 TANIMOTO, Wataru; JP
木島 秀夫 KIJIMA, Hideo; JP
樋貝 和彦 HIGAI, Kazuhiko; JP
代理人:
杉村 憲司 SUGIMURA, Kenji; 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館36階 36F, Kasumigaseki Common Gate West, 3-2-1, Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2010-08087831.03.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD OF MANUFACTURE FOR MOLTEN ZINC-PLATED SHEET STEEL
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION POUR UNE TÔLE D'ACIER PLAQUÉE DE ZINC FONDU
(JA) 溶融亜鉛系めっき鋼板の製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a method of forming a zinc oxide layer which possesses excellent sliding properties even without alkali pre-processing, for a molten zinc-plated sheet steel which is not provided with alloy processing after plating and possesses a low degree of surface activity. Further, the surface formation rate of a zinc oxide layer on the surface is increased, enabling the formation a molten zinc-plated steel sheet of any thickness. The method of manufacture for zinc-plated sheet steel comprises provision of zinc plating to sheet steel, contact with an acid solution with a pH buffering action after temper rolling, and rinsing 1-60 seconds after contact, thus forming an oxide layer on the plating surface. Temper rolling comprises rolling with a dull roll with Ra of 2µm or greater to a rolling reduction of 5% or less, then rolling with a bright roll with Ra of 0.1µm or less to a rolling reduction of 3% or less, or rolling with a bright roll with Ra of 0.1µm or less to a rolling reduction of 3% or less, then rolling with a dull roll with Ra of 2µm or more to a rolling reduction of 5% or less.
(FR) L'invention porte sur un procédé de formation d'une couche d'oxyde de zinc qui possède d'excellentes propriétés de glissement même sans prétraitement par un alcali, pour une tôle d'acier plaquée de zinc fondu sur laquelle un traitement d'alliage après plaquage n'est pas appliqué et qui possède un faible degré d'activité de surface. En outre, la vitesse de formation en surface d'une couche d'oxyde de zinc sur la surface est accrue, ce qui permet la formation d'une tôle d'acier plaquée de zinc fondu de n'importe quelle épaisseur. Le procédé de fabrication pour une tôle d'acier zinguée comprend l'application d'un placage de zinc sur une tôle d'acier, la mise en contact avec une solution acide ayant un effet de tampon du pH après l'écrouissage à froid et le rinçage 1:60 secondes après la mise en contact, ce qui forme ainsi une couche d'oxyde sur la surface de placage. L'écrouissage à froid comprend le laminage avec un cylindre donne un fini terne ayant une Ra supérieure ou égale à 2 µm à une réduction de laminage inférieure ou égale à 5 %, puis le laminage avec un cylindre donnant un fini brillant ayant une Ra inférieure ou égale à 0,1 µm à une réduction de laminage inférieure ou égale à 3 %, ou le laminage avec un cylindre donnant un fini brillant ayant une Ra inférieure ou égale à 0,1 µm à une réduction de laminage inférieure ou égale à 3 %, puis le laminage avec un cylindre donnant un fini terne ayant une Ra supérieure ou égale à 2 µm à une réduction de laminage inférieure ou égale à 5 %.
(JA)  めっき後合金化処理を施さない、表面の活性度が低い溶融亜鉛めっき鋼板に対して、アルカリ前処理を行わなくても摺動特性に優れたZn系酸化物層を形成できるようにする。また、表面のZn系酸化物層の生成面積率を高め、どの厚さを厚くできる溶融亜鉛めっき鋼板を製造できるようにする。 鋼板に溶融亜鉛めっきを施し、調質圧延を施した後pH緩衝作用を有する酸性溶液に接触させ、接触終了後1~60秒保持した後に水洗することによりめっき表面に酸化物層を形成する亜鉛系めっき鋼板の製造方法において、調質圧延は、Raが2μm以上のダルロールを用いて圧下率5%以下で圧延し、次にRaが0.1μm以下のブライトロールを用いて圧下率3%以下で圧延する、又は、Raが0.1μm以下のブライトロールを用いて圧下率3%以下で圧延し、次にRaが2μm以上のダルロールを用いて圧下率5%以下で圧延する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2554707US20130086960CN102884219KR1020130026435TH136643IN2302/MUMNP/2012