国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011121768) 新規セルラーゼ遺伝子
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/121768 国際出願番号: PCT/JP2010/055897
国際公開日: 06.10.2011 国際出願日: 31.03.2010
IPC:
C12N 9/42 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 7/10 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
24
グリコシル化合物に作用するもの(3.2)
42
β―1,4グルコシド結合に作用するもの,例.セルラーゼ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
04
非環式のもの
06
エタノール,すなわち非飲料のもの
08
副産物としてまたは廃棄物またはセルロース物質の基質からの製造
10
セルロース物質を含む基質
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
Meiji Seikaファルマ株式会社 Meiji Seika Pharma Co., Ltd. [JP/JP]; 東京都中央区京橋二丁目4番16号 4-16, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048002, JP (AllExceptUS)
横山 史和 YOKOYAMA, Fumikazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
横山 史和 YOKOYAMA, Fumikazu; JP
代理人:
森田 憲一 MORITA, Kenichi; 東京都板橋区板橋二丁目67番8号 板橋中央ビル5階 5th Fl., Itabashi-chuo Bldg. 67-8, Itabashi 2-chome Itabashi-ku, Tokyo 1730004, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) NOVEL CELLULASE GENE
(FR) NOUVEAU GÈNE DE CELLULASE
(JA) 新規セルラーゼ遺伝子
要約:
(EN) An endoglucanase gene or a β-glucosidase gene can be identified by isolating genomic DNA containing a gene for a cellulase that is classified as an endoglucanase or a β-glucosidase from Acremonium cellulolyticus and analyzing the nucleotide sequence for the genomic DNA. Amino acid sequences for known endoglucanases and β-glucosidases are compared with each other extensively, and an amino acid sequence which can be conserved in Acremonium cellulolyticus is found. Based on the information for the amino acid sequence, various primers are designed. Using the various primers thus designed, a PCR is carried out employing genomic DNA or cDNA as a template. As a result, fragments of genes for endoglucanases and genes for β-glucosidases can be obtained. Primers are designed based on the gene fragments, the PCR is continued using the primers to amplify each of a total of nine endoglucanase and β-glucosidase genes, and the nucleotide sequences for the amplification products are analyzed.
(FR) L'invention concerne un gène d'endoglucanase ou un gène de β-glucosidase qui peut être identifié en isolant de l'ADN génomique contenant un gène pour une cellulase qui est classée comme une endoglucanase ou une β-glucosidase provenant d'Acremonium cellulolyticus et en analysant la séquence nucléotidique de l'ADN génomique. Les séquences d'acides aminés pour les endoglucanases et β-glucosidases connues sont comparées les unes par rapport aux autres de manière approfondie et une séquence d'acides aminés qui peut être conservée dans Acremonium cellulolyticus est trouvée. Sur la base des informations sur la séquence d'acides aminés, diverses amorces sont conçues. En utilisant les diverses amorces ainsi conçues, une PCR est réalisée en employant l'ADN génomique ou l'ADNc comme matrice. Ainsi, des fragments de gènes pour les endoglucanases et de gènes pour les β-glucosidases peuvent être obtenus. Les amorces sont conçues en se basant sur les fragments de gène, la PCR est réalisée à l'aide des amorces pour amplifier chacun d'un total de neuf gènes d'endoglucanase et de β-glucosidase et les séquences nucléotidiques des produits d'amplification sont analysées.
(JA)  アクレモニウム・セルロリティカスよりエンドグルカナーゼやβ-グルコシターゼに分類されるセルラーゼ遺伝子を含むゲノムDNAを単離し、その塩基配列を解析することによってエンドグルカナーゼ及びβ-グルコシターゼ遺伝子を特定することを課題とした。 既知のエンドグルカナーゼ及びβ-グルコシターゼのアミノ酸配列を鋭意比較し、アクレモニウム・セルロリティカスにおいても保存されうるアミノ酸配列を見出し、本情報をもとに様々なプライマーを設計した。この様にして設計された様々なプライマーを用いて、ゲノムDNAもしくはcDNAを鋳型にしたPCRを実施した。その結果、エンドグルカナーゼ及びβ-グルコシターゼの遺伝子断片が得られたので、本遺伝子断片を基に、プライマーを設計し、PCRを継続することにより、エンドグルカナーゼ及びβ-グルコシターゼの遺伝子9種を増幅し、塩基配列を解析し本発明を完成するに至った。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2554667US20130023014CN102939376CA2794471BR112012024959ES2608402
IN2828/KOLNP/2012