処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2011078262 - キシロースイソメラーゼ及びその利用

公開番号 WO/2011/078262
公開日 30.06.2011
国際出願番号 PCT/JP2010/073210
国際出願日 22.12.2010
予備審査請求日 24.10.2011
IPC
C12N 15/09 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
C12N 1/19 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
16酵母;そのための培地
19外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 9/90 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
90異性化酵素(5.)
C12P 1/02 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
1微生物または酵素を使用してのグループC12P3/00~C12P39/00に分類されない化合物または組成物の製造;微生物または酵素を使用しての化合物または組成物の製造方法一般
02菌類の使用によるもの
C12P 7/06 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
02水酸基を有するもの
04非環式のもの
06エタノール,すなわち非飲料のもの
C12P 7/54 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
54酢酸
CPC
C12N 9/90
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
9Enzymes; Proenzymes; Compositions thereof
90Isomerases (5.)
C12N 9/92
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
9Enzymes; Proenzymes; Compositions thereof
90Isomerases (5.)
92Glucose isomerase ; (5.3.1.5; 5.3.1.9; 5.3.1.18)
C12P 2203/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
2203Fermentation products obtained from optionally pretreated or hydrolyzed cellulosic or lignocellulosic material as the carbon source
C12P 7/10
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
7Preparation of oxygen-containing organic compounds
02containing a hydroxy group
04acyclic
06Ethanol, i.e. non-beverage
08produced as by-product or from waste or cellulosic material substrate
10substrate containing cellulosic material
C12Y 503/01005
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
YENZYMES
503Intramolecular oxidoreductases (5.3)
01interconverting aldoses and ketoses (5.3.1)
01005Xylose isomerase (5.3.1.5)
Y02E 50/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
50Technologies for the production of fuel of non-fossil origin
10Biofuels
出願人
  • 株式会社豊田中央研究所 KABUSHIKI KAISHA TOYOTA CHUO KENKYUSHO [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 独立行政法人理化学研究所 RIKEN [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 片平 悟史 KATAHIRA Satoshi [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 徳弘 健郎 TOKUHIRO Kenro [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 村本 伸彦 MURAMOTO Nobuhiko [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 高橋 治雄 TAKAHASHI Haruo [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 守屋 繁春 MORIYA Shigeharu [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 大熊 盛也 OHKUMA Moriya [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 片平 悟史 KATAHIRA Satoshi
  • 徳弘 健郎 TOKUHIRO Kenro
  • 村本 伸彦 MURAMOTO Nobuhiko
  • 高橋 治雄 TAKAHASHI Haruo
  • 守屋 繁春 MORIYA Shigeharu
  • 大熊 盛也 OHKUMA Moriya
代理人
  • 特許業務法人 快友国際特許事務所 KAI-U PATENT LAW FIRM
優先権情報
2009-29146322.12.2009JP
2010-28553822.12.2010JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) XYLOSE ISOMERASE AND USE THEREOF
(FR) XYLOSE ISOMÉRASE ET SON UTILISATION
(JA) キシロースイソメラーゼ及びその利用
要約
(EN)
Disclosed are eukaryotic cells capable of assimilating xylose. By transforming eukaryotic cells such as yeast using DNA which encodes xylose isomerase originating from termite protists, novel eukaryotic cells capable of assimilating xylose are obtained.
(FR)
L'invention concerne des cellules eucaryotes capables d'assimiler le xylose. La transformation de cellules eucaryotes telles que la levure en utilisant un ADN qui code pour la xylose isomérase originaire de protistes de termites permet d'obtenir de nouvelles cellules eucaryotes capables d'assimiler le xylose.
(JA)
 本明細書の開示は、キシロース資化能を有する真核細胞を提供することを目的とする。本明細書の開示は、シロアリ原生生物由来のキシロースイソメラーゼをコードするDNAを用いて酵母等の真核細胞を形質転換することで、キシロース資化能を有する新規な真核細胞を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報