処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2010126023 - 空気入りラジアルタイヤ

公開番号 WO/2010/126023
公開日 04.11.2010
国際出願番号 PCT/JP2010/057420
国際出願日 27.04.2010
IPC
B60C 9/20 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
20ゴム引きのほぼ平行な索条プライで作るもの
B60C 9/08 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
02骨組みカーカス
04実質的に平行に配列された各カーカスプライの補強コード
08コードがビードからビードへの横断方向に延びるもの,すなわちラジアルプライ
B60C 9/18 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9空気タイヤの補強またはプライ配列
18ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
CPC
B60C 2200/06
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
60VEHICLES IN GENERAL
CVEHICLE TYRES
2200Tyres specially adapted for particular applications
06for heavy duty vehicles
B60C 9/2006
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
60VEHICLES IN GENERAL
CVEHICLE TYRES
9Reinforcements or ply arrangement of pneumatic tyres
18Structure or arrangement of belts or breakers, crown-reinforcing or cushioning layers
20built-up from rubberised plies each having all cords arranged substantially parallel
2003characterised by the materials of the belt cords
2006consisting of steel cord plies only
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 増渕 英樹 MASUBUCHI Hideki [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 増渕 英樹 MASUBUCHI Hideki
代理人
  • 本多 一郎 HONDA Ichiro
優先権情報
2009-10739127.04.2009JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PNEUMATIC RADIAL TIRE
(FR) PNEU RADIAL
(JA) 空気入りラジアルタイヤ
要約
(EN)
A pneumatic radial tire which has a reduced weight and reduced rolling resistance which are achieved by controlling the deformation of the tire without a reduction in the durability of belt layers. A pneumatic radial tire satisfying the relationships of Vfb ≥ 0.63 and 0.29 ≤ Vfp ≤ 0.33, where Vfb is the amount of steel per unit width of belt layers (3a, 3b, 3c) and is expressed by Vfb = Db/(Db + Wb) (with Db being the diameter of steel cords of the belt layers (3a, 3b, 3c) and Wb being the distance between adjacent steel cords in the belt layers (3a, 3b, 3c)), and Vfp is the amount of steel per unit width of a carcass ply (2) and is expressed by Vfp = Dp/(Dp + Wp) (with Dp being the diameter of steel cords of the carcass ply (2) and Wp being the distance between adjacent steel cords in the carcass ply (2)).
(FR)
L'invention porte sur un pneu radial qui a un poids réduit et une résistance au roulement réduite qui sont atteints par commande de la déformation du pneu sans une réduction dans la durabilité des couches de ceinture. Un pneu radial satisfait aux relations Vfb ≥ 0,63 et 0,29 ≤ Vfp ≤ 0,33, où Vfb est la quantité d'acier par unité de largeur des couches de ceinture (3a, 3b, 3c) et est exprimée par Vfb = Db/(Db + Wb) (Db étant le diamètre du câble en acier des couches de ceinture (3a, 3b, 3c) et Wb étant la distance entre des câbles en acier adjacents dans les couches de ceinture (3a, 3b, 3c)), et Vfp est la quantité d'acier par unité de largeur d'une nappe de carcasse (2) et est exprimée par Vfp = Dp/(Dp + Wp) (Dp étant le diamètre des câbles en acier de la nappe de carcasse (2) et Wp étant la distance entre des câbles d'acier adjacents dans la nappe de carcasse (2)).
(JA)
 ベルト層の耐久性を低下させることなく、タイヤ変形を制御することで、軽量かつ転がり抵抗を低減する空気入りラジアルタイヤを提供する。 ベルト層3a、3b、3cの単位幅あたりのスチール量Vfbを次式、Vfb=Db/(Db+Wb)(式中、Dbはベルト層3a、3b、3cのスチールコードのコード径であり、Wbはベルト層3a、3b、3cの中において隣接するスチールコードの間隔である)で表し、かつ、カーカスプライ2の単位幅あたりのスチール量Vfpを次式、Vfp=Dp/(Dp+Wp)(式中、Dpはカーカスプライ2のスチールコードのコード径であり、Wpはカーカスプライ2の中において隣接するスチールコードの間隔である)で表したとき、夫々、次式、Vfb≧0.63、0.29≦Vfp≦0.33で表される関係を満足する空気入りラジアルタイヤである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報