処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2010061515 - 動画像符号化装置及び符号化方法、動画像復号化装置及び復号化方法

公開番号 WO/2010/061515
公開日 03.06.2010
国際出願番号 PCT/JP2009/005350
国際出願日 14.10.2009
IPC
H04N 19/50 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
50予測符号化を用いるもの
H04N 19/117 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
102適応的符号化によって影響を受けるまたは制御される要素,パラメータまたは選択に特徴があるもの
117フィルタ,例.前処理または後処理のためのもの
H04N 19/12 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
102適応的符号化によって影響を受けるまたは制御される要素,パラメータまたは選択に特徴があるもの
12複数の変換または標準からの選択,例.離散コサイン変換およびサブバンド変換の間での選択またはH.263およびH.264の間での選択
H04N 19/134 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
134適応的符号化に影響を与えるまたはそれを制御する要素,パラメータまたは基準に特徴があるもの
H04N 19/136 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
134適応的符号化に影響を与えるまたはそれを制御する要素,パラメータまたは基準に特徴があるもの
136入力ビデオ信号の特徴または特性
H04N 19/139 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
134適応的符号化に影響を与えるまたはそれを制御する要素,パラメータまたは基準に特徴があるもの
136入力ビデオ信号の特徴または特性
137符号化ユニット内の動き,例.フィールド,フレームまたはブロックの平均誤差
139動きベクトルの分析,例.その大きさ,方向,分散または信頼性
CPC
H04N 19/51
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
19Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals
50using predictive coding
503involving temporal prediction
51Motion estimation or motion compensation
出願人
  • 株式会社日立製作所 HITACHI, LTD. [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 高橋昌史 TAKAHASHI, Masashi [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 影山昌広 KAGEYAMA, Masahiro [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 高橋昌史 TAKAHASHI, Masashi
  • 影山昌広 KAGEYAMA, Masahiro
代理人
  • ポレール特許業務法人 Polaire I.P.C.
優先権情報
2008-30057126.11.2008JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DYNAMIC IMAGE ENCODING DEVICE, ENCODING METHOD, DYNAMIC IMAGE DECODING DEVICE, AND DECODING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE CODAGE D’IMAGE DYNAMIQUE, PROCÉDÉ DE CODAGE, DISPOSITIF DE DÉCODAGE D’IMAGE DYNAMIQUE, ET PROCÉDÉ DE DÉCODAGE
(JA) 動画像符号化装置及び符号化方法、動画像復号化装置及び復号化方法
要約
(EN)
The compression efficiency can be improved by reducing a code amount of the prediction difference even when an image having a complicated texture moves in a complicated way in a process of dynamic image encoding using the inter-screen prediction and the in-screen prediction. Provided is a dynamic image encoding device including: an inter-screen prediction unit which calculates a prediction difference by executing an inter-screen prediction; a frequency conversion unit and a quantization unit which execute encoding of the prediction difference; and a variable-length encoding unit for executing encoding based on the occurrence probability of a symbol.  The inter-screen prediction unit smoothes an image in the encoded region and predicts a motion vector in a target region according to the motion vector in the encoded region which is spatially adjacent to the target region and has been smoothed, thereby encoding the prediction difference.
(FR)
L’invention permet d’augmenter l’efficacité de compression en réduisant le volume de codage de la différence de prédiction même lorsqu’une image de texture compliquée se déplace de manière compliquée lors d’un processus de codage d’image dynamique utilisant la prédiction inter-écran et la prédiction intra-écran. L'invention concerne un dispositif de codage d’image dynamique comprenant les éléments suivants : une unité de prédiction inter-écran qui calcule une différence de prédiction en exécutant une prédiction inter-écran ; une unité de conversion de fréquence et une unité de quantification qui exécutent le codage de la différence de prédiction ; et une unité de codage de longueur variable permettant d'exécuter le codage sur la base de la probabilité d’apparition d’un symbole.  L’unité de prédiction inter-écran lisse une image dans la région codée et prédit un vecteur de mouvement dans une région cible selon le vecteur de mouvement dans la région codée qui est spatialement adjacente à la région cible et qui a été lissée, pour ainsi coder la différence de prédiction.
(JA)
 画面間予測および画面内予測を用いた動画像符号化において、複雑なテクスチャを持つ画像が複雑に動く場合などにも予測差分の符号量を減少させて、圧縮効率を向上する。画面間予測を行って予測差分を計算する画面間予測部と、予測差分に対して符号化を行う周波数変換部および量子化部と、記号の発生確率に応じた符号化を行うための可変長符号化部を有し、画面間予測部では既符号化領域の画像を平滑化し、対象領域と時空間的に近接する平滑化後の既符号化領域の動きベクトルに基づいて対象領域の動きベクトルを予測してその予測差分を符号化する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報