国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008130057) 苦味が低減されたフェヌグリーク種子及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/130057 国際出願番号: PCT/JP2008/057998
国際公開日: 30.10.2008 国際出願日: 18.04.2008
IPC:
A23L 1/221 (2006.01) ,A23L 1/36 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
22
香辛料;風味剤または調味料;人工甘味剤;食卓塩;食餌療法用の代用塩
221
天然の香辛料,風味剤または調味料;それらの抽出物
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
36
主にナッツミートまたは種子からなる食品
出願人:
ハウス食品株式会社 HOUSE FOODS CORPORATION [JP/JP]; 〒5778520 大阪府東大阪市御厨栄町1丁目5番7号 Osaka 5-7, Mikuriyasakae-machi 1-chome, Higashiosaka-shi, Osaka 5778520, JP (AllExceptUS)
中野雄喜 NAKANO, Yuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
星野彰平 HOSHINO, Shohei [JP/JP]; JP (UsOnly)
正野仁慈 SHONO, Jinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
柘植信昭 TSUGE, Nobuaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
中野雄喜 NAKANO, Yuki; JP
星野彰平 HOSHINO, Shohei; JP
正野仁慈 SHONO, Jinji; JP
柘植信昭 TSUGE, Nobuaki; JP
代理人:
平木祐輔 HIRAKI, Yusuke; 〒1050001 東京都港区虎ノ門4丁目3番20号 神谷町MTビル19階 Tokyo Kamiya-cho MT Bldg. 19F, 3-20, Toranomon 4-chome, Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2007-11057019.04.2007JP
2007-27402122.10.2007JP
発明の名称: (EN) FENUGREEK SEED HAVING REDUCED BITTER TASTE, AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF
(FR) GRAINES DE FENUGREC AYANT UN GOÛT AMER RÉDUIT, ET PROCÉDÉ POUR LEUR PRODUCTION
(JA) 苦味が低減されたフェヌグリーク種子及びその製造方法
要約:
(EN) The object is to produce a fenugreek seed having reduced bitter taste without largely affecting the contents of components other than a bitter component contained in the fenugreek seed. Disclosed is a method for producing a fenugreek seed having reduced bitter taste, which is characterized by reacting an eluate having components of a fenugreek seed eluted therein with β-glucosidase, and then causing the fenugreek seed to absorb the eluate and β-glucosidase. Also disclosed is a food comprising the fenugreek seed.
(FR) L'invention concerne la production de graines de fenugrec ayant un goût amer réduit sans trop affecter les teneurs des composants autres qu'un composant amer contenu dans la graine de fenugrec. L'invention propose un procédé de production d'une graine de fenugrec ayant un goût amer réduit, qui est caractérisé par les étapes consistant à faire réagir un éluat ayant des composants d'une graine de fenugrec élués dans celui-ci avec de la b-glucosidase, et amener la graine de fenugrec à absorber l'éluat et la b-glucosidase. Un aliment comprenant la graine de fenugrec est également décrit.
(JA)  本発明はフェヌグリーク種子に含まれる苦味成分以外の成分の含量に大きな変化を与えることなく、苦味が低減されたフェヌグリーク種子を得ることを目的とする。 本発明は、フェヌグリーク種子の成分が溶出されている溶出液にβ-グルコシダーゼを作用させ、その後に前記フェヌグリーク種子に前記溶出液とβ-グルコシダーゼを吸収させることを特徴とする、苦味が低減されたフェヌグリーク種子の製造方法、および当該フェヌグリーク種子を用いた食品に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20100055241CN101677613