国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008129956) コーヒーの淹れたて感賦与剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/129956 国際出願番号: PCT/JP2008/057126
国際公開日: 30.10.2008 国際出願日: 04.04.2008
IPC:
A23L 1/234 (2006.01) ,A23F 5/40 (2006.01) ,A23L 1/226 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
22
香辛料;風味剤または調味料;人工甘味剤;食卓塩;食餌療法用の代用塩
226
合成の香辛料または風味剤または調味料
234
コーヒーまたはココア風味
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
F
コーヒー;茶:それらの代用品;それらの製造,調製または煎出
5
コーヒー;コーヒー代用品;それらの調製品
24
コーヒーの抽出;コーヒー抽出物;インスタントコーヒーの製造
36
乾燥したコーヒー抽出物のその後の処理;それによって得られた調製品,例.インスタントコーヒー
40
有機添加物,例.ミルク,砂糖の使用
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
22
香辛料;風味剤または調味料;人工甘味剤;食卓塩;食餌療法用の代用塩
226
合成の香辛料または風味剤または調味料
出願人:
長谷川香料株式会社 T. HASEGAWA CO., LTD. [JP/JP]; 〒1038431 東京都中央区日本橋本町四丁目4番14号 Tokyo 4-14, Nihonbashi Honcho 4-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038431, JP (AllExceptUS)
櫻井 毅彦 SAKURAI, Takehiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
天池 正康 AMAIKE, Masayasu [JP/JP]; JP (UsOnly)
藤堂 邦夫 TODO, Kunio [JP/JP]; JP (UsOnly)
高久 寛康 TAKAKU, Hiroyasu [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
櫻井 毅彦 SAKURAI, Takehiko; JP
天池 正康 AMAIKE, Masayasu; JP
藤堂 邦夫 TODO, Kunio; JP
高久 寛康 TAKAKU, Hiroyasu; JP
代理人:
特許業務法人小田島特許事務所 Patent Profession Corporation Odajima Patent Office; 〒1070052 東京都港区赤坂1丁目9番15号 日本自転車会館 Tokyo Nippon Jitensha Bldg. 9-15, Akasaka 1-chome Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2007-10608313.04.2007JP
発明の名称: (EN) AGENT FOR IMPARTING FRESH-BREWED FLAVOR TO COFFEE
(FR) AGENT DE SAVEUR DE CAFÉ FRAÎCHEMENT BRASSÉ
(JA) コーヒーの淹れたて感賦与剤
要約:
(EN) It is intended to provide an agent for imparting a fresh-brewed flavor to coffee containing a specific furane derivative or thiol compound as the active ingredient by which a fresh-brewed flavor of coffee can be kept and sustained even in a pasteurized coffee-flavored food or drink.
(FR) L'invention a pour objectif de fournir un agent qui permet de donner à du café une saveur de café fraîchement brassé. Ledit agent contient un composé spécifique de dérivé de furanne ou de thiol en tant que principe actif par lequel une saveur de café fraîchement brassé peut être gardée et maintenue même dans un aliment ou dans une boisson pasteurisés aromatisés au café.
(JA) 本発明は、加熱殺菌後のコーヒー飲食物においてもコーヒーの淹れたて感を保存・持続することができる、ある種のフラン誘導体またはチオール化合物を有効成分として含有するコーヒーの淹れたて感賦与剤を提供するものである。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)