国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008129787) 通信機能付車輪用軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/129787 国際出願番号: PCT/JP2008/000587
国際公開日: 30.10.2008 国際出願日: 14.03.2008
IPC:
F16C 41/00 (2006.01) ,B60B 35/18 (2006.01) ,B60C 23/02 (2006.01) ,B60R 16/023 (2006.01) ,F16C 19/18 (2006.01) ,F16C 33/58 (2006.01) ,H01P 1/06 (2006.01) ,H01P 5/02 (2006.01) ,H02J 17/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
41
軸受の他の付属品
B 処理操作;運輸
60
車両一般
B
車輪;キャスター;車軸;車輪の付着力を増大させるもの
35
車軸ユニット;その部品
12
トルク伝動車軸
18
車軸箱内のトルク伝動要素用軸受の配置に特徴があるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
23
特に車両に取付けるのに適した,タイヤ圧力または温度の測定,警報装置あるいはタイヤ圧力または温度を制御または分配する装置;車両におけるタイヤの膨張装置の配置,例.ポンプ.タンクの;タイヤ冷却装置
02
タイヤ圧力によって作動する警報装置
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
16
電気回路または流体回路で,特に車両に適用.他に分類されないもの;電気回路または流体回路の要素の配置で,特に車両に適用,他に分類されないもの
02
電気によるもの
023
車両部品またはサブシステム間での信号伝達のためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
02
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
14
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
18
複列または多列の玉をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
H 電気
01
基本的電気素子
P
導波管;導波管型の共振器,線路または他の装置
1
補助装置
06
可動接合,例.回転接合
H 電気
01
基本的電気素子
P
導波管;導波管型の共振器,線路または他の装置
5
導波管型の結合装置
02
一定の結合係数をもつもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
J
電力給電または電力配電のための回路装置または方式;電気エネルギーを蓄積するための方式
17
電磁波による電力給電または電力配電のための方式
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 〒5500003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 Osaka 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP (AllExceptUS)
高橋亨 TAKAHASHI, Toru [JP/JP]; JP (UsOnly)
磯部浩 ISOBE, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
高橋亨 TAKAHASHI, Toru; JP
磯部浩 ISOBE, Hiroshi; JP
代理人:
杉本修司 SUGIMOTO, Shuji; 〒5500002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目10番2号 肥後橋ニッタイビル Osaka Higobashi Nittai Bldg., 10-2, Edobori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500002, JP
優先権情報:
2007-09029830.03.2007JP
2007-09214830.03.2007JP
2007-10558413.04.2007JP
2007-10558513.04.2007JP
2007-10779417.04.2007JP
2007-10797117.04.2007JP
発明の名称: (EN) BEARING FOR WHEEL WITH COMMUNICATION FUNCTION
(FR) PALIER POUR ROUE AVEC FONCTION DE COMMUNICATION
(JA) 通信機能付車輪用軸受
要約:
(EN) A bearing for wheel with communication function which can perform bidirectional communication between the rotary side and the fixed side while reducing the number of components and enhancing the degree of freedom in design, and can perform communication regardless of whether the bearing is rotating or stopping while facilitating the wiring without causing increase in friction for communication. A plurality of rows of rolling elements (5) are interposed between an outer member (1), i.e. a fixed ring, and an inner member (2), i.e. a rotary ring, and a means (21) performing noncontact communication between the outer member (1) and the inner member (2) is provided. The communication means (21) is connected with connectors (31, 32).
(FR) L'invention concerne un palier pour roue avec fonction de communication, lequel palier peut réaliser une communication bidirectionnelle entre le côté rotatif et le côté fixe, tout en réduisant le nombre de composants et en améliorant le degré de liberté de la conception, et qui peut réaliser une communication indépendamment du fait que le palier tourne ou s'arrête, tout en facilitant le câblage sans provoquer d'augmentation du frottement pour une communication. Plusieurs rangées d'éléments de roulement (5) sont interposées entre un élément externe (1), à savoir une bague fixe, et un élément interne (2), à savoir une bague rotative, et un moyen (21) réalisant une communication sans contact entre l'élément externe (1) et l'élément interne (2) est prévu. Le moyen de communication (21) est relié avec des connecteurs (31, 32).
(JA)  回転側と固定側間の双方向に通信が行えて、部品点数の削減、設計の自由度向上が図れ、また回転中,回転停止時を問わず通信が行え、配線も容易で、通信のための摩擦の増大の問題のない通信機能付車輪用軸受を提供する。固定輪である外方部材1と回転輪である内方部材2との間に複列の転動体5を介在させ、外方部材1と内方部材2の間で、非接触で通信する通信手段21を設ける。この通信手段21には、コネクタ31,32が接続されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)