国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008129699) フシコッカン合成キメラ型酵素およびその遺伝子
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/129699 国際出願番号: PCT/JP2007/069337
国際公開日: 30.10.2008 国際出願日: 03.10.2007
IPC:
C12N 15/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/10 (2006.01) ,C12N 9/90 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 15/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
10
転移酵素(2.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
90
異性化酵素(5.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
15
3個以上の縮合炭素環を含む有機化合物の製造
出願人:
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 〒5650871 大阪府吹田市山田丘1番1号 Osaka 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP (AllExceptUS)
豊増 知伸 TOYOMASU, Tomonobu [JP/JP]; JP (UsOnly)
佐々 武史 SASSA, Takeshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
大利 徹 DAIRI, Tohru [JP/JP]; JP (UsOnly)
加藤 修雄 KATO, Nobuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
豊増 知伸 TOYOMASU, Tomonobu; JP
佐々 武史 SASSA, Takeshi; JP
大利 徹 DAIRI, Tohru; JP
加藤 修雄 KATO, Nobuo; JP
代理人:
三枝 英二 SAEGUSA, Eiji; 〒5410045 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Osaka Kitahama TNK Building 1-7-1, Doshomachi Chuo-ku, Osaka-shi Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2007-09496830.03.2007JP
発明の名称: (EN) CHIMERIC FUSICOCCANE SYNTHASE AND GENE OF THE SAME
(FR) FUSICOCCANE SYNTHASE CHIMÉRIQUE ET GÈNE DE CELLE-CI
(JA) フシコッカン合成キメラ型酵素およびその遺伝子
要約:
(EN) It is intended to provide a novel enzyme and its gene which can be effectively used in the large-scale production of fusicocca-2,10(14)-diene that is useful as a material for producing cotylenin, 12-deoxyfusicoccins and derivatives thereof having great potential as an anticancer agent. It is also intended to provide a method of producing fusicocca-2,10(14)-diene by using the above-described enzyme or a vector to be used in producing the enzyme and a transformant. A chimeric fusicoccane synthase which is characterized by having a terpene cyclase domain comprising the amino acid sequence represented by SEQ ID NO:1 or a sequence functional equivalent thereto in the N-terminal region and a prenyl transferase domain comprising the amino acid sequence represented by SEQ ID NO:2 or a sequence functional equivalent thereto in the C-terminal region. By culturing a transformant which carries a gene encoding the above-described enzyme, the enzyme and fusicocca-2,10(14)-diene are produced.
(FR) L'invention vise à proposer une nouvelle enzyme et son gène qui peuvent être utilisés de façon efficace dans la production à grande échelle de fusicocca-2,10(14)-diène qui est utile comme matière pour produire la cotylénine, les 12-désoxyfusicoccines et leurs dérivés ayant un grand potentiel comme agent anti-cancer. On vise également à proposer un procédé de fabrication de fusicocca-2,10(14)-diène à l'aide de l'enzyme décrite ci-dessus ou d'un vecteur à utiliser dans la production de l'enzyme et d'un transformant. Une fusicoccane synthase chimérique qui est caractérisée comme ayant un domaine de terpène cyclase comprenant la séquence d'acides aminés représentée SEQ ID NO:1 ou une séquence fonctionnelle équivalente à celle-ci dans la région N-terminale et un domaine de prényl transférase comprenant la séquence d'acides aminés représentée par SEQ ID NO:2 ou une séquence équivalent fonctionnel à celle-ci dans la région C-terminale. Par la culture d'un transformant qui porte un gène codant pour l'enzyme décrite ci-dessus, l'enzyme et le fusicocca-2,10(14)-diène sont obtenus.
(JA)  抗ガン剤として有望なコチレニンおよび12-デオキシフシコクシン類、ならびにその誘導体の製造原料として有用なフシコッカ-2,10(14)-ジエンの大量生産に有効に使用できる新規酵素及びその遺伝子を提供する。また当該酵素または当該酵素の製造のために使用されるベクター及び形質転換体を用いてフシコッカ-2,10(14)-ジエンを製造する方法を提供する。  本発明のフシコッカン合成キメラ型酵素は、N端領域に配列番号1に記載するアミノ酸配列またはその機能的同等配列からなるテルペン環化酵素ドメイン、およびC端領域に配列番号2に記載するアミノ酸配列またはその機能的同等配列からなるプレニルトランスフェラーゼドメインを有することを特徴とする。当該酵素をコードする遺伝子を有する形質転換体を培養することにより、当該酵素ならびにフシコッカ-2,10(14)-ジエンを製造する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)