国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126867) エアバッグカバー及びエアバッグ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126867 国際出願番号: PCT/JP2008/057022
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 09.04.2008
IPC:
B60R 21/20 (2011.01) ,B60R 21/203 (2006.01) ,B60R 21/2165 (2011.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
203
ステアリングホイール又はステアリングコラムにおけるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
215
膨張可能な部材のカバーに特徴のあるもの
2165
開口部を規定するテアラインに特徴のあるもの
出願人:
芦森工業株式会社 ASHIMORI INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 〒5500014 大阪府大阪市西区北堀江3丁目10番18号 Osaka 10-18, Kitahorie 3-chome, Nishi-ku, OSAKA-shi, Osaka 5500014, JP (AllExceptUS)
林 直哉 HAYASHI, Naoya [JP/JP]; JP (UsOnly)
関野 忠昭 SEKINO, Tadaaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
林 直哉 HAYASHI, Naoya; JP
関野 忠昭 SEKINO, Tadaaki; JP
代理人:
吉竹 英俊 YOSHITAKE, Hidetoshi; 〒5400001 大阪府大阪市中央区城見1丁目4番70号住友生命OBPプラザビル10階 Osaka 10th floor, Sumitomo-seimei OBP Plaza Bldg. 4-70, Shiromi 1-chome Chuo-ku, Osaka-shi Osaka 5400001, JP
優先権情報:
2007-10383111.04.2007JP
発明の名称: (EN) AIRBAG COVER AND AIRBAG DEVICE
(FR) COUVERCLE D'AIRBAG ET DISPOSITIF AIRBAG
(JA) エアバッグカバー及びエアバッグ装置
要約:
(EN) An airbag cover capable of holding an airbag-releasing path above a steering wheel. Developing lines (34a, 34b, 35a, 35b, 35c, 36a, 36b) are formed on the airbag cover (30). When the airbag is inflated and developed, the airbag cover (30) is separated into an upper release portion (33A), a left released portion (33B), a right release portion (33C), and a lower release portion (33D) so as to be released. A decorative part (40) is formed on the left released portion (33B). The upper release portion (33A) is hard to be caught by the wheel part of the steering wheel.
(FR) L'invention concerne un couvercle d'airbag apte à maintenir un trajet de déclenchement d'airbag au dessus d'un volant de direction. Des lignes de développement (34a, 34b, 35a, 35b, 35c, 36a, 36b) sont formées sur le couvercle d'airbag (30). Lorsque l'airbag est gonflé et expansé, le couvercle d'airbag (30) est séparé en une partie de déclenchement supérieure (33A), une partie de déclenchement gauche (33B), une partie de déclenchement droite (33C) et une partie de déclenchement inférieure (33D) de façon à pouvoir être déclenché. Une partie décorative (40) est formée sur la partie de déclenchement gauche (33B). La partie de déclenchement supérieure (33A) peut être difficilement saisie par la partie du volant du volant de direction.
(JA)  ステアリングホイールの上部でエアバッグの逃道を確保することを目的としている。エアバッグカバー30に、展開ライン34a,34b,35a,35b,35c,36a,36bが形成され、エアバッグカバー30は、エアバッグ膨張展開時に、上部開放片33A、左部開放片33B,右部開放片33C,下部開放片33Dに分断して開放する。左部開放片33Bに装飾部40が設けられており、上部開放片33Aはステアリングホイールのホイール部に引っ掛かりにくい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2143595US20100109299CN101652275