国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126858) アミド化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126858 国際出願番号: PCT/JP2008/056998
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 09.04.2008
IPC:
C07D 401/04 (2006.01) ,A01N 47/12 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
12
―O―CO―N<基,またはそのチオ類似体を有し直接環についていないしまた窒素原子が複素環の1員でもないもの
出願人:
住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 〒1048260 東京都中央区新川二丁目27番1号 Tokyo 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP (AllExceptUS)
野倉 吉彦 NOKURA, Yoshihiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
池上 宏 IKEGAMI, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
ヤックマン マークス JACHMANN, Markus [DE/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
野倉 吉彦 NOKURA, Yoshihiko; JP
池上 宏 IKEGAMI, Hiroshi; JP
ヤックマン マークス JACHMANN, Markus; JP
代理人:
田中 光雄 TANAKA, Mitsuo; 〒5400001 大阪府大阪市中央区城見1丁目3番7号IMPビル 青山特許事務所 Osaka AOYAMA & PARTNERS, IMP Building, 3-7, Shiromi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5400001, JP
優先権情報:
2007-10361511.04.2007JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING AMIDE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE COMPOSÉ AMIDE
(JA) アミド化合物の製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a method for producing an amide compound represented by the formula (3) below and having an excellent control activity against a harmful arthropod, which is characterized in that an aniline compound represented by the formula (1) below and an aldehyde compound represented by the formula (2) below are reacted in a solvent in the presence of an oxidizing agent such as oxygen or a peroxide. (In the formulae below, R1, R2 and R3 independently represent a C1-C6 alkyl group which may be substituted by a halogen atom, or the like; and R4, R5, R6 and R7 independently represent a halogen atom or the like.)
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un composé amide représenté par la formule (3) ci-dessous et ayant une excellente activité de contrôle contre un arthropode nuisible, caractérisé en ce qu'un composé d'aniline représenté par la formule (1) ci-dessous et un composé d'aldéhyde représenté par la formule (2) ci-dessous réagissent dans un solvant en présence d'un agent oxydant tel que l'oxygène ou un peroxyde. (Dans les formules ci-dessous, R1, R2 et R3 représentent indépendamment, un groupe alkyle en C1-C6 qui peut être substitué par un atome d'halogène ou similaire ; et R4, R5, R6 et R7 représentent indépendamment, un atome d'halogène ou similaire.)
(JA)  式(1)で示されるアニリン化合物と、式(2)で示されるアルデヒド化合物とを、酸素、過酸化物等の酸化剤の存在下に溶媒中にて反応させることを特徴とする、有害節足動物に対する優れた防除効力を有する式(3)で示されるアミド化合物の製造方法。〔式中、R1、R2 およびR3 は独立してハロゲン原子で置換されていてもよいC1-C6アルキル基等を表し、R4、R5、R6 およびR7 は独立してハロゲン原子等を表す。〕
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090127918IL201333EP2143720US20100113794RU2009141611RU0002451681
CN101715446AU2008239058IN5947/CHENP/2009