国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126795) 有害生物防除剤組成物及び有害生物防除方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126795 国際出願番号: PCT/JP2008/056797
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 04.04.2008
IPC:
A01N 43/90 (2006.01) ,A01N 43/42 (2006.01) ,A01N 47/40 (2006.01) ,A01N 47/42 (2006.01) ,A01N 51/00 (2006.01) ,A01P 7/02 (2006.01) ,A01P 7/04 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
90
相互に,または共通の炭素環系と縮合している2個またはそれ以上の関連する複素環をもつもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
34
異項原子として1個の窒素原子のみをもつ環を有するもの
40
6員環
42
炭素環と縮合したもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
40
窒素への二重または三重結合をもつ炭素原子,例.シアネート,シアナミド
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
40
窒素への二重または三重結合をもつ炭素原子,例.シアネート,シアナミド
42
―N=CX↓2基を有するもの,例.イソチオ尿素
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
51
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,各原子が有する結合の数に関係なくまたこの配列の原子が複素環の1部でないO―N―S,X―O―S,N―N―S,O―N―NまたはO―ハロゲンの原子配列を有する有機化合物を含むもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
02
殺ダニ剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
04
殺虫剤
出願人:
日本曹達株式会社 Nippon Soda Co., Ltd. [JP/JP]; 〒1008165 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 Tokyo 2-1, Ohtemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008165, JP (AllExceptUS)
矢野 真樹郎 YANO, Makio [JP/JP]; JP (UsOnly)
中村 武彦 NAKAMURA, Takehiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
牧田 悟 MAKITA, Satoru [JP/JP]; JP (UsOnly)
津元 夏姫 TSUMOTO, Natsuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
矢野 真樹郎 YANO, Makio; JP
中村 武彦 NAKAMURA, Takehiko; JP
牧田 悟 MAKITA, Satoru; JP
津元 夏姫 TSUMOTO, Natsuki; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA, Masatake; 〒1006620 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 Tokyo 1-9-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1006620, JP
優先権情報:
2007-10102006.04.2007JP
2007-10114906.04.2007JP
2007-10118306.04.2007JP
2007-10118606.04.2007JP
2007-10203109.04.2007JP
2007-10207409.04.2007JP
2007-10209409.04.2007JP
発明の名称: (EN) PEST CONTROL AGENT COMPOSITION AND METHOD OF PEST CONTROL
(FR) COMPOSITION CONTENANT UN AGENT ANTIPARASITAIRE ET PROCÉDÉ ANTIPARASITAIRE
(JA) 有害生物防除剤組成物及び有害生物防除方法
要約:
(EN) A pest control agent containing: a cyclic amine compound represented by the formula (1): Formula (1) (wherein X represents oxygen, etc.; R1a and R2a, R1a and R4a, R2a and R3a, or R3a and R4a are bonded to each other to form a saturated ring; R1a, R1b, R2a, R2b, R3a, R3b, R4a, R4b, and R5 which do not form a saturated ring each represents hydrogen, etc.; and Cy1 and Cy2 each represents an optionally substituted aromatic group) or the like; and a neonicotinoid compound or the like. Also provided is a method of pest control in which a cyclic amine compound represented by the formula (1), a neonicotinoid compound, etc. are used.
(FR) La présente invention concerne un agent antiparasitaire : un composé aminé cyclique représenté par la formule (1) : la formule (1) (dans laquelle X représente un oxygène, etc. ; R1a et R2a, R1a et R4a, R2a et R3a, ou R3a et R4a sont liés entre eux afin de former un composé cyclique saturé ; R1a, R1b, R2a, R2b, R3a, R3b, R4a, R4b, et R5 qui ne forment pas un composé cyclique saturé représentent chacun un hydrogène, etc. ; et Cy1 et Cy2 représentent chacun un groupe aromatique éventuellement substitué) ou une formule équivalente ; et un composé néonicotinoïde ou un composé semblable. L'invention porte aussi sur un procédé antiparasitaire dans lequel un composé aminé cyclique représenté par la formule (1), un composé néonicotinoïde, etc., sont utilisés.
(JA)  本発明は、式(1)(式中、Xは酸素原子等を表し、R とR 、R とR 、R とR 、又はR とR は一緒になって飽和環を形成する。飽和環を形成しないR 、R 、R 、R 、R 、R 、R 、R 及びRは水素原子等を表す。Cy、Cyは置換基を有していてもよい芳香族基を表す。)で示される環状アミン化合物等及びネオニコチノイド系化合物等を含有する有害生物防除剤、並びに、前記式(1)で示される環状アミン化合物及びネオニコチノイド系化合物などを用いる有害生物防除法方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)