国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126745) 多層ポリエステル容器及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126745 国際出願番号: PCT/JP2008/056592
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 02.04.2008
IPC:
B65D 65/40 (2006.01) ,B29C 49/08 (2006.01) ,B29C 49/22 (2006.01) ,B32B 27/34 (2006.01) ,B32B 27/36 (2006.01) ,B65D 1/00 (2006.01) ,C08L 77/00 (2006.01) ,B29K 67/00 (2006.01) ,B29K 77/00 (2006.01) ,B29L 9/00 (2006.01) ,B29L 22/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
65
被包材または可撓性カバー;特殊形式の包装材
38
特殊な型または形の包装材
40
特定の包装目的のためのラミネート材の応用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
08
ブロー成形中における二軸延伸
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
22
多層のプリフォームまたはパリソンを用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
34
ポリアミドからなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
36
ポリエステルからなるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
77
主鎖にカルボン酸アミド結合を形成する反応により得られるポリアミドの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
67
ポリエステルを成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
77
ポリアミド,例.ポリエステルアミド,を成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
22
中空物品
出願人:
東洋製罐株式会社 TOYO SEIKAN KAISHA, LTD. [JP/JP]; 〒1008522 東京都千代田区内幸町1丁目3番1号 Tokyo 3-1, Uchisaiwai-cho 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008522, JP (AllExceptUS)
笹井 実佐 SASAI, Misa [JP/JP]; JP (UsOnly)
菊地 淳 KIKUCHI, Atsushi [JP/JP]; JP (UsOnly)
船岡 伸一郎 FUNAOKA, Shinichirou [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
笹井 実佐 SASAI, Misa; JP
菊地 淳 KIKUCHI, Atsushi; JP
船岡 伸一郎 FUNAOKA, Shinichirou; JP
代理人:
小野 尚純 ONO, Hisazumi; 〒1050003 東京都港区西新橋1丁目1番21号 日本酒造会館 Tokyo Nippon Shuzo bldg. 1-21, Nishi-shimbashi 1-chome Minato-ku, Tokyo 105-0003, JP
優先権情報:
2007-09911305.04.2007JP
発明の名称: (EN) MULTILAYERED POLYESTER CONTAINER AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME
(FR) RÉCIPIENT DE POLYESTER MULTICOUCHE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 多層ポリエステル容器及びその製造方法
要約:
(EN) A multilayered polyester container having internal and external layers of a polyester resin and at least one interlayer of a polyamide resin, characterized in that in the trunk part of the container, the polyamide resin interlayer has a starting temperature of exothermic peak accompanying crystallization in differential scanning calorimetry of 96°C or higher, and that clay is dispersed in the polyamide resin. Even when a polyamide resin composition consisting of a polyamide resin loaded with clay is used in the interlayer, whitening of the interlayer by aging can be effectively prevented. Thus, there can be provided a multilayered polyester container excelling in transparency.
(FR) L'invention concerne un récipient de polyester multicouche présentant des couches interne et externe d'une résine de polyester et au moins une couche intermédiaire d'une résine de polyamide. Ledit récipient est caractérisé en ce que la couche intermédiaire de résine de polyamide de la partie de tronc du récipient possède une température de début de pic exothermique accompagnant une cristallisation dans une calorimétrie à balayage différentiel de 96°C ou plus, et en ce que de l'argile est dispersé dans la résine de polyamide. Même en cas d'utilisation d'une composition de résine fonctionnelle constituée d'une résine fonctionnelle chargée d'argile dans la couche intermédiaire, le blanchiment par vieillissement peut être effectivement empêché. La présente invention fournit donc un récipient de polyester dont la transparence est excellente.
(JA)  本発明は、ポリエステル樹脂から成る内外層及びポリアミド樹脂から成る少なくとも1層の中間層から成る多層ポリエステル容器において、容器胴部における、前記ポリアミド樹脂から成る中間層の示差走査熱量計測定による結晶化に伴う発熱ピークの開始温度が96°C以上であり、前記ポリアミド樹脂中にクレイが分散されていることを特徴とするものであり、中間層としてポリアミド樹脂にクレイを配合したポリアミド樹脂組成物を用いた場合にも、経時による中間層の白化が有効に防止された透明性に優れた多層ポリエステル容器を提供することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090125273EP2130783JPWO2008126745US20100206762CN101678935JP5240189