国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126743) 触媒前駆体物質及びそれを用いた触媒
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126743 国際出願番号: PCT/JP2008/056588
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 02.04.2008
IPC:
B01J 23/80 (2006.01) ,B01J 37/03 (2006.01) ,B01J 37/08 (2006.01) ,C01B 3/16 (2006.01) ,C01B 3/32 (2006.01) ,C01B 3/48 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01) ,C07C 29/154 (2006.01) ,C07C 31/04 (2006.01) ,H01M 8/06 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
80
亜鉛,カドミウムまたは水銀と結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
02
含浸,被覆または沈澱
03
沈澱;共沈
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
08
熱処理
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
06
エレクトロポジティブに結合した水素を含有する無機化合物,例.水,酸,塩基,アンモニア,と無機還元剤との反応によるもの
12
一酸化炭素と水蒸気との反応によるもの
16
触媒を使用するもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
32
ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
32
ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
34
ガス化剤と炭化水素との反応によるもの
48
一酸化炭素と水蒸気との反応にしたがうもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
29
6員芳香環に属していない炭素原子に結合している水酸基またはO―金属基をもつ化合物の製造
15
炭素の酸化物の還元のみによるもの
151
水素または水素含有ガスによるもの
153
用いられる触媒に特徴のあるもの
154
銅,銀,金またはその化合物を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
31
非環式炭素原子に結合した水酸基またはO―金属基をもつ飽和化合物
02
非環式一価アルコール
04
メタノール
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
06
反応物質の製造または反応生成物の処理のための手段と燃料電池との結合
出願人:
出光興産株式会社 IDEMITSU KOSAN CO., LTD. [JP/JP]; 〒1008321 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号 Tokyo 1-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008321, JP (AllExceptUS)
高津 幸三 TAKATSU, Kozo [JP/JP]; JP (UsOnly)
河島 義実 KAWASHIMA, Yoshimi [JP/JP]; JP (UsOnly)
仲井 敏 NAKAI, Satoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
高津 幸三 TAKATSU, Kozo; JP
河島 義実 KAWASHIMA, Yoshimi; JP
仲井 敏 NAKAI, Satoshi; JP
代理人:
大谷 保 OHTANI, Tamotsu; 〒1050001 東京都港区虎ノ門三丁目25番2号 ブリヂストン虎ノ門ビル6階 大谷特許事務所 Tokyo OHTANI PATENT OFFICE Bridgestone Toranomon Bldg. 6F. 25-2, Toranomon 3-chome Minato-ku, Tokyo 105-0001, JP
優先権情報:
2007-10289810.04.2007JP
発明の名称: (EN) CATALYST PRECURSOR SUBSTANCE, AND CATALYST USING THE SAME
(FR) SUBSTANCE PRÉCURSEUR DE CATALYSEUR ET CATALYSEUR L'UTILISANT
(JA) 触媒前駆体物質及びそれを用いた触媒
要約:
(EN) Disclosed is a catalyst precursor substance which comprises copper, zinc and aluminum and has a broad X-ray diffraction peak at a specific lattice plane spacing [d (Å)]. The catalyst precursor substance can be produced by mixing a solution containing a copper salt, a zinc salt and an aluminum salt with a solution containing a hydroxide of an alkali metal or an alkali earth metal to cause the substance to precipitate. The catalyst precursor substance may be fired to prepare a catalyst. The catalyst can be used as a catalyst for a water-gas shift reaction. The catalyst can also be used for reforming carbon monoxide. Hydrogen produced by the reforming method can be used in a fuel cell system. Thus, specifically disclosed are: a catalyst which has high activity and high durability, causes less reduction in activity when applied to a fuel cell, is useful for a water-gas shift reaction, and can be used for a long period in the water-gas shift reaction; a carbon monoxide reforming method using the catalyst; and a fuel cell system utilizing hydrogen produced by the reforming method.
(FR) L'invention concerne une substance précurseur de catalyseur qui comprend du cuivre, du zinc et de l'aluminium et qui présente un large pic de diffraction aux rayons X à un espacement de plan réticulaire spécifique [d (Å)]. La substance précurseur de catalyseur peut être produite en mélangeant une solution contenant un sel de cuivre, un sel de zinc et un sel d'aluminium avec une solution contenant un hydroxyde d'un métal alcalin ou d'un métal alcalinoterreux pour provoquer la précipitation de la substance. La substance précurseur de catalyseur peut être chauffée pour préparer un catalyseur. Le catalyseur peut être utilisé en tant que catalyseur d'une réaction de conversion d'eau en gaz. Le catalyseur peut également être utilisé pour reformer du monoxyde de carbone. L'hydrogène généré par le procédé de reformage peut être utilisé dans un système de pile à combustible. La présente invention concerne donc : un catalyseur de forte activité et grande durabilité, qui génère une réduction d'activité moindre lorsqu'il est appliqué à une pile à combustible, est utile pour une réaction de conversion d'eau en gaz, et peut être utilisé pendant une période prolongée dans la réaction de conversion d'eau en gaz; un procédé de reformage du monoxyde de carbone utilisant le catalyseur; et un système de pile à combustible utilisant l'hydrogène généré par le procédé de reformage.
(JA)  本発明は、銅、亜鉛およびアルミニウムを含み、特定の格子面間隔d(Å)にブロードなX線回折ピークを示す触媒前駆体物質及び銅塩、亜鉛塩及びアルミニウム塩を含有する溶液とアルカリ金属又はアルカリ土類金属水酸化物を含有する溶液を混合して沈殿させることによる該触媒前駆体物質を製造し、該触媒前駆体を焼成して触媒を調製し、該触媒を水性ガスシフト反応用触媒とし、該触媒を用いて一酸化炭素を変成し、該変成方法により得られた水素を用いて燃料電池システムとすることにより、活性及び耐久性が高く、燃料電池に適用しても活性の低下が少なく、長期間使用できる水性ガスシフト反応用として有用な触媒及び該触媒を用いた一酸化炭素変成方法並びに該変成方法により得られた水素を用いる燃料電池システムを提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090128460EP2135673JPWO2008126743US20100112397CN101652176CA2681411
JP5421770