国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2008126723) 内燃機関の廃熱利用装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126723 国際出願番号: PCT/JP2008/056466
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 01.04.2008
IPC:
F02G 5/00 (2006.01) ,F01K 25/10 (2006.01) ,F02G 5/04 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
25
特殊な作動流体を使用するものであって,他に分類されない設備または機関;密閉サイクルで動作する設備で,他に分類されないもの
08
特殊な蒸気を用いるもの
10
蒸気が低温のもの,例.アンモニア,二酸化炭素,エーテル
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
02
排気ガスの廃熱を役立てるもの
04
燃焼機関からの他の廃熱とを組み合わせたもの
出願人:
サンデン株式会社 SANDEN CORPORATION [JP/JP]; 〒3728502 群馬県伊勢崎市寿町20番地 Gunma 20 Kotobuki-cho, Isesaki-shi, Gunma 3728502, JP (AllExceptUS)
粕谷潤一郎 KASUYA, Junichiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
狩野靖明 KANOU, Yasuaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
粕谷潤一郎 KASUYA, Junichiro; JP
狩野靖明 KANOU, Yasuaki; JP
代理人:
長門侃二 NAGATO, Kanji; 〒1050004 東京都港区新橋5丁目8番1号 百楽ビル5階 Tokyo 5F, Hyakuraku Bldg., 8-1, Shinbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1050004, JP
優先権情報:
2007-10035806.04.2007JP
発明の名称: (EN) WASTE HEAT-USING DEVICE FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) DISPOSITIF À CHALEUR RÉSIDUELLE POUR MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の廃熱利用装置
要約:
(EN) A waste heat-using device (2, 50) for recovering the waste heat of an internal combustion engine (4) from a heat medium comprises a Rankine cycle circuit (8) in which an evaporator (12), an expander (16), a condenser (18) and a pump (20) are interposed in a circulation passage (9) through which a flammable working fluid circulates in this order, a casing (30) for sealing and containing the Rankine cycle circuit (8), and an inactivating means (38) for chemically inactivating the inside of the casing (30).
(FR) Dispositif à chaleur résiduelle (2, 50) destiné à récupérer d'un milieu thermique la chaleur résiduelle d'un moteur à combustion interne (4). Le dispositif comporte un circuit à cycle de Rankine (8) dans lequel un évaporateur (12), un détendeur (16), un condenseur (18) et une pompe (20) sont interposés dans cet ordre dans un passage de circulation (9) dans lequel circule un fluide de travail inflammable ; un carter (30) destiné à étanchéifier et à contenir le circuit à cycle de Rankine (8) ; et des moyens d'inactivation (38) afin d'inactiver chimiquement l'intérieur du carter (30).
(JA)  内燃機関(4)の廃熱を熱媒体から熱回収する廃熱利用装置(2,50)であって、可燃性の作動流体が循環する循環路(9)に、蒸発器(12)、膨張機(16)、凝縮器(18)、ポンプ(20)が順次介挿されるランキンサイクル回路(8)と、ランキンサイクル回路(8)を密閉して収容する筐体(30)と、筐体(30)内を化学的に不活性状態にする不活性化手段(38)とを備える。  
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
EP2133544US20100101224