国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126485) 接合体及びその製造方法並びに接合材組成物及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126485 国際出願番号: PCT/JP2008/053251
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 26.02.2008
IPC:
B32B 7/02 (2006.01) ,B01D 39/20 (2006.01) ,C04B 37/00 (2006.01) ,C09J 1/00 (2006.01) ,C09J 11/04 (2006.01) ,F01N 3/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
02
物理的性質,例.堅さ,に関するもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
14
その他の自己支持ろ過材
20
無機物製のもの,例.アスベスト紙または針金を織ったものではない金属性ろ過材
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
37
焼成セラミック物品と他の焼成セラミック物品または他の物品との加熱による接合
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
1
無機成分に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
04
無機物
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
出願人:
日本碍子株式会社 NGK INSULATORS, LTD. [JP/JP]; 〒4678530 愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号 Aichi 2-56, Suda-cho, Mizuho-ku, Nagoya-shi, Aichi 4678530, JP (AllExceptUS)
河合 応明 KAWAI, Masaaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
冨田 崇弘 TOMITA, Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
森本 健司 MORIMOTO, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
川崎 真司 KAWASAKI, Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
河合 応明 KAWAI, Masaaki; JP
冨田 崇弘 TOMITA, Takahiro; JP
森本 健司 MORIMOTO, Kenji; JP
川崎 真司 KAWASAKI, Shinji; JP
代理人:
渡邉 一平 WATANABE, Kazuhira; 〒1110053 東京都台東区浅草橋3丁目20番18号 第8菊星タワービル3階 Tokyo 3rd Fl., No.8 Kikuboshi Tower Building 20-18, Asakusabashi 3-chome Taito-ku, Tokyo 1110053, JP
優先権情報:
2007-08195727.03.2007JP
発明の名称: (EN) ASSEMBLY, METHOD FOR PRODUCTION OF THE ASSEMBLY, JOINT COMPOSITION, AND METHOD FOR PRODUCTION OF THE JOINT COMPOSITION
(FR) ENSEMBLE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE L'ENSEMBLE, COMPOSITION D'ASSEMBLAGE ET PROCÉDÉ POUR LA PRODUCTION DE LA COMPOSITION D'ASSEMBLAGE
(JA) 接合体及びその製造方法並びに接合材組成物及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is an assembly formed by jointing two or more components integrally through a joint layer. In the assembly, the joint layer comprises a layered silicate. When a test specimen is cut out from the joint layer, the average coefficient of linear thermal expansion &agr;1000˚C of the test specimen as defined by the formula (1) and the average coefficient of linear thermal expansion &agr;400˚C of the test specimen as defined by the formula (2) satisfy the requirement expressed by the formula (3). &agr;1000˚C = (l1000˚C-l40˚C)/[l40˚C×(1273.15K-313.15K)] (1) [wherein l1000˚C represents the length of the test specimen at 1000˚C; and l40˚C represents the length of the test specimen at 40˚C.] &agr;400˚C = (l400˚C-l40˚C)/[l40˚C×(673.15K-313.15K)] (2) [wherein l400˚C represents the length of the test specimen at 400˚C; and l40˚C represents the length of the test specimen at 40˚C.] &Igr;&agr;1000˚C -&agr;400˚C&Igr; ≤ 2.0x10-6/K (3)
(FR) L'invention concerne un ensemble formé par l'assemblage de deux ou plusieurs composants en une seule pièce à travers une couche d'assemblage. Dans l'ensemble, la couche d'assemblage comporte un silicate stratifié. Lorsqu'un échantillon est découpé à partir de la couche d'assemblage, le coefficient moyen de dilatation thermique linéaire &agr;1000°C de l'échantillon tel que défini par la formule (1) et le coefficient moyen de dilatation thermique linéaire &agr;400°C de l'échantillon tel que défini par la formule (2) satisfont l'exigence exprimée par la formule (3). &agr;1000°C = (l1000°C-l40°C)/[l40°C x1273,15K-313,15K)] (1) [dans laquelle l1000°C représente la longueur de l'échantillon à 1000˚C; et l40°C représente la longueur de l'échantillon à 40˚C.] &agr;400°C = (l400°C-l40°C)/[l40°C x673,15K-313,15K)] (2) [dans laquelle l400°C représente la longueur de l'échantillon à 400˚C; et l40°C représentant la longueur de l'échantillon à 40˚C.] &Igr;&agr;1000°C-&agr;400°C &Igr; ≤ 2.0x10-6/K (3)
(JA)  二つ以上の被接合物が接合材層を介して一体化されてなる接合体である。当該接合体においては、前記接合材層が層状ケイ酸塩を含み、前記接合材層から切り出された試験片の下式(1)で規定される平均線熱膨張係数α1000°Cと、下式(2)で規定される平均線熱膨張係数α400°Cとが、下式(3)を満たす。 α1000°C=(l1000°C-l40°C)/{l40°Cx(1273.15K-313.15K)} (1) (式中、l1000°Cは1000°Cにおける試験片の長さを、l40°Cは40°Cにおける試験片の長さをそれぞれ示す。) α400°C=(l400°C-l40°C)/{l40°Cx(673.15K-313.15K)} (2) (式中、l400°Cは400°Cにおける試験片の長さを、l40°Cは40°Cにおける試験片の長さをそれぞれ示す。) |α1000°C-α400°C|≦2.0×10-6/K (3)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2133198JPWO2008126485JP5318753