国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126384) キノロンカルボン酸誘導体の製法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126384 国際出願番号: PCT/JP2008/000817
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 31.03.2008
IPC:
C07D 401/04 (2006.01) ,C07D 215/56 (2006.01) ,C07D 498/06 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
48
異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子
54
3位に結合しているもの
56
4位に酸素原子を有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
498
縮合系中に異項原子として窒素および酸素原子のみをもつ少なくても1個の複素環を含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
06
ペリ―縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 〒1038426 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号 Tokyo 3-5-1, Nihonbashi Honcho, Chuo-ku, Tokyo 1038426, JP (AllExceptUS)
佐藤 耕司 SATO, Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
櫻谷 憲司 SAKURATANI, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
佐藤 耕司 SATO, Koji; JP
櫻谷 憲司 SAKURATANI, Kenji; JP
代理人:
特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE; 〒1030013 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番6号共同ビル Tokyo Kyodo Bldg. 3-6, Nihonbashiningyocho 1-chome Chuo-ku, Tokyo 1030013, JP
優先権情報:
2007-09065030.03.2007JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING QUINOLONE CARBOXYLIC ACID DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE DÉRIVÉ D'ACIDE QUINOLONE-CARBOXYLIQUE
(JA) キノロンカルボン酸誘導体の製法
要約:
(EN) Disclosed is a method for producing a quinolone compound having high antibacterial activity and safety by a simple process with high yield. Specifically, a desired quinolone carboxylic acid derivative (1) shown below is produced in one pot by reacting a compound (2) shown below, a salt of a cyclic amine (3) shown below and a boron derivative in a solvent in the presence of a base. (2) (3) (1)
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un composé de quinolone ayant une activité antibactérienne et une tolérance élevée par un procédé simple en un rendement important. Spécifiquement, un dérivé d'acide quinolone-carboxylique souhaité (1) présenté ci-dessous est produit dans un récipient en faisant réagir un composé (2) présenté ci-dessous, un sel d'amine cyclique (3) présenté ci-dessous et un dérivé de bore dans un solvant en présence d'une base. (2) (3) (1)
(JA)  本発明は、抗菌活性および安全性の高いキノロン化合物の簡便かつ高収率な製造方法に関する。  溶媒中、塩基存在下、化合物(2)と、環状アミン(3)の塩と、ホウ素誘導体とを反応させることにより、ワンポットで目的とするキノロンカルボン酸誘導体(1)を製造する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090125064IL200600EP2130827JPWO2008126384US20100063279ES2378856
CN101652357CA2679852BRPI0809220JP5282029IN5501/DELNP/2009