国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008126307) 触媒担持体および触媒担持体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/126307 国際出願番号: PCT/JP2007/057255
国際公開日: 23.10.2008 国際出願日: 30.03.2007
IPC:
B01J 35/04 (2006.01) ,B01D 53/86 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
イビデン株式会社 IBIDEN CO., LTD. [JP/JP]; 〒5038604 岐阜県大垣市神田町2丁目1番地 Gifu 1, Kandacho 2-Chome, Ogaki-Shi, Gifu 5038604, JP (AllExceptUS)
井戸 貴彦 IDO, Takahiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
大野 一茂 OHNO, Kazushige [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
井戸 貴彦 IDO, Takahiko; JP
大野 一茂 OHNO, Kazushige; JP
代理人:
伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko; 〒1506032 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー32階 Tokyo 32nd Floor, Yebisu Garden Place Tower 20-3, Ebisu 4-chome Shibuya-ku, Tokyo 1506032, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) CATALYST SUPPORT AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME
(FR) SUPPORT DE CATALYSEUR ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DU SUPPORT
(JA) 触媒担持体および触媒担持体の製造方法
要約:
(EN) A catalyst support having a honeycomb structure having cells extending in the longitudinal direction and partitioned by a cell wall and, disposed in the peripheral portion of the honeycomb structure, a coat layer, characterized in that the coat layer has a thickness, D, satisfying the relationship 2 mm < D ≤ 10 mm. Further, there is provided a process for producing the catalyst support. The catalyst support can have a high isostatic strength.
(FR) L'invention concerne un support de catalyseur présentant une structure alvéolaire dont les cellules s'étendent dans le sens longitudinal et sont séparées par une paroi cellulaire. Une couche de revêtement est disposée dans la partie périphérique de la structure alvéolaire. Le support de catalyseur se caractérise en ce que la couche de revêtement présente une épaisseur D conforme au rapport 2 mm < D ≤ 10 mm. L'invention concerne en outre un procédé de production du support de catalyseur qui peut présenter une force isostatique élevée.
(JA)  本発明は、長手方向に延在するセルがセル壁によって区画されたハニカム構造体と、該ハニカム構造体の外周部に設置されたコート層とを有する触媒担持体において、コート層の厚さDが2mm<D≦10mmの範囲であることを特徴とする触媒担持体、及びその製造方法に関する。本発明では、高いアイソスタティック強度を有する触媒担持体を提供することが可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20080241003