国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123629) 内燃機関の排気浄化装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123629 国際出願番号: PCT/JP2008/057045
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 03.04.2008
IPC:
F01N 3/36 (2006.01) ,B01D 53/86 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/20 (2006.01) ,F02D 41/04 (2006.01) ,F02D 43/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
04
特定の運転状態に対応する補正の導入
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
43
2つ以上の機能,例.点火,燃料―空気の混合,再循環,過給,排気ガス処理,の結合した電気的制御
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 〒4718571 愛知県豊田市トヨタ町1番地 Aichi 1, Toyotacho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
吉田耕平 YOSHIDA, Kohei [JP/JP]; JP (UsOnly)
浅沼孝充 ASANUMA, Takamitsu [JP/JP]; JP (UsOnly)
西岡寛真 NISHIOKA, Hiromasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
吉田耕平 YOSHIDA, Kohei; JP
浅沼孝充 ASANUMA, Takamitsu; JP
西岡寛真 NISHIOKA, Hiromasa; JP
代理人:
青木篤 AOKI, Atsushi; 〒1058423 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル青和特許法律事務所 Tokyo SEIWA PATENT & LAW Toranomon 37 Mori Bldg. 5-1, Toranomon 3-chome, Minato-ku Tokyo 1058423, JP
優先権情報:
2007-09919905.04.2007JP
発明の名称: (EN) EXHAUST PURIFICATION DEVICE FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) DISPOSITIF DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT POUR MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の排気浄化装置
要約:
(EN) In an internal combustion engine, a SOx trap catalyst (12), a NOx occlusion catalyst (14), and a fuel addition valve (15) are arranged in an exhaust path of the engine. To make the air-fuel ratio of exhaust gas that flows into the NOx occlusion catalyst (14) a theoretical air-fuel ratio or rich in order to cause NOx to be released from the NOx occlusion catalyst (14), additional fuel is supplied into a combustion chamber (2) and fuel is added from the fuel addition valve (15). In this process, the amount of the additional fuel supplied into the combustion chamber (2) is controlled so that the air-fuel ratio of the exhaust gas discharged from the combustion chamber (2) has a smallest value within the range where SOx is not released from the SOx trap catalyst (12).
(FR) Dans un moteur à combustion interne, un catalyseur de piégeage de SOx (12), un catalyseur d'occlusion des NOx (14), et un clapet d'ajout de carburant (15) sont disposés dans un passage de gaz d'échappement du moteur. Du carburant supplémentaire est amené dans une chambre à combustion (14) et du carburant est ajouté depuis le clapet d'ajout de carburant (15) de manière à rapprocher d'une valeur théorique ou enrichir le rapport air-carburant du gaz d'échappement s'écoulant dans le catalyseur d'occlusion de NOx (14), pour libérer des NOx du catalyseur d'occlusion des NOx (14). Dans ce processus, la quantité de carburant supplémentaire amené dans la chambre de combustion (2) est régulée de façon que le rapport air-carburant du gaz d'échappement déchargé de la chambre de combustion (2) a la valeur plus petite dans une fourchette où SOx n'est pas libéré du catalyseur de piégeage de SOx (12).
(JA) 内燃機関において、機関排気通路内にSOxトラップ触媒(12)と、NOx吸蔵触媒(14)と、燃料添加弁(15)とが配置される。NOx吸蔵触媒(14)からNOxを放出すべくNOx吸蔵触媒(14)に流入する排気ガスの空燃比を理論空燃比又はリッチにするときには燃焼室(2)内に追加の燃料が供給されると共に燃料添加弁(15)から燃料が添加される。このときSOxトラップ触媒(12)からSOxが放出しない範囲で燃焼室(2)から排出される排気ガスの空燃比が最も小さくなるように燃焼室(2)内への追加燃料量が制御される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2133528JP2008255891US20100146937CN101542086