国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123598) コイルスプリングの防振機構およびこれを用いた倍力装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123598 国際出願番号: PCT/JP2008/056730
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 28.03.2008
IPC:
F16F 1/12 (2006.01) ,B60T 13/52 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
1
ばね
02
低内部摩擦の鋼鉄またはその他の材料よりなるもの;つる巻きばね,ねじりばね,板ばね,皿ばね,輪ばねまたは類似のばねで,ばねの材料に関連しないもの
04
つる巻きばね
12
付属品,装着部品
B 処理操作;運輸
60
車両一般
T
車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13
補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
10
流体の補助,駆動または放出によるもの
24
流体が気体であるもの
46
真空方式
52
間接方式,すなわち真空ブースター装置
出願人:
ボッシュ株式会社 BOSCH CORPORATION [JP/JP]; 〒1508360 東京都渋谷区渋谷3丁目6番7号 Tokyo 6-7, Shibuya 3-Chome, Shibuya-Ku, Tokyo 1508360, JP (AllExceptUS)
山下信行 YAMASHITA, Nobuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
山下信行 YAMASHITA, Nobuyuki; JP
代理人:
青木健二 AOKI, Kenji; 〒1100005 東京都台東区上野3丁目16番3号 上野鈴木ビル7階梓特許事務所 Tokyo AZUSA PATENT OFFICE Ueno-Suzuki Bldg. 7th Floor 16-3, Ueno 3-Chome Taito-Ku, Tokyo 1100005, JP
優先権情報:
2007-08713829.03.2007JP
発明の名称: (EN) VIBRATION ISOLATION MECHANISM FOR COIL SPRING AND BOOSTER USING THE SAME
(FR) MÉCANISME D'ISOLATION CONTRE LES VIBRATIONS POUR RESSORT HÉLICOÏDAL ET ÉLÉMENT DE COMPRESSION UTILISANT CE MÉCANISME
(JA) コイルスプリングの防振機構およびこれを用いた倍力装置
要約:
(EN) A vibration isolation mechanism for a coil spring has a spring retainer (24) for supporting a return spring (20). The spring retainer (24) is constructed from a pedestal retainer (25) and a holding retainer (26). A seat coil (20a) of the return spring (20) is elastically and firmly held between a holding section (30a) of the pedestal retainer (25) and a holding section (31a) of the holding retainer (26). Because of the structure above, vibration of the return spring (20) is forcibly damped and, as a result, occurrence of abnormal sound due to the vibration of the return spring (20) is suppressed even if there is a micro-gap between the seat coil (20a) and a second coil portion of the return spring (20).
(FR) L'invention concerne un mécanisme d'isolation contre les vibrations destiné à un ressort hélicoïdal, qui comporte un élément de retenue (24) de ressort pour maintenir un ressort de rappel (20). L'élément de retenue (24) de ressort est formé à partir d'un élément de retenue (25) de socle et d'un élément de fixation (26). Un enroulement de siège (20a) du ressort de rappel (20) est maintenu fermement et de manière élastique entre une partie de fixation (30a) de l'élément de retenue (25) de socle et une partie de fixation (31a) de l'élément de fixation (26). Cette structure permet d'amortir les vibrations du ressort de rappel (20) et de supprimer ainsi les sons anormaux produits par les vibrations du ressort de rappel (20), même en présence d'un micro-espace entre l'enroulement de siège (20a) et une deuxième partie d'enroulement du ressort de rappel (20).
(JA) 本発明のコイルスプリングの防振機構は、リターンスプリング(20)を支持するスプリングリテーナ(24)を有している。このスプリングリテーナ(24)は、台座リテーナ(25)と把持用リテーナ(26)とから構成されている。そして、リターンスプリング(20)の座巻き部(20a)が台座リテーナ(25)の把持部(30a)と把持用リテーナ(26)の把持部(31a)との間に、弾性的にかつ堅固に把持される。したがって、リターンスプリング(20)の振動が強制的に減衰され、リターンスプリング(20)の座巻き部(20a)と2巻き目の部分との間に微小隙間があっても、リターンスプリング(20)の振動による異音の発生が抑制される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2131058US20100109428