16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123486) 燃料電池のための電極触媒層およびその製造方法
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

1 . 燃料電池のための電極触媒層であって、

第 1の領域と、

前記第 1の領域よりも撥水性の高い第 2の領域と、

を含み、 求

前記第 1の領域の単位面積あたりの触媒のの量は、前記第 2の領域の単位面積あたリ の前記触媒の量よりも小さいことを特徴とする電極触媒層。

2 . 請求の範囲第 1項に記載の電極触媒層であって、

前記第 2の領域には、撥水性を高めるための処理が施されている、電極触媒層。

3 . 請求の範囲第 1項または第 2項に記載の電極触媒層であって、

前記第 1の領域には、親水性を高めるための処理が施されている、電極触媒層。

4 . 燃料電池のための膜電極接合体であって、

電解質膜と、

前記電解質膜の第 1の面側に設けられた第 1の電極触媒層と、

前記電解質膜の第 2の面側に設けられた第 2の電極触媒層と、

を備え、

前記第 1の電極触媒層と前記第 2の電極触媒層とのうちの少なくとも一方は、請求 の範囲第 1項ないし第 3項のいずれかに記載の電極触媒層であることを特徴とする膜 電極接合体。

5 . 燃料電池のための電極触媒層の製造方法であつて、

( a ) 触媒を含む第 1の分散液と、前記触媒を含む第 2の分散液と、を準備する工程 と、

( b ) 支持体上に前記第 1の分散液を塗布することによって前記電極触媒層に含まれ る第 1の領域を形成し、前記支持体上に前記第 2の分散液を塗布することによって前 記電極触媒層に含まれる第 2の領域であって、前記第 1の領域よりも撥水性の高い前 記第 2の領域を形成する工程と、

を含み、

前記第 1の分散液の塗布と前記第 2の分散液の塗布とは、前記第 1の領域の単位面 積あたりの触媒の量が、前記第 2の領域の単位面積あたりの前記触媒の量よリも小さ くなるように、行われることを特徴とする製造方法。

6 . 請求の範囲第 5項に記載の製造方法であつて、

前記第 1の分散液の単位面積あたりの塗布量を前記第 2の分散液の単位面積あたり の塗布量よりも小さくすることによって、前記第 1の領域の単位面積あたりの前記触 媒の量を前記第 2の領域の単位面積あたりの前記触媒の量よりも小さくする、製造方