国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123456) 携帯無線機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123456 国際出願番号: PCT/JP2008/056202
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 28.03.2008
IPC:
H01Q 1/24 (2006.01) ,G06K 19/07 (2006.01) ,G06K 19/077 (2006.01) ,H01Q 1/52 (2006.01) ,H01Q 7/00 (2006.01) ,H01Q 21/28 (2006.01) ,H04B 1/38 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
1
空中線の細部または空中線に関連する構成
12
支持物;取り付け手段
22
他の装置や物品との構造上の結合によるもの
24
受信機をもつもの
G 物理学
06
計算;計数
K
データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い
19
少なくともその一部にデジタルマークが記録されるように設計され,かつ機械で使用される記録担体
06
デジタル記録マークの種類,例.形状,性質,コード,によって特徴づけられるもの
067
導電性マーク,印刷回路または半導体回路素子をもつ記録担体,例.クレジットカードまたは身分証明書
07
集積回路チップをもつもの
G 物理学
06
計算;計数
K
データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い
19
少なくともその一部にデジタルマークが記録されるように設計され,かつ機械で使用される記録担体
06
デジタル記録マークの種類,例.形状,性質,コード,によって特徴づけられるもの
067
導電性マーク,印刷回路または半導体回路素子をもつ記録担体,例.クレジットカードまたは身分証明書
07
集積回路チップをもつもの
077
構造上の細部,例.担体内への回路の取付け
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
1
空中線の細部または空中線に関連する構成
52
空中線間の減結合手段;空中線と他の装置との間の減結合手段
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
7
ループのまわりに均一な電流分布をもちかつループ面と直角な面内に指向特性をもったループ空中線
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
21
空中線配列または系
28
独立して干渉しない空中線単位または空中線系の組み合わせ
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
1
グループH04B3/00~H04B13/00の単一のグループに包含されない伝送方式の細部;伝送媒体によって特徴づけられない伝送方式の細部
38
送受信機,すなわち送信機と受信機とが1つの構造ユニットを形成し,かつ少なくとも一部分は送信および受信機能のために用いられる装置
出願人:
京セラ株式会社 Kyocera corporation [JP/JP]; 〒6128501 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 Kyoto 6, Takeda Tobadono-cho, Fushimi-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6128501, JP (AllExceptUS)
和久 健二 WAKU, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
小山 忠司 KOYAMA, Tadashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
渡辺 邦彦 WATANABE, Kunihiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
西園 光博 NISHIZONO, Mitsuhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
森下 勝司 MORISHITA, Katsuji [JP/JP]; JP (UsOnly)
岩永 武史 IWANAGA, Takeshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
富樫 大輔 TOGASHI, Daisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
和久 健二 WAKU, Kenji; JP
小山 忠司 KOYAMA, Tadashi; JP
渡辺 邦彦 WATANABE, Kunihiko; JP
西園 光博 NISHIZONO, Mitsuhiro; JP
森下 勝司 MORISHITA, Katsuji; JP
岩永 武史 IWANAGA, Takeshi; JP
富樫 大輔 TOGASHI, Daisuke; JP
代理人:
正林 真之 SHOBAYASHI, Masayuki; 〒1700013 東京都豊島区東池袋1丁目25番8号 タカセビル本館 Tokyo Takase Bldg. 25-8, Higashi-ikebukuro 1-chome, Toshima-ku Tokyo 1700013, JP
優先権情報:
2007-08749629.03.2007JP
発明の名称: (EN) MOBILE RADIO DEVICE
(FR) DISPOSITIF RADIO MOBILE
(JA) 携帯無線機
要約:
(EN) Provided is a mobile radio device which enables an effective use of the space in a case while reducing degradation of an antenna gain and maintaining a communication quality even if a plurality of antennas having different frequency bands are arranged in the vicinity from one another. A magnetic antenna (50) has a first switch unit (80), a second switch unit (81), and a concentrated constant circuit (82) which are added to a wiring pattern at the side near to a main antenna (70), so that a first path and a second path can be selected. Under a predetermined condition, a CPU (72) controls the first switch (80) and the second switch (81) so as to electrically connect a terminal (A1) to a terminal (B1) and electrically connect a terminal (A2) to a terminal (B2), thereby forming the first path; and electrically connect the terminal (A1) to a terminal (C1) and electrically connect the terminal (A2) to a terminal (C2), thereby forming the second path connected via the concentrated constant circuit (82).
(FR) L'invention propose un dispositif radio mobile qui permet une utilisation efficace de l'espace dans un boîtier tout en réduisant la dégradation d'un gain d'antenne et en maintenant une qualité de communication même si une pluralité d'antennes ayant différentes bandes de fréquence sont disposées au voisinage l'une de l'autre. Une antenne magnétique (50) a une première unité de commutateur (80), une seconde unité de commutateur (81) et un circuit à constantes concentrées (82) qui sont ajoutés à un motif de câblage au côté proche d'une antenne principale (70), de telle sorte qu'un premier trajet et un second trajet peuvent être sélectionnés. Dans une condition prédéterminée, une unité centrale (72) commande le premier commutateur (80) et le second commutateur (81) de façon à connecter électriquement une borne (A1) à une borne (B1) et à connecter électriquement une borne (A2) à une borne (B2), formant ainsi le premier trajet ; et à connecter électriquement la borne (A1) à une borne (C1) et à connecter électriquement la borne (A2) à une borne (C2), formant ainsi le second trajet connecté par l'intermédiaire du circuit à constantes concentrées (82).
(JA)  異なる周波数帯域を有する複数のアンテナが近接配置された場合においも、アンテナ利得の劣化を低減して、通信品質を維持しながら、筐体内のスペースを有効活用することができる携帯無線機を提供する。  磁界アンテナ50は、メインアンテナ70に近接している側において、第1のスイッチ部80と、第2のスイッチ部81と、集中定数回路82と、が配線パターンに付加されることにより、第1の経路と第2の経路とが選択可能に構成されている。CPU72は、一定条件下において、第1のスイッチ部80と第2のスイッチ部81とを制御し、端子A1と端子B1を導通させ、かつ端子A2と端子B2とを導通させることにより第1の経路を構成し、一方、端子A1と端子C1とを導通させ、かつ端子A2と端子C2とを導通させることにより集中定数回路82を介して接続される第2の経路を構成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20100130140