国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123418) コーティング材料及びその製造方法並びにコーティング方法並びにシュラウド付き動翼
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123418 国際出願番号: PCT/JP2008/056097
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 28.03.2008
IPC:
C22C 19/07 (2006.01) ,C23C 4/06 (2006.01) ,C23C 4/12 (2006.01) ,C23C 4/18 (2006.01) ,F01D 5/22 (2006.01) ,F01D 5/28 (2006.01) ,F01D 25/00 (2006.01) ,F02C 7/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
19
ニッケルまたはコバルトを基とする合金
07
コバルトを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
04
被覆材料に特徴のあるもの
06
金属質材料
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
12
スプレー方法に特徴のあるもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
18
後処理
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5
ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
12
ブレード
22
ブレード間の連結片,例.被覆片によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5
ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
12
ブレード
28
適切な材質の選定;腐食または侵食に対処するための手段の選定
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25
他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 〒1088215 東京都港区港南二丁目16番5号 Tokyo 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP (AllExceptUS)
ツィンファ ユニバーシティ Tsinghua University [CN/CN]; 100084 ベイジン、ハイダン ディストリクト、 ツィンファ ユニバーシティ Beijing Tsinghua University, BHai Dian District, Beijing 100084, CN (AllExceptUS)
鳥越 泰治 TORIGOE, Taiji [JP/JP]; JP (UsOnly)
湯村 友亮 YUNOMURA, Tomoaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
岡田 郁生 OKADA, Ikuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
▲楊▼ 志▲剛▼ YANG, Zhi-Gang [CN/CN]; CN (UsOnly)
発明者:
鳥越 泰治 TORIGOE, Taiji; JP
湯村 友亮 YUNOMURA, Tomoaki; JP
岡田 郁生 OKADA, Ikuo; JP
▲楊▼ 志▲剛▼ YANG, Zhi-Gang; CN
代理人:
藤田 考晴 FUJITA, Takaharu; 〒2200012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル24F Kanagawa Mitsubishijuko Yokohama Bldg. 24F 3-1, Minatomirai 3-chome, Nishi-ku Yokohama-shi, Kanagawa 2200012, JP
優先権情報:
2007-08869729.03.2007JP
発明の名称: (EN) COATING MATERIAL, METHOD FOR PRODUCTION THEREOF, COATING METHOD, ROTOR BLADE EQUIPPED WITH SHROUD
(FR) MATIÈRE DE REVÊTEMENT, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, PROCÉDÉ DE REVÊTEMENT, PALE DE ROTOR ÉQUIPÉE D'UN REVÊTEMENT DE PROTECTION
(JA) コーティング材料及びその製造方法並びにコーティング方法並びにシュラウド付き動翼
要約:
(EN) Disclosed are: a coating material for producing a coating film having high abrasion resistance and improved oxidation resistance at higher temperatures; a method for producing the coating material; and a coating method and a rotor blade equipped with a shroud both using the coating material. Specifically, the coating material comprises 14 to 30 mass% of Mo, 13 to 20 mass% of Cr and 0.5 to 4 mass% of Si; and optionally 1.5 mass% or less of Ni, 1.5 mass% or less of Fe, and 0.08 mass% or less of C; with the remainder being Co and unavoidable impurities. The coating material further comprises at least one additive component selected from the group consisting of 0.01 to 3 mass% of Y, 0.01 to 10 mass% of Al, and 0.1 to 10 mass% of Fe.
(FR) L'invention porte sur une matière de revêtement pour produire un film de revêtement ayant une résistance élevée à l'abrasion et une résistance améliorée à l'oxydation à des températures supérieures ; sur un procédé de fabrication de la matière de revêtement ; et sur un procédé de revêtement et une pale de rotor équipée d'un revêtement de protection, ledit procédé et ladite pale de rotor utilisant tous deux la matière de revêtement. De façon spécifique, la matière de revêtement comprend 14 à 30 % en masse de Mo, 13 à 20 % en masse de Cr et 0,5 à 4 % en masse de Si ; et facultativement 1,5 % en masse ou moins de Ni, 1,5 % en masse ou moins de Fe, et 0,08 % en masse ou moins de C, le reste étant constitué par Co et les impuretés inévitables. La matière de revêtement comprend en outre au moins un composant additif choisi dans le groupe constitué par 0,01 à 3 % en masse de Y, 0,01 à 10 % en masse de Al et 0,1 à 10 % en masse de Fe.
(JA)  高い耐磨耗性を維持しつつ高温における耐酸化性を向上したコーティング皮膜を得るためのコーティング材料及びその製造方法並びに該コーティング材料を用いたコーティング方法及びシュラウド付き動翼を提供する。14質量%以上30質量%以下のMoと、13質量%以上20質量%以下のCrと、0.5質量%以上4質量%以下のSiとを含有し、1.5質量%以下のNiと、1.5質量%以下のFeと、0.08質量%以下のCとを含有することを許容し、残部がCo及び不可避的不純物からなるコーティング材料であって、0.01質量%以上3質量%以下のYと、0.01質量%以上10質量%以下のAlと、0.1質量%以上10質量%以下のFeとからなる群より選ばれる少なくとも一種の添加成分を含有する材料を用いる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2130933US20100104440CA2681866