国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2008123395) ヒストン脱アセチル化酵素阻害作用を有する化合物を有効成分として含有する眼圧下降剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123395 国際出願番号: PCT/JP2008/056014
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 28.03.2008
IPC:
A61K 45/00 (2006.01) ,A61K 31/44 (2006.01) ,A61K 31/443 (2006.01) ,A61K 31/4433 (2006.01) ,A61K 31/4436 (2006.01) ,A61K 31/4439 (2006.01) ,A61K 31/444 (2006.01) ,A61K 31/5377 (2006.01) ,A61P 27/02 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 213/81 (2006.01) ,C07D 401/12 (2006.01) ,C07D 405/12 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01) ,C07D 409/12 (2006.01) ,C07D 413/12 (2006.01) ,C07D 417/12 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
443
環異種原子として酸素を有する5員環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
4433
環異種原子として酸素を有する6員環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
4436
環異種原子として硫黄を有する複素環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
4439
環異種原子として室素を有する5員環を含むもの,例.オメプラゾール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
444
環異種原子として窒素を有する6員環を含むもの,例.アムリノン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535
環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
5375
1,4-オキサジン,例.モルホリン
5377
縮合することなく,さらに複素環を含有するもの,例.チモロール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
27
感覚器系疾患の治療剤
02
眼科用剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
213
異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
78
異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基
81
アミド;イミド
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
409
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として硫黄のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
413
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と酸素原子のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
出願人:
参天製薬株式会社 SANTEN PHARMACEUTICAL CO., LTD. [JP/JP]; 〒5338651 大阪府大阪市東淀川区下新庄3丁目9番19号 Osaka 9-19, Shimoshinjo 3-chome, Higashiyodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5338651, JP (AllExceptUS)
米田 信次 YONEDA, Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
藤澤 幸史 FUJISAWA, Koushi [JP/JP]; JP (UsOnly)
渡辺 克彦 WATANABE, Katsuhiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
藤河 順子 FUJIKAWA, Junko [JP/JP]; JP (UsOnly)
島崎 敦 SHIMAZAKI, Atsushi [JP/JP]; JP (UsOnly)
桐原 朋子 KIRIHARA, Tomoko [JP/JP]; JP (UsOnly)
田島 久嗣 TAJIMA, Hisashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
米田 信次 YONEDA, Shinji; JP
藤澤 幸史 FUJISAWA, Koushi; JP
渡辺 克彦 WATANABE, Katsuhiko; JP
藤河 順子 FUJIKAWA, Junko; JP
島崎 敦 SHIMAZAKI, Atsushi; JP
桐原 朋子 KIRIHARA, Tomoko; JP
田島 久嗣 TAJIMA, Hisashi; JP
代理人:
日比 紀彦 HIBI, Norihiko; 〒5420086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目13番18号 イナバビル3階 キシモト特許事務所内 Osaka c/o KISHIMOTO & CO., 3rd Floor Inaba Building, 13-18 Nishishinsaibashi 1-chome Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5420086, JP
優先権情報:
2007-08435628.03.2007JP
発明の名称: (EN) OCULAR HYPOTENSIVE AGENT COMPRISING COMPOUND CAPABLE OF INHIBITING HISTONE DEACETYLASE AS ACTIVE INGREDIENT
(FR) AGENT HYPOTENSEUR OCULAIRE COMPRENANT UN COMPOSÉ CAPABLE D'INHIBER UNE HISTONE DÉSACÉTYLASE COMME PRINCIPE ACTIF
(JA) ヒストン脱アセチル化酵素阻害作用を有する化合物を有効成分として含有する眼圧下降剤
要約:
(EN) The object is to find a novel pharmacological activity of a compound capable of inhibiting an HDAC. The compound capable of inhibiting a histone deacetylase has an excellent ability of changing the cytomorphology of a trabeculara cell and/or an excellent ocular hypotensive activity, and is therefore useful as a prophylactic and/or therapeutic agent for a disease associated with aqueous humor circulation and/or ocular tension, particularly a prophylactic and/or therapeutic agent for glaucoma, ocular hypertension or the like.
(FR) L'objectif est de trouver une nouvelle activité pharmacologique d'un composé capable d'inhiber une histone désacétylase (HDAC). Le composé capable d'inhiber une histone désacétylase a une excellente aptitude à changer la cytomorphologie d'une cellule trabéculaire et/ou une activité hypotensive oculaire excellente, et est par conséquent utile comme agent prophylactique et/ou thérapeutique pour une maladie associée à une circulation d'humeur aqueuse et/ou une tension oculaire, en particulier un agent prophylactique et/ou thérapeutique pour un glaucome, une hypertension oculaire ou similaires.
(JA)  本発明はHDAC阻害作用を有する化合物の新たな薬理作用を見出すことを目的とする。本発明のヒストン脱アセチル化酵素阻害作用を有する化合物は、線維柱帯細胞に対して優れた細胞形態変化作用及び/又は眼圧下降作用を有するので、房水循環及び/又は眼圧が関与するとされる疾患の予防及び/又は治療剤、特に緑内障、高眼圧症の予防及び/又は治療剤として有用である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
KR1020090125209EP2135620JP2008266322US20100056522CN101646460CA2680838