国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2008123318) 糖アルコール変性オルガノポリシロキサン化合物及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123318 国際出願番号: PCT/JP2008/055762
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 26.03.2008
IPC:
C08G 77/14 (2006.01) ,C08G 77/06 (2006.01) ,C08G 77/38 (2006.01) ,C08G 77/46 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
77
高分子の主鎖にいおう,窒素,酸素または炭素を有しまたは有せずにけい素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
04
ポリシロキサン
14
酸素含有基に結合したけい素を含むもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
77
高分子の主鎖にいおう,窒素,酸素または炭素を有しまたは有せずにけい素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
04
ポリシロキサン
06
製造法
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
77
高分子の主鎖にいおう,窒素,酸素または炭素を有しまたは有せずにけい素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
04
ポリシロキサン
38
化学的後処理により変性されたポリシロキサン
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
77
高分子の主鎖にいおう,窒素,酸素または炭素を有しまたは有せずにけい素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
42
ポリシロキサン連鎖を含むブロックまたはグラフト重合体
46
ポリエーテル連鎖を含むもの
出願人:
日油株式会社 NOF CORPORATION [JP/JP]; 〒1506019 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 Tokyo 20-3, Ebisu 4-chome, Shibuya-ku, Tokyo 1506019, JP (AllExceptUS)
林 由浩 HAYASHI, Yoshihiro; null (UsOnly)
阿部 哲志 ABE, Satoshi; null (UsOnly)
発明者:
林 由浩 HAYASHI, Yoshihiro; null
阿部 哲志 ABE, Satoshi; null
代理人:
内藤 照雄 NAITO, Teruo; 〒1050003 東京都港区西新橋一丁目7番13号 信栄特許事務所 Tokyo Shin-Ei Patent Firm 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome Minato-ku, Tokyo 105-0003, JP
優先権情報:
2007-09378930.03.2007JP
発明の名称: (EN) SUGAR ALCOHOL-MODIFIED ORGANOPOLYSILOXANE COMPOUND AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
(FR) COMPOSÉ D'ORGANOPOLYSILOXANE MODIFIÉ PAR UN ALCOOL DE SUCRE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 糖アルコール変性オルガノポリシロキサン化合物及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a novel sugar alcohol-modified organopolysiloxane compound which enables to obtain a nonionic surfactant usable in wide applications. This sugar alcohol-modified organopolysiloxane compound is effectively imparted with hydrophilicity by using only a small amount of a precursor having a sugar alcohol residue. Also disclosed is a method for producing such a novel sugar alcohol-modified organopolysiloxane compound. Specifically disclosed are a sugar alcohol-modified organopolysiloxane compound represented by the formula (1) below, and a method for producing such a sugar alcohol-modified organopolysiloxane compound. (In the formula (1), R1 represents a hydrocarbon group having 1-8 carbon atoms; X represents a group represented by the formula (2) below; Y represents a -R4O(AO)nR5 group (wherein AO represents an oxyalkylene group having 2-4 carbon atoms; R4 represents a divalent hydrocarbon group having 3-5 carbon atoms; R5 represents a hydrogen atom, a hydrocarbon group having 1-24 carbon atoms or an acyl group having 2-24 carbon atoms; and n = 1-100); R2 represents R1, X or Y; and a = 0-700, b = 0-100, c = 0-50 and when b = 0, at least one of R2's is X.) (In the formula (2), R3represents a divalent hydrocarbon group having 3-5 carbon atoms; and d = 1-2.)
(FR) L'invention porte sur un nouveau composé d'organopolysiloxane modifié par un alcool de sucre qui permet d'obtenir un agent tensioactif non ionique utilisable dans de larges applications. Ce composé d'organopolysiloxane modifié par un alcool de sucre est doté de manière effective d'un caractère hydrophile à l'aide seulement d'une petite quantité d'un précurseur ayant un reste d'alcool de sucre. L'invention porte sur un procédé de fabrication d'un tel composé d'organopolysiloxane modifié par un alcool de sucre. De façon spécifique, l'invention porte sur un composé d'organopolysiloxane modifié par un alcool de sucre représenté par la formule (1) ci-après, et sur un procédé de fabrication d'un tel composé d'organopolysiloxane modifié par un alcool de sucre. (Dans la formule (1), R1 représente un groupe hydrocarboné ayant 1-8 atomes de carbone; X représente un groupe représenté par la formule (2) ci-après; Y représente un groupe -R4O(AO)nR5 (où AO représente un groupe oxyalkylène ayant 2-4 atomes de carbone; R4 représente un groupe hydrocarboné divalent ayant 3-5 atomes de carbone; R5 représente un atome d'hydrogène, un groupe hydrocarboné ayant 1-24 atomes de carbone ou un groupe acyle ayant 2-24 atomes de carbone; et n = 1-100); R2 représente R1, X ou Y; et a = 0-700, b = 0-100, c = 0-50 et, lorsque b = 0, au moins l'un des R2 représente X). (Dans la formule (2), R3 représente un groupe hydrocarboné divalent ayant 3-5 atomes de carbone; et d = 1-2).
(JA)  本発明の目的は、糖アルコール残基を有する前駆体を用いることにより、より少量の原料の配合でも効果的に親水性を付与することが可能であり、広範囲の用途で使用可能な非イオン界面活性剤を提供する新規な糖アルコール変性オルガノポリシロキサン化合物およびその製造方法を提供することである。  本発明は、式(1)で表される糖アルコール変性オルガノポリシロキサン化合物およびその製造方法に関する。 (式(1)中、Rは炭素数1~8の炭化水素基、Xは式(2)で表される基、Yは-RO(AO)nR(式中、AOは炭素数2~4のオキシアルキレン基、Rは炭素数3~5の2価の炭化水素基、Rは水素原子、炭素数1~24の炭化水素基、炭素数2~24のアシル基のいずれかであり、n=1~100である)を表し、RはR、X、Yのいずれかであり、a=0~700、b=0~100、c=0~50でb=0の場合Rの少なくとも一つはXである。) (式(2)中、Rは炭素数3~5の2価の炭化水素基であり、d=1~2である。)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20100113731CN101641396