国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123158) 積層板及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123158 国際出願番号: PCT/JP2008/055329
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 21.03.2008
IPC:
B29C 49/20 (2006.01) ,B29C 49/42 (2006.01) ,B32B 3/12 (2006.01) ,B32B 3/26 (2006.01) ,B32B 5/18 (2006.01) ,B32B 15/08 (2006.01) ,B29L 9/00 (2006.01) ,B29L 22/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
20
挿入物または補強材を有する物品の製造
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
42
構成部品;細部または付属装置;補助操作
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3
外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
10
不連続な層,すなわち空隙を有するかまたは分離した材料片から形成された層を特徴とするもの
12
一体的に形成されているか個々に形成されているかにかかわらず規則的に配列されたセル層を特徴とするものまたは分離した条片の結合を特徴とするもの,例.ハニカム構造体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3
外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
26
連続層の横断面の特殊形状を特徴とするもの;くぼみまたは内部空隙を有する層を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5
層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
18
発泡材料または特に多孔性の材料を含む層を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
22
中空物品
出願人:
盟和産業株式会社 MEIWA INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 〒2430003 神奈川県厚木市寿町3-1-1 Kanagawa 3-1-1, Kotobuki-cho, Atsugi-shi, Kanagawa 2430003, JP (AllExceptUS)
北野 千 KITANO, Sen; null (UsOnly)
木内 洋幸 KIUCHI, Hiroyuki; null (UsOnly)
湯澤 伊知郎 YUZAWA, Ichiro; null (UsOnly)
野沢 浩正 NOZAWA, Kohsei; null (UsOnly)
発明者:
北野 千 KITANO, Sen; null
木内 洋幸 KIUCHI, Hiroyuki; null
湯澤 伊知郎 YUZAWA, Ichiro; null
野沢 浩正 NOZAWA, Kohsei; null
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI, Hidekazu; 〒1050001 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー Tokyo Toranomon Kotohira Tower 2-8, Toranomon 1-chome Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2007-09500730.03.2007JP
発明の名称: (EN) LAMINATED PLATE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
(FR) PLAQUE LAMINÉE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 積層板及びその製造方法
要約:
(EN) A deck board (1) for a vehicle is formed in the following way: with a foaming resin (13) and a reinforcement (20) placed between a rear side sheet material (16) and a front side sheet material (15), a lower die (21) and an upper die (22) are clamped to fusion-bond the rear side sheet material (16) and the front side sheet material (15) together, thereby forming a laminated member (26) containing a bulking bridge member, and then, while the rear side sheet material (16) and the front side sheet material (15) are being vacuum-drawn by the lower die (21) and the upper die (22), compressed air is injected into the inside of the laminated member (26), which is formed by fusion-bonding the rear side sheet material (16) and the front side sheet material (15) together, to blow-mold the deck board (1).
(FR) Une planche (1) pour un véhicule est formée de la façon suivante : avec une résine moussante (13) et un renforcement (20) placés entre un matériau de feuille côté arrière (16) et un matériau de feuille côté avant (15), une matrice inférieure (21) et une matrice supérieure (22) sont serrées pour lier par fusion le matériau de feuille côté arrière (16) et le matériau de feuille côté avant (15) ensemble, formant ainsi un élément laminé (26) contenant un élément de pont volumineux, puis tandis que le matériau de feuille côté arrière (16) et le matériau de feuille côté avant (15) sont étirés sous vide par la matrice inférieure (21) et la matrice supérieure (22), de l'air comprimé est injecté à l'intérieur de l'élément laminé (26), qui est formé par liaison par fusion du matériau de feuille côté arrière (16) et du matériau de feuille côté avant (15) ensemble, pour mouler par soufflage la planche (1).
(JA)  車両用デッキボード1は、裏面側シート素材16と表面側シート素材15との間に発泡樹脂13およびリインフォース20を介在させた状態で下型21および上型22を型締めすることで、裏面側シート素材16および表面側シート素材15を溶着して嵩上げ架橋材入り積層部材26を形成し、裏面側シート素材16および表面側シート素材15を下型21および上型22にそれぞれ真空吸引させながら、裏面側シート素材16と表面側シート素材15とを溶着して形成した嵩上げ架橋材入り積層部材26の内部に圧縮空気を注入してブロー成形することで成形されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20100104788US20130089693CN101274483