国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008123033) 分岐鎖アミノ酸高含有の蛋白質分解物の製造法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/123033 国際出願番号: PCT/JP2008/054853
国際公開日: 16.10.2008 国際出願日: 17.03.2008
IPC:
A23J 3/16 (2006.01) ,A23J 3/10 (2006.01) ,A23J 3/34 (2006.01) ,A23L 1/305 (2006.01) ,C07K 1/14 (2006.01) ,C12P 21/06 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
J
食品用蛋白質組成物;食品用蛋白質の仕上げ;食品用リン脂質組成物
3
食品用の蛋白質の仕上げ
14
植物性蛋白質
16
大豆由来
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
J
食品用蛋白質組成物;食品用蛋白質の仕上げ;食品用リン脂質組成物
3
食品用の蛋白質の仕上げ
04
動物性蛋白質
08
乳蛋白質
10
カゼイン
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
J
食品用蛋白質組成物;食品用蛋白質の仕上げ;食品用リン脂質組成物
3
食品用の蛋白質の仕上げ
30
加水分解によるもの
32
化学薬品を用いるもの
34
酵素を用いるもの
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
29
食品の栄養改善;ダイエット用製品
30
添加物を含有するもの
305
アミノ酸,ペプチドまたは蛋白質
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
1
ペプチドの製造のための一般方法
14
抽出;分離;精製
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
06
ペプチド結合の加水分解による製造,例.加水分解生成物
出願人:
不二製油株式会社 FUJI OIL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 〒5420086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目1番5号 Osaka 1-5, Nishishinsaibashi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi Osaka 5420086, JP (AllExceptUS)
前渕 元宏 MAEBUCHI, Motohiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
佐本 将彦 SAMOTO, Masahiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
前渕 元宏 MAEBUCHI, Motohiro; JP
佐本 将彦 SAMOTO, Masahiko; JP
優先権情報:
2007-07932326.03.2007JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCTION OF PROTEOLYTIC PRODUCT CONTAINING BRANCHED AMINO ACID AT HIGH CONTENT
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN PRODUIT PROTÉOLYTIQUE CONTENANT UN ACIDE AMINÉ RAMIFIÉ EN HAUTE TENEUR
(JA) 分岐鎖アミノ酸高含有の蛋白質分解物の製造法
要約:
(EN) Disclosed is a method for producing a fraction containing a branched amino acid at a high content from a proteolytic product in a simple manner and in large quantity. A polar organic solvent is added to an aqueous solution of a proteolytic product containing a branched amino acid at a final concentration of 70 v/v% or more to collect a supernatant containing the branched amino acid at a high concentration. It is preferred that the pH value at the fractionation is 4 to 10, the decomposition ratio of the proteolytic product used is 90% or more, and the content of a free amino acid is 50% or less.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'une fraction contenant un acide aminé ramifié en haute teneur à partir d'un produit protéolytique d'une manière simple et dans une grande quantité. Un solvant organique polaire est ajouté à une solution aqueuse d'un produit protéolytique contenant un acide aminé ramifié dans une concentration finale supérieure ou égale à 70 % (V/V) pour obtenir un surnageant contenant l'acide aminé ramifié dans une concentration élevée. Il est préférable que la valeur pH lors du fractionnement soit de 4 à 10, que le rapport de décomposition du produit protéolytique utilisé soit supérieur ou égal à 90 %, et que la teneur en un acide aminé libre soit inférieure ou égale à 50 %.
(JA)  蛋白質加水分解物から、分岐鎖アミノ酸高含有画分を簡便且つ大量に製造する方法の提供を目的とした。分岐鎖アミノ酸を含有する蛋白質分解物の水溶液に、極性有機溶媒を最終濃度を70v/v%以上に加えることで、分岐鎖アミノ酸を高濃度に含む上澄を回収する。分画時のpHは4~10、用いる蛋白質加水分解物の分解率は90%以上、遊離アミノ酸含有率は50%以下であることが好ましい。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2008123033JP5365515