国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120697) 付臭装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120697 国際出願番号: PCT/JP2008/055963
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 27.03.2008
IPC:
C10L 3/10 (2006.01) ,C10L 3/06 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
L
他に分類されない燃料;天然ガス;サブクラスC10GまたはC10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス;燃料への添加剤の使用;火炎着火剤
3
ガス体燃料;天然ガス;サブクラスC10G,C10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス
06
天然ガス;C10G,C10K3/02またはC10K3/04に包含されない工程により得られる合成天然ガス
10
天然ガスまたは合成天然ガスの仕上げ処理加工
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
L
他に分類されない燃料;天然ガス;サブクラスC10GまたはC10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス;燃料への添加剤の使用;火炎着火剤
3
ガス体燃料;天然ガス;サブクラスC10G,C10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス
06
天然ガス;C10G,C10K3/02またはC10K3/04に包含されない工程により得られる合成天然ガス
出願人:
三井造船株式会社 MITSUI ENGINEERING & SHIPBUILDING CO., LTD. [JP/JP]; 〒1048439 東京都中央区築地5丁目6番4号 Tokyo 6-4, Tsukiji 5-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048439, JP (AllExceptUS)
中国電力株式会社 THE CHUGOKU ELECTRIC POWER CO., INC. [JP/JP]; 〒7308701 広島県広島市中区小町4番33号 Hiroshima 4-33, Komachi, Naka-ku, Hiroshima-shi, Hiroshima 7308701, JP (AllExceptUS)
鈴木 剛 SUZUKI, Takeshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
國木 雅晴 KUNIKI, Masaharu [JP/JP]; JP (UsOnly)
村田 真史 MURATA, Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
鈴木 剛 SUZUKI, Takeshi; JP
國木 雅晴 KUNIKI, Masaharu; JP
村田 真史 MURATA, Shinji; JP
代理人:
小川 信一 OGAWA, Shin-ichi; 〒1040045 東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル 清流国際特許事務所 Tokyo SEIRYU International Patent Office 37 Kowa Building 4-5, Tsukiji 1-chome Chuo-ku, Tokyo 1040045, JP
優先権情報:
2007-09009430.03.2007JP
発明の名称: (EN) ODORIZING APPARATUS
(FR) APPAREIL D'ODORISATION
(JA) 付臭装置
要約:
(EN) Odorizing apparatus (1) for odorizing natural gas (8) produced by reaction of NGH (4) with hot water (7a). The odorizing apparatus includes a flow rate control valve (12) disposed on a bypass pipe line (11) connected to a gas pipe line (10) for natural gas and an evaporation can (13) for an odorant (14). The extent of opening of the flow rate control valve (12) is controlled on the basis of the natural gas flow rate through the gas pipe line (10), the pressure of natural gas in the bypass pipe line (11) between the flow rate control valve (12) and the evaporation can (13) and the temperature of the odorant (14) put in the evaporation can (13).
(FR) Appareil d'odorisation (1) pour odoriser un gaz naturel (8) produit par réaction de NGH (4) avec de l'eau chaude (7a). L'appareil d'odorisation de l'invention comprend une vanne de commande de débit (12) placée sur une conduite de dérivation (11) connectée à un gazoduc (10) de gaz naturel et une burette d'évaporation (13) pour un odorisant (14). Le degré d'ouverture de la vanne de commande de débit (12) est régi par le débit du gaz naturel dans le gazoduc (10), la pression du gaz naturel dans la conduite de dérivation (11) entre la vanne de commande de débit (12) et la burette d'évaporation (13) et la température de l'odorisant (14) placé dans la burette d'évaporation (13).
(JA)  NGH4と温水7aが反応して生成した天然ガス8を付臭する付臭装置1を、天然ガスのガス管路10に接続するバイパス管路11に配置された流量制御弁12と付臭剤14の蒸発缶13から構成し、ガス管路10における天然ガスの流量と、流量制御弁12と蒸発缶13との間のバイパス管11における天然ガスの圧力と、蒸発缶13の付臭剤14の温度とに基づいて、流量制御弁12の開度を制御するようにした。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)