国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120675) 直接液体燃料型燃料電池用隔膜およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120675 国際出願番号: PCT/JP2008/055898
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 27.03.2008
IPC:
H01M 8/02 (2006.01) ,H01B 1/06 (2006.01) ,H01B 13/00 (2006.01) ,H01M 8/10 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
02
細部
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06
主として他の非金属物質からなるもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
10
固体電解質をもつ燃料電池
出願人:
株式会社トクヤマ TOKUYAMA CORPORATION [JP/JP]; 〒7458648 山口県周南市御影町1番1号 Yamaguchi 1-1, Mikage-cho, Shunan-shi, Yamaguchi 7458648, JP (AllExceptUS)
松岡 仁志 MATSUOKA, Hitoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
福田 憲二 FUKUTA, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
坂田 勘治 SAKATA, Kanji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
松岡 仁志 MATSUOKA, Hitoshi; JP
福田 憲二 FUKUTA, Kenji; JP
坂田 勘治 SAKATA, Kanji; JP
代理人:
高畑 靖世 TAKAHATA, Yasuyo; 〒1700013 東京都豊島区東池袋3丁目1番4号 メゾンサンシャイン1004号 Tokyo Room 1004, Maison-Sunshine 1-4, Higashi-Ikebukuro 3-chome Toshima-ku, Tokyo 1700013, JP
優先権情報:
2007-09083330.03.2007JP
2007-27257619.10.2007JP
発明の名称: (EN) DIAPHRAGM FOR DIRECT LIQUID FUEL CELL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
(FR) DIAPHRAGME POUR PILE À COMBUSTIBLE LIQUIDE DIRECTE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELUI-CI
(JA) 直接液体燃料型燃料電池用隔膜およびその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a diaphragm for direct liquid fuel cells, which is composed of a porous film and a crosslinked hydrocarbon type anion exchange resin filled in pores of the porous film and having a quaternary ammonium group as an anion exchange group. This diaphragm for direct liquid fuel cells is characterized by having a thickness of 5-60 &mgr;m, a membrane resistance as measured by an alternating current impedance method at 40˚C under wet conditions of 0.005-1.2 Ω•cm2, and a methanol permeability at 25˚C of 30-800 g•m-2•hr-1.
(FR) L'invention concerne un diaphragme pour piles à combustible liquide directes, qui comprend un film poreux et une résine échangeuse d'anion du type hydrocarbure réticulé remplie dans des pores du film poreux et ayant un groupe ammonium quaternaire en tant que groupe d'échange d'anion. Ce diaphragme pour piles à combustible liquide directes est caractérisé par le fait d'avoir une épaisseur de 5 à 60 µm, une résistance membranaire telle que mesurée par un procédé à impédance de courant alternatif à 40°C, dans des conditions humides, de 0,005 à 1,2 W cm2, et une perméabilité au méthanol à 25°C de 30 à 800 g•m-2•hr-1.
(JA) 【解決手段】 本発明により、多孔質フィルムと、前記多孔質フィルムの空隙部に充填されてなる陰イオン交換基が4級アンモニウム基である架橋された炭化水素系陰イオン交換樹脂とからなる直接液体燃料型燃料電池用隔膜であって、膜厚が5~60μmであり、40°Cの湿潤状態での交流インピーダンス法により測定した膜抵抗が0.005~1.2Ω・cmであり、且つ25°Cにおけるメタノール透過率が30~800g・m-2・hr-1であることを特徴とする直接液体燃料型燃料電池用隔膜が開示される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020100014659EP2133948US20100104920