国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120653) インドールジオン誘導体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120653 国際出願番号: PCT/JP2008/055825
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 27.03.2008
IPC:
C07D 401/14 (2006.01) ,A61K 31/4155 (2006.01) ,A61K 31/4439 (2006.01) ,A61P 1/00 (2006.01) ,A61P 1/04 (2006.01) ,A61P 1/16 (2006.01) ,A61P 1/18 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61P 3/06 (2006.01) ,A61P 3/10 (2006.01) ,A61P 3/12 (2006.01) ,A61P 5/00 (2006.01) ,A61P 5/50 (2006.01) ,A61P 9/04 (2006.01) ,A61P 9/10 (2006.01) ,A61P 9/12 (2006.01) ,A61P 11/16 (2006.01) ,A61P 13/12 (2006.01) ,A61P 15/00 (2006.01) ,A61P 15/08 (2006.01) ,A61P 15/10 (2006.01) ,A61P 17/02 (2006.01) ,A61P 19/02 (2006.01) ,A61P 19/06 (2006.01) ,A61P 25/00 (2006.01) ,A61P 27/02 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 31/00 (2006.01) ,A61P 33/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 403/04 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
41
2個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
415
1,2-ジアゾール
4155
縮合することなく,さらに複素環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
4439
環異種原子として室素を有する5員環を含むもの,例.オメプラゾール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
04
潰瘍,胃炎,食道炎の薬,例.制酸剤,酸分泌抑制剤,粘膜保護剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
16
肝臓,胆嚢疾患用薬,例.肝臓保護剤,胆汁排出促進剤,胆石溶解剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
18
膵臓疾患用薬,例.膵臓酵素
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
06
高脂血症治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
08
グルコースホメオスタシスのためのもの
10
過血糖症のためのもの,例.糖尿病治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
12
電解質のホメオスタシスのためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
5
内分泌系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
5
内分泌系疾患の治療薬
48
膵臓ホルモンによる病気のためのもの
50
インシュリンの活性を増強するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
04
変力作用剤,例.心筋収縮剤;心不全治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
10
虚血,アテローム性動脈硬化症の治療のためのもの,例.抗アンギナ,冠状動脈拡張剤,心筋梗塞,網膜症,脳血流障害,腎臓細動脈硬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
12
抗高血圧剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
11
呼吸系疾患の治療薬
16
中枢性呼吸促進
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
13
泌尿器系疾患の治療薬
12
腎臓疾患のためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
15
生殖,性関連疾患の治療薬;避妊薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
15
生殖,性関連疾患の治療薬;避妊薬
08
性腺関連疾患と受胎促進のためのもの,例.排卵,精子形成の誘発剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
15
生殖,性関連疾患の治療薬;避妊薬
10
インポテンスの薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
17
皮膚疾患の治療薬
02
傷,潰瘍,火傷,傷跡,ケロイドのようなものの治療のためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19
骨格系疾患の治療剤
02
関節疾患のためのもの,例.関節炎,関節症
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19
骨格系疾患の治療剤
06
抗痛風剤,例.抗尿酸血症剤,尿酸排泄促進剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
27
感覚器系疾患の治療剤
02
眼科用剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
33
抗寄生虫剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
403
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,401/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
出願人:
萬有製薬株式会社 BANYU PHARMACEUTICAL CO., LTD. [JP/JP]; 〒1028667 東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア Tokyo Kitanomaru Square, 1-13-12, Kudankita, Chiyoda-ku Tokyo 1028667, JP (AllExceptUS)
高橋 敏行 TAKAHASHI, Toshiyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
長瀬 剛 NAGASE, Tsuyoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
佐藤 長明 SATO, Nagaaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
高橋 敏行 TAKAHASHI, Toshiyuki; JP
長瀬 剛 NAGASE, Tsuyoshi; JP
佐藤 長明 SATO, Nagaaki; JP
共通の
代表者:
萬有製薬株式会社 BANYU PHARMACEUTICAL CO., LTD.; 〒1028667 東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア Tokyo Kitanomaru Square 1-13-12, Kudankita, Chiyoda-ku Tokyo 1028667, JP
優先権情報:
2007-09669002.04.2007JP
発明の名称: (EN) INDOLEDIONE DERIVATIVE
(FR) DÉRIVÉ D'INDOLEDIONE
(JA) インドールジオン誘導体
要約:
(EN) A compound represented by the general formula (I-a): (I-a) [wherein R1a and R2a each means hydrogen, lower cycloalkyl, lower alkyl, etc.; R3a means hydrogen, lower cycloalkyl, lower alkyl, etc.; R4a and R5a each means lower alkyl, lower cycloalkyl, etc. or R4a and R5a are bonded to each other to form lower cycloalkylidene; and R6a means lower alkyl, lower haloalkyl, etc.]. This compound functions as an LCE inhibitor and is useful as a therapeutic agent for various circulatory diseases, nervous diseases, metabolic diseases, reproductive diseases, digestive tract diseases, neoplasm, infectious diseases, etc.
(FR) L'invention concerne un composé représenté par la formule générale (I-a): [formule chimique 1] (I-a) [R1a et R2a désignant respectivement un atome d'hydrogène, un groupe cycloalkyle inférieur, alkyle inférieur, etc.; R3a désignant un atome d'hydrogène, un groupe cycloalkyle inférieur, alkyle inférieur, etc.; R4a et R5a désignant respectivement un groupe alkyl inférieur, cycloalkyle inférieur, etc. ou R4a et R5a étant liés l'un à l'autre pour former un groupe cycloalkylidène inférieur; et R6a désignant un groupe alkyle inférieur, halogénoalkyle inférieur, etc.]. Ce composé fonctionne comme un inhibiteur de LCE et est utile comme agent thérapeutique pour diverses maladies circulatoires, maladies nerveuses, maladies métaboliques, maladies de la reproduction, maladie des voies digestives, néoplasmes, maladies infectieuses, etc.
(JA) 一般式(I-a) [式中、R1a及びR2aは、水素原子、シクロ低級アルキル基、低級アルキル基等を意味し;R3aは、水素原子、シクロ低級アルキル基、低級アルキル基等を意味し;R4a及びR5aは、低級アルキル基、シクロ低級アルキル基等を意味するか、又はR4a及びR5aが一緒になってシクロ低級アルキリデン基を形成し;R6aは低級アルキル基、ハロ低級アルキル基等を意味する]で表される化合物を提供する。この化合物は、LCE阻害剤として作用し、各種の循環器系疾患、神経系疾患、代謝性疾患、生殖系疾患、消化管系疾患、新生物、感染症等の処置剤として有用である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2145884JPWO2008120653US20100056597CA2682727JP5319518AU2008233662